「八百万の神」にまつわる記事

【真説】なぜ「パンツは生きている」のか? パンツマエストロに理由を聞いてみた

日本には「八百万の神(やおよろずのかみ)」という言葉がある。自然に存在する “すべてのモノに神が宿っている” という考え方だ。すなわち、モノには「魂」がある。乗り物が好きな人ならば、愛車が「生きている」と感じた経験もあるだろう。

もちろん衣類にも、それぞれ神(魂)は宿っている。だが、その中でも、最も強烈に魂が宿っているのが下着(パンツ・ショーツ・パンティー)なのだと、その筋の専門家は真顔で語る。さらに、“みんな知らず知らずのうちに「パンツは生きている」と認識し、行動している” というのだから驚きだ。詳しく話を聞いてみた。

続きを全部読む

【コラム】ハゲることを恐れて生きるよりも「さあ、どんどんハゲてくれ! むしろハゲたい!!」とハゲの神を挑発しながら生きるとハゲにくい説

この世に生きる多くのフサフサ頭の男性が恐れていること……それは「ハゲ」だ。男に生まれてきた以上、いつかはハゲることだろう。だが、“その時” はいつなのか。自分が「ハゲ」にカテゴライズされる運命の分かれ道は、一体全体いつなのか!?

すでにハゲている人は、そんな恐れは抱かない。ある意味、最強。揺るぎない精神。まさに日本のサムライだ。しかし、「まもなくハゲるかも」と思っている若ハゲ予備軍の人ならば、今回ご紹介する “ハゲにまつわる新説” に耳を傾けていただきたい。

続きを全部読む