「冷やし中華」にまつわる記事

【超ジャンク】二郎インスパイア系・立川マシマシの『すごい冷やし中華』がマジですごい!冷やし中華の概念があっさり崩壊するレベル!!

この時期、冷やし中華を始める料理店は数多い。暑い時期に熱いラーメンも悪くないが、ついついサッパリとした冷やし中華を注文してしまう人も多いことだろう。特に夏バテなどで食欲がないとき「冷やし中華なら何とか食べ切れる」という人もいるハズだ。

だがしかし、今回ご紹介する冷やし中華は、そんな生ぬるい気持ちで注文したら120%後悔してしまう “超ジャンク系冷やし中華” である。二郎インスパイア系ラーメン店「立川マシマシ」で提供されている冷やし中華は、その名も『すごい冷やし中華』だ。

続きを全部読む

【衝撃】冷やし中華にマヨネーズをかけると激ウマ! かけない人は食わず嫌い!!

酸味の効いた爽やかな味と野菜のハーモニーが、口の中に涼しさを運んでくれる冷やし中華。飲食店の壁に「冷やし中華あります」という貼り紙を見かけると、「もうそんな季節か……」と感慨にふける人も多いだろう。さて、あなたはそんな冷やし中華にマヨネーズをかけたことがあるだろうか?

「当たり前!」という人は、私(中澤)と同じ。冷やし中華にマヨネーズをかけると、酸味とまろやかさがハーモニーを奏でてウマくなる。だがしかし、アンケートサイト「みんなの声」が、『冷やし中華にマヨネーズかける?』というテーマで実施したアンケートを見てみると、「絶対必要ない!」という声が圧倒的に多かったのだ。マジかよ!? あんなにウマいのに!!

続きを全部読む

【激ウマ】ゲームセンターの景品でゲット! カルビーポテトチップス「冷やし中華はじめました味」をいち早く食べてみた!!

夏と言えば冷やし中華! 飲食店の「冷やし中華はじめました」という貼り紙は、もはや日本の夏の風物詩となっている。冷たい麺と野菜に酸味の効いたつゆを絡めてちゅるっといけば、爽やかさここに極まれり。今年の夏も冷やし中華食うぞーーーーー!!

そんな冷やし中華好きである私(中澤)でも、ブレーキをかけてしまう商品がカルビーから発表された。その商品の名は、「ポテトチップス 冷やし中華はじめました味」。冷やし中華味のポテトチップスだと? ふざけやがって……よし! 食べてみよう!!!!

続きを全部読む

その進化に震えた! これが未来型SAグルメだ!!「常磐高速道路上り 友部サービスエリア」

行楽シーズンを迎えSA(サービスエリア)グルメがますます熱い。以前もご紹介したが、2005年の道路公団民営化以降、SAにはおいしいグルメが多数存在する。「本当においしくなったよなー」なんて呑気に思っていたら、度肝を抜かれるSAに遭遇した……。それが「常磐高速道路上り 友部SA」である!

何に度肝を抜かれたのか? それは1つのお店だけ、1つの商品だけがおいしいわけではなく、SA全体としてグルメへ取り組む情熱がハンパではないのだ。しかも「未来型SAや!」と言いたくなるシステム……! そんな「常磐高速道路上り 友部SA」をご紹介したい。

続きを全部読む

【秋田グルメ】ラーメン屋に客が来ない → すごく考える → 新料理「そのまんま冷やし」で勝負だ → バカ売れ大ブレイク

超有名ラーメン店で約10年間も修行し、徹底的に磨き上げたラーメンの腕前。そのスキルを生かして『支那そば 伊藤』をオープンさせた店主。彼の苦労と成功の人生は、地元新聞にも掲載されているほど。

・成功にはさまざまなモノが大切

いくら素晴らしい腕があっても成功するとは限らない。立地、客層、ネームバリュー、PR、成功にはさまざまなモノが大切。客の入りが悪く苦悩していたところ、ひとつの新メニューが思い浮かんだ。冷やし中華の『そのまんま冷やし』である。

続きを全部読む

2月25日、東京では最高気温が20度まで上昇し、関東に春一番が吹いたと報じられた。暦の上では間もなく「啓蟄(けいちつ)」を迎え、本格的に春が訪れる。そんななかある飲食店の店先に、季節メニューの提供を開始する看板が登場。そのメニューとは、夏におなじみの「冷やし中華」である。暖かくなったとはいえ、まだ早すぎるとインターネット上で話題になっているのだ。

続きを全部読む