「仏教」にまつわる記事

『創価学会』を伝統仏教の僧侶はどう見ている? 意見を聞いたらズバズバ返ってきた / 勧誘の問題やカルトかどうか……など

今年に入ってから、ニュースでよく耳にするようになった宗教団体といえば「幸福の科学」だ。ご存知の通り、女優の清水富美加さんの出家騒動で注目を浴びた宗教団体であり、以前に当サイトでは、「幸福の科学について現役の僧侶に聞いてみた」という記事をお届けした。

すると、一部から「創価学会についても同様に教えて欲しい」との声が……。ならば聞いてみるか! というわけで、現役の僧侶に『創価学会』をどう見ているのか質問したのでレポートしよう。 

続きを全部読む

【目からウロコ】お坊さんに「男の乳首は必要?」と聞いた結果 → 納得しまくりの “深イイ回答” が返ってきた!

男の乳首って、何のために付いてんの? ——恐らく、男性ならば誰もが1度はこんな話を友人たちとしたことがあるはずだ。 そして “男の乳首問題” が話題にのぼるとき、その場は独特の熱気で包まれるものである。

ある者は「絶対にいる!」と声高に叫び、ある者は「不要だ!!」と拳を振り上げる。男たちの “乳首観” がぶつかる議論は朝まで生討論できるほどアツいが、そんな永遠のテーマに、今回はなんと現役のお坊さんが答えてくれたぞ。

続きを全部読む

寄付やボランティアなど「慈善活動が盛んな国トップ10」が発表! 1位はなんとミャンマー!! 日本のランクインは?

年の暮れが近づくと、「今年の●●トップ10」といったランキングがよく発表されるようになる。読者の皆さんは、‟慈善活動が盛んな国ランキング” のナンバーワンに輝くのは、一体どこの国だと思うだろうか!?

寄付やボランティアなどの慈善活動に積極的だと聞くと、豊かな先進国を思い浮かべてしまいそうだが、意外な結果が出て話題となっている。果たして、日本はトップ10にランクインしているのだろうか!?

続きを全部読む

【仏教界のディ●ニーランド】ここは地獄か極楽か? 台湾仏教の聖地はぶっ飛んでいた! Byクーロン黒沢

台湾・高雄にある台湾仏教四大宗派のひとつ、佛光山。300万平米あるという寺は超弩級の広さ、歩きまわって疲労困憊。ところがである。実は前回紹介した超巨大「仏陀記念館」はこの寺の一部分に過ぎず、インフォメーションでもらった地図には、さらに巨大な本殿の地図が記されていた!

放心状態で無料シャトルバスに揺られること10分。山の斜面に尋常じゃない規模の寺がへばりついていたが、疲れきって遭難しそうな気さえしたため本堂の探検は諦め、事情通の知人から「仏教界のイッツ・ア・スモールワールド」と耳にした名物アトラクション、その名も「浄土洞窟」を探検! 本物よりデカイどころか、あの世のディズニーさえびっくりの恐るべき規模だった!

続きを全部読む

【ギンギラギンギン】スタバにコンビニ、4D映画にピラミッド? 台湾仏教の聖地はぶっ飛んでいた! Byクーロン黒沢

台湾・高雄には、台湾仏教四大宗派のひとつ、佛光山の総本山がある。失礼ながら、ここが相当「キテる」と噂に聞き、期待しながら行ってみました!

佛光山は高雄市郊外の山中にある。不便な場所だが一日2万人以上の参拝者が訪れることから交通の便は良く、台湾新幹線の終着駅・左営から、仏教テイストにラッピングされた直通バスで約40分。「佛光山・仏陀記念館」に着いた。

バスが停まったのは、とてつもなく広大かつ巨大な建物の前庭だった。寺かと思いきや、入ってみるとレストランやカフェ、コンビニや土産物店だらけ。スターバックスまで普通にあってびっくり。しかしこんなのはまだ序の口。我々日本人が持つ宗教施設のイメージを根底から覆す、ギンギラギンのぶっ飛んだお寺だったよ!

続きを全部読む

【世界が感動】タイで僧侶が日本製のいやらしいDVDに興味 → 知らない人が「レジに行くのは気まずいでしょう」と代わりにお会計 → 僧侶感激 

困ったときはお互い様。我々も小さな頃から「助け合いは大切」と教わってきて、そして次の世代の子供たちにもそう教えている。しかし、それは口だけではないだろうか? 果たして本当に実践できているのだろうか?

いま、ある助け合いのハートウォーミング・ストーリーが、本当に心の底から感動すると話題になっている。伝えられたところによると、それはタイのDVD店でのことらしい。そこでは僧侶が日本のいやらしいDVD3枚を手に取っていたそうだ。

続きを全部読む

お坊さんがマスターの「坊主バー」が京都にもあった / ひとつひとつの言葉が五臓六腑に沁み渡った

以前、東京は中野にある「坊主バー」をご紹介したが、日本仏教の総本山ともいうべき、京都にも坊主バーが存在した! もちろん、マスターは現役のご住職である!! 

しっとりとした京都の夜、住職の言葉に耳を、素敵な思い出にグラスを傾けるなんて、メッチャ素敵やん! というわけでさっそく行ってきたぞ!

続きを全部読む

【衝撃研究結果】クリスチャンのほうが無神論者よりも陽気なツイートをしていることが判明 / 宗教が人々の幸福感に影響しているらしい

クリスチャンとはキリスト教徒のことを指す。クリスチャンと聞くと真面目で堅苦しいイメージが思い浮かぶが、ツイッター上ではその逆のようだ。ある調査により、クリスチャンの方が、無神論者よりも陽気で前向きなツイートをしていることが判明したのである。

続きを全部読む

東京・中野の坊主バーに行ったらマスターが本物のお坊さんで笑った / マスターの包容力がハンパなくてちょっと泣いた

みなさんは「VOW’S BAR(ボウズバー)」と呼ばれるバーご存知だろうか。ボウズというのはお坊さんの坊主。つまりお坊さんがいるバーのことである。そんなバーが東京・中野にある。

それにしても「仏教×BAR」コンセプトとは、なんか怪しい。ビルを見ると……どう見ても昭和! 年代モノであるせいか妙なオーラを放っていてなんとなく怪しいッ。うーん、しかし物は試し。実際に入ってみたぞ。

続きを全部読む

【恐怖の事実】日本人は死ぬとほぼ確実に地獄行き決定 / 最低でも1兆6653億年は地獄で過ごすことになる

悪い行いばかりを生前にしていた人が行くといわれている『地獄』。かなりの悪行を積まないとさすがに地獄行きは無いだろうと思っている人は多いかもしれないが、実はどんなに善人でもほぼ確実に地獄行きが決定していることが判明した。

「えっ、俺何も悪いことしてないよ!」と言われてももう手遅れなのだ。だいたいの人間は地獄に落ちるということは、地獄について詳細に書いてある書物「正法念処経」を読めば明らかである。

この「正法念処経」にはもっともレベルの低い地獄である『等活地獄』から、ハンパない罪人が落ちることになる『阿鼻地獄(無間地獄)』まで8つの地獄があることが記されており、各地獄にはそれに当てはまる罪を犯すと入ることになるそうだ。地獄の種類について以下に記載するので、自分がその罪を犯していないかビクビクしながら見てほしい。

続きを全部読む