「六本木」にまつわる記事

【日本初】カルフォニア発祥「ザ・カウンター」が六本木に上陸! 100万通り以上のオリジナルハンバーガーが食べられるゾーーー!!

つい先日、ロサンゼルス発祥の世界的人気バーガーショップ「UMAMIバーガー」が東京は青山に日本1号店をオープンした。あれから1週間経った本日2017年3月31日、今度は六本木にカリフォルニア発祥の人気バーガーショップ「ザ・カウンター」がオープンしたぞ。

「ザ・カウンター」の目玉はズバリ、100万通り以上ものカスタムバーガーが食べられること。100万……通りだと? ならば100万の頂点に立つ、激ウマバーガーをオーダーしてみせようではないか……!

続きを全部読む

【ポッポー】『ピコ太郎』でGoogle検索すると「ねずみ先輩」が表示されるわトゥナイト

2016年、日本のみならず世界規模での大ブレイクを果たしたピコ太郎さん。「ブームは一瞬で終わるのでは……?」という見方もあったようだが、ジャスティン・ビーバーと念願の対面を果たすなど、その人気は安定期に入ったと見てもいいハズだ。

今回は、そんなピコ太郎さんにまつわる “怪奇現象” をお伝えしたい。お手持ちのPC、もしくはスマホで今すぐ「ピコ太郎」とGoogle検索してみよう。そこに表示される人物は……? TOPに出てくるパンチパーマとサングラスの男は……!?

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第29回:業界屈指の粗挽きパティ! 肉の存在感がハンパない!! 六本木「ゴリゴリバーガー」

あなたがマクドナルドやロッテリアのハンバーガーではなく、いわゆる “グルメバーガー” を食べる際、一番期待するのは何だろう? 「バンズ」や「バランス」などももちろん重要だが、多くの人はパティ……つまり肉を楽しみたいハズだ

肉が主役のバーガーショップは数多いが、今回の「最強ハンバーガー決定戦」でご紹介する六本木の『ゴリゴリバーガー』は、店名通りの粗挽きパティが主役の店である。業界屈指のゴリゴリ具合に肉好きならばきっと満足できることだろう。

続きを全部読む

かき氷の有名店六本木「yelo」がひそかに新宿に進出! その実力がいかほどのものか確かめてみた!!

アツ~い、まだ梅雨なの? すでに梅雨明けを待たずに、こっそり夏が来てるのは気のせい? ジリジリと照り付ける太陽は、真夏のそれですよ、マジで。こうなったら、冷たいモノを食わずにいられない訳で。夏の冷たいモノといえば、これしかないでしょ。

かき氷ですよ。かき氷といえば、2014年にオープンした東京・六本木の「yelo」が有名なんだけど、こっそり新宿にもyeloのかき氷が進出していた。さっそく新宿で提供しているお店「クリストファーストリートカフェ」に行き、実際に食べてきたぞ。やっぱ夏はかき氷だよね!

続きを全部読む

【デカ盛り】パテ1キロ! 超重量級「ジャイアントオークバーガー」を食べてみた!! グランハイアット東京『オークドア』

世の中はいま空前のハンバーガーブームといえよう。一昔前では考えられないほどハンバーガーショップが増えたし、アメリカからは「シェイクシャック」や「カールス・ジュニア」などの有名店も続々と上陸を果たしている。

そんな昨今のハンバーガーブームの中、見落としてはいけないのが「超一流ホテルのハンバーガー」だ。超一流ホテルでは古くからハンバーガーを提供している店が多く、価格はお高めだが確かなウマさには折り紙つきの名店ばかりなことをご存じだろうか?

続きを全部読む

【4日間限定】六本木ヒルズに登場した「ウイイレ部屋」が懐かしすぎる! しかもその部屋で女子とゲームできるなんて最高だろッ!!

突然だが、皆さん20年前に自分がどんな暮らしをしていたか覚えているだろうか? 私(佐藤)は20年前の22歳の時に、解体業者に勤めていたことを覚えている。楽しみといえば、部屋でゲームをして遊ぶくらいで、お酒もタバコも良くわからない頃だったと思う。

そんな20年前の記憶を鮮明に思い出させてくれるイベントが、2016年3月10日から開催されている! 東京・六本木ヒルズに「ウイニングイレブン プレイヤーズハウス」が3日間限定で開設。その会場の一角に、「ウイイレ部屋」が設けられており、その装飾が懐かしさ満載! しかもここで、超可愛いウイイレガールズとゲームできるぞ!!

続きを全部読む

【待ってた】タンパク質パラダイス! お腹いっぱい食べても罪悪感ゼロの「筋肉食堂」が六本木にオープン!!

出来ることなら欲望のままに、好きなものを好きなだけ食べたい……と願う人は多いハズ。だが健康面はもちろんのこと、ブーデーになっちゃう! と思うと、そうはいかないこともまた事実である。

特にダイエットや肉体改造に励んでいる人は、自炊ならばともかく外食のハードルはメチャメチャ高い。いくら気を付けても、余計な炭水化物や脂質・糖質の摂取は避けられないのだ。だがそんな「マジで食事に気を付けている人」にこそ紹介したいのが、2015年12月11日にグランドオープンした『筋肉食堂』である。

続きを全部読む

【一足お先にクリスマス】都内のイルミネーションの様子を確かめに行ってみた

佐藤です。ついこの前までハロウィンハロウィン! と街は盛り上がっていたのに、2015年10月31日が終わった次の日、いやその瞬間からクリスマスムードに早変わり。私はたしかに見た。東急ハンズに11月1日からクリスマス商品がディスプレイされていたことを。

オッサンとしては毎年思う。イルミネーションとかで飾り立てて何が楽しんだかって。しかしその実は、きちんとイルミネーションを見物したことがなかったのである。そこで混雑する12月より前に、都内数カ所を回ってみたところ……、美しさに思わずうっとりとしてしまった……。

続きを全部読む

【デカ盛り】有名ハンバーガー店「AS CLASSICS DINER」のモンスターバーガーが超絶デカくてビビり上がった!!

こんにちは、佐藤ですよ。もうすぐハロウィン、今年の仮装決めた? 私は昨年サンジュン記者とふなっしーの格好をして渋谷にくり出したんだけど、若者多くて結構ビビりました。まだハロウィン仮装デビューしてないって方は今年こそ!

・超巨大バーガー!

さて、そんなハロウィンにちなんで、飲食店でハロウィン限定メニューの提供を開始しているぞ。そのなかでも屈指の迫力を誇るビッグメニューを紹介しよう。人気ハンバーガー店「AS CLASSICS DINER」の六本木ヒルズ店が、超巨大ハンバーガーを期間限定で提供している。実物を見ると……、マジでデケェエエーーッ!!

続きを全部読む

おまっとさん! 大人気の台湾かき氷「アイスモンスター」のポップアップショップが六本木にもオープンしたぞ~ッ!!

夏本番! いまだ梅雨明けは宣言されていないのだが、この暑さならもういいでしょ! 夏ってことでいいでしょ! 以前の記事で紹介した、東京・原宿の台湾発のかき氷「ICE MONSTER JAPAN」は超激混みなんだろうな~……。本格的に暑くなるこれからこそ食べたいと思ってたのに。猛暑の行列、マジ無理……。と思っていたそこのあなたに朗報だ!

・六本木でアイスモンスターを食える!

実は東京・六本木のメルセデスベンツ・コネクションに、期間限定でアイスモンスターのポップアップショップがオープン。原宿で並ばなくても、あの美味しいかき氷を食べることができるぞ~!

続きを全部読む

ピザの進化形! お餅を使って食感にこだわった「スティックピザ」を食べてみた / 東京・六本木『EU食堂』

この世のほぼすべての料理が、長い歴史のなかで進化を遂げ、もはやこれ以上ないほど進化しきっているといっても過言ではない。しかし料理人の好奇心と探究心が続く限り、これからも進化し続けるのだ。以前の記事で紹介した、「MOKUBAZA」のチーズキーマカレーはその好例ではないだろうか。

・棒状のピザ?

最近テレビ番組で紹介され、にわかに注目を集めた進化形料理がある。それはスティックピザだ。その名前の通りにスティック状になったピザで、表面はカリッとしているのに中はモチモチ。通常の生地では難しいと思うのだが、ここのスティックピザは見事にその課題を克服しているのである。

続きを全部読む

ソーセージ大好きっ子必見! 本場ドイツのソーセージ12種が90分食べ放題「インビスハライコ」はまさしくヘブン / 東京・六本木

おいしい肉をたらふく食いたい! それは肉を愛する人の誰もの願いである。焼肉なら食べ放題メニューは存在するのだが、ウィンナーやソーセージならどうだろうか? もしもウィンナー・ソーセージが食べ放題だとしたら、あなたはどう思う? 決して悪い話ではないはずだ。もしもそう感じるなら、私(記者)の話を最後まで良く聞くべきだ。

いいか、良く聞け。月に1回、1週間だけウィンナーとソーセージの食べ放題を実施しているお店がある。そのお店はなんと90分間、ドイツ直輸入の商品を提供しているのだ。しかもウインナー・ソーセージだけでなくサラミも生ハムも食べ放題だ。もしも肉好きなら、すでに興奮を禁じえないはず。今からすぐにでも店に駆け出したいはずだ。その食べ放題が2014年11月17日から始まっているんだぞ。あとはわかるな……。急げーーーッ!!

続きを全部読む

【海外寿司事情】地元の人オススメの日本料理店『NIKKO』で「ROPPONGI」を食べてみた / 「ROPPONGI」の価格は約3600円

今や寿司は世界中で食べられている日本料理だが、どこの国へ行っても日本で食べられるような寿司が出てくるわけではない。時には、日本人の視点から見ると、「これが寿司!?」と思ってしまう場合も。とにかく、ひと口に寿司といっても様々な味がある。

今回は、そんな海外の寿司の中からブラジルで人気が高い日本料理店『NIKKO』の寿司を紹介しよう。このお店は、以前ロケットニュース24の記事で紹介したブラジル・レシフェ市在住のルシアさんが教えてくれた店。「ちょっと高いけど美味しい寿司が食べられる」「いつも地元の人でいっぱい」とのこと。

ブラジル人に人気の寿司とは、どんな寿司なのだろうか? 日本で食べられる寿司と同じようなものなのだろうか? 実際に行って確認してみた。

続きを全部読む

【グルメ】1200円もする「トリュフがけのフレンチフライ」が六本木っ子に大人気! 実際に食べてみた

1200円もする「トリュフがけのフレンチフライ」が六本木っ子に大人気らしい。特に女子やオヤジに人気らしい。……ってどういう客層だよ! と言いたくなるが、お店は非常に上品でスタイリッシュな人気フレンチ店『オランジェ』。東京ミッドタウンにあるレストランだ。

・フレンチフライだけを食べに入る

フレンチフライが美味しいとはいえ、昼間っからフレンチレストランに「フレンチフライだけを食べに入る」のは気が引ける。しかしここは恥ずかしいのを我慢して入るぞ!! と思い店に行ったら、普通にテラスでみんながお茶してた。なるほど、そういうところか。ということで、さっそく注文!!

続きを全部読む

【グルメ】かき氷カフェバー『yelo』のフライドポテトが絶品! オーナー「私はかき氷とフライドポテトを同時に食べられるくらいフライドポテト好き」

オープンしたばかりだというのに、連日大盛況のかき氷カフェバー『yelo』。徹底的にかき氷にこだわり、カキ氷機を特注! さらに手間暇をかけて作るため、完成まで3~4分もの時間を要する。まさに、こだわりのカキ氷である。

・フライドポテトがかなりの自信作

そんな『yelo』には、あまりPRしていない美味なる料理があるという。それがフライドポテトだ。メニューには「特製フライドポテト」と書かれているものの、大々的にイチオシされていない。しかしオーナーは筆者(私)に「実はフライドポテトがかなりの自信作なのです」と話していた。これは食べなくてはなるまい!!

続きを全部読む

【グルメ】衝撃のかき氷! 「かき氷なんてどれも同じだろう」と思って食べたら2秒後には土下座していた(笑)! 六本木『yelo』

「あそこのスイーツうまいっすよー!!」と言われて行ってみたものの、確かに美味いが「極めて普通の美味しさ」だった。そんなことは日常茶飯事であり、本当に心から「美味しい」と思わせる、ワンランク上のグルメに出会うことは稀である。

・満足度が完全に満たされる「匠の味」

しかし六本木『yelo』のかき氷は、お世辞を抜きにして満足度の高い逸品。つまり期待以上の感動を得られるかき氷であり、満足度が完全に満たされる「匠の味」なのだ。たとえ真冬でも、この味を堪能するべく足を運びたくなる。

続きを全部読む

【グルメ】日本上陸した北米ステーキハウス! ウルフギャング六本木店でランチを食べてみた

欧米で鬼のようにステーキを食べまくり、日本でも鬼のようにステーキをたべまくっている筆者(私)。けっしてグルメ評論家ではないが、素人なりに「それが本場アメリカのステーキかどうか」はわかるつもりだ。

・ランチタイムのみ食べられる料理

アメリカで絶大な人気を誇る『ウルフギャングステーキハウス』が東京六本木に支店を出した。ここの味、まさしく本場アメリカの味である。アメリカ人の友人を連れていったところ「この味はアメリカと比べてもハイレベルです」と絶賛していた。今回は、ランチタイムのみ食べられる料理をレビューしたのでお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【グルメ】ヒルズ行ってる場合じゃねえッ! セレブの街「六本木」で全品500円の定食屋を発見!!

消費増税が間近に迫っている。2014年4月1日から8パーセント引き上げになるというのに、早くも2015年10月の10パーセントの話まで聞こえ出して、フトコロ事情の寂しいお父さんは戦々恐々の毎日を送っているのではないだろうか。

うまいもん食いてえな~……、できるだけ安くてうまいもん、腹いっぱい食えたらな~……。と、心の叫びを上げているお父さんに、とっておきのお店をご紹介したい! コスパ最強、1コイン(500円)でからあげもとんかつも食べられる素晴らしいお店が、東京・六本木にあるんだぞ。ヒルズなんか関係ねえ! 1000円も出して昼飯が食えるか! 男は黙って1コインッ!!

続きを全部読む

【グルメ】北米最強『ウルフギャングステーキハウス』の六本木店はアメリカ人が納得する味なのか? 実際にアメリカ人に食べてもらった!

北米で絶大な人気を誇るステーキハウスといえば、『ウルフギャングステーキハウス』『ピータールーガーステーキハウス』だ。どちらも絶品だが、ここ数年は『ウルフギャングステーキハウス』のほうが優位だと思われる。そんな『ウルフギャングステーキハウス』が日本に初上陸。東京六本木にオープンし、予約が殺到するほど絶大な支持を得ているのだ。

・本当にアメリカの味なのか?

でも本当に本場アメリカの味なのだろうか? アメリカから空輸した熟成牛肉を使用しているものの、日本人の味に合わせているのでは? そこで今回、生粋のアメリカ人(ニューヨーク生まれシアトル育ち)であるアイクさんに協力してもらい、「本当にアメリカの味なのか?」を確かめてもらった!!

続きを全部読む

【究極グルメ】NY最強ステーキ日本上陸で予約殺到! 現地の味を再現したシェフに敬意を表する! ウルフギャングステーキハウス

ステーキのメッカともいえるニューヨークには、数多くのステーキハウスが存在し、ステーキマニアたちが訪れて「甘美なる肉の世界」を堪能している。世界中のステーキを食べ歩いている筆者(私)だが、最強レベルと断言できるステーキハウスが2軒あり、どちらともニューヨークにある。

・六本木にオープンした

ひとつが『ピータールーガーステーキハウス』(以下 ピータールーガー)、もうひとつが『ウルフギャングステーキハウス』(以下 ウルフギャング)だ。どちらも行きまくったステーキハウスなのだが、2014年2月上旬『ウルフギャング』が日本に上陸し、六本木にオープンしたとのこと。ついに日本に登場!! 美味しかったら通っちゃうよ!?

・ニューヨークに行く理由がひとつ減る

しかし本当に美味しいのだろうか? もしニューヨークと同じ味を出すことができていれば、「私がニューヨークに行く理由」がひとつ減ることになるのだが……。つい先日それを確かめるため六本木店に出向き、そして驚いたのだ。「ニューヨークの再現度」に。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2