「出前」にまつわる記事

【爆走】蕎麦屋がフェラーリでドリフトしながら出前するコメディ動画が大迫力&マジ面白い!

イタリアが世界に誇る超高級スポーツカー、フェラーリ。街を優雅に走る姿はたまに見かけるが、フェラーリで蕎麦を配達している光景は、ほとんど……というより1度も見たことがない。

今回ご紹介するのは、岡山県の自動車販売会社が制作した「フェラーリドリフト そば屋配達編」という動画である。まさに普通ではあり得ないようなタイトルだが……いったいどんな内容なのだろうか?

続きを全部読む

そば屋の出前が「このお客さんは通だな」と思う出前の注文メニューベスト5

そろそろ寒くなってきた! 寒くなると腹がへる! でも外には出たくない! だって寒いし、面倒だから! そんな時に役に立つのが出前である。ピザに寿司に中華……と、いろいろ出前はあるけれど、定番なのが「そば屋」である。

メチャクチャ寒いから「鍋焼きうどん」にしてみようか。それとも、そばの味を確かめるべく「ざるそば」なんかにしてみようか。迷いに迷うが、そば屋の出前戦士たちからも一目置かれる「通(つう)」な出前注文メニューがあるという。ベスト5で紹介したい。

続きを全部読む

宅配ピザの配達人がピザをつまみ食い! 一部始終が監視カメラで撮影される / ネットの声「こいつは天才だ」

家から出たくない! でも美味しいものを食べたい! そんなとき宅配ピザほど便利なものはありません。電話だけでなくインターネットからも注文できるので、グルメな人にとって嬉しい時代になったものです。

ですが、こんな配達人がいると困ってしまいます。なんと! 配達中のピザをつまみ食いしているのです! しかも絶対にバレない方法で! めっちゃ食ってる! めっちゃ食ってる! ですが監視カメラがそのようすをとらえており、世間にバレてしまいました。

続きを全部読む

お~い、ドミノ・ピザが必ずクーポン100枚もらえるキャンペーンをやってるぞー!

腹が減ったけど外に出る気力はない! そんな時に役立つのが、出前、すなわちデリバリーサービスだ。蕎麦もいいけど、夜遅くならばピザがいい。たとえカロリーが高くても、ピザが食べたい時がある。コーラとピザの組み合わせは、カロリーの心配なんて吹っ飛ぶ美味さである。

そんなピザ好きに朗報だ! あのドミノ・ピザがチーズに特化したプレゼントキャンペーンを実施中。なんと参加者全員にダブルチーズのクーポン100枚を必ず贈呈してくれるという、太っ腹すぎる催しなのだ。

続きを全部読む

タイのバンコクでホテルの部屋に「とんかつ弁当」の出前を日本語で注文してみた / 意外な人物が届けに来た!

海外旅行中は、その地のモノを食べるべきだ。そこでしか食べられないモノを……なぜならば、今しか食べられないのだから。だがしかし、どーしても止むに止まれぬ事情がありホテルから外に出られなかったり、どーしても今すぐに日本食が食べたくなるときもあるかも知れない。

そんなときに是非ともオススメしたいのが、なんとまさかの「出前」である。タイ語はもちろん、英語がわからなくても日本語でオッケーだ。注文方法は以下の通り。

続きを全部読む

そば屋の出前ライダーが語る「お、この人は通だな」と思わせるそば出前の頼み方

ピザでも寿司でもラーメンでも、そして「そば」でも!……出前というものは素晴らしい。なんといっても電話一本。常連になれば「○○ですが、いつものやつ」だけで、「いつものやつ」が届くのである。ホカホカアツアツの汁物を、なんと玄関まで持ってきてくれるのである。考えれば考えるほど素晴らしいシステムだ。

ということで今回は、経験3年以上のそば屋の出前ライダー氏に「お、この人は通だな」と思わせる、そば出前の頼み方を聞いてみた。

続きを全部読む

台風の時、そば屋の出前は何を思う? 「雨が降ったその瞬間に電話がジャンジャン鳴り始める」

激しい台風の時は外出を控えるべき。しかしながら、台風の時にビショ濡れになりながら外を走り回る職業もいくつかある。そのひとつがそば屋の出前ライダー。さすがに超大型の台風では出前を自粛しているお店も多いと思われるが、普段の台風・大雨の時はどのような状況なのであろうか?

話をしてくれたのは、都内の高級住宅街で3年以上も出前ライダーとして走り回っていた経験者。運んでいたのはもちろん「そば」だ。

続きを全部読む

外国人と交流していると、それまで思いもしなかった習慣の違いに気づいて、カルチャーショックとまではいかなくても新しい発見をすることがある。特に、日本文化と類似点を多く持つ韓国文化には、価値観の微妙な差異が見えて、大変面白いのだ。

最近気になったのは、韓国マクドナルドのデリバリーサービス(出前)に対する韓国人消費者の反応。韓国でこのサービスが始められたのは1年前の話。配達には、いくら以上から配達可能といった「条件」を設けていないのだが、消費者から不満の声が上がっているという。いったいなぜだろう。

続きを全部読む