「人類」にまつわる記事

ゾンビが発生したら約100日で人類は滅亡するらしい

『ウォーキング・デッド』や『ゾンビランド』、『バイオハザード』など、ゾンビと人間の攻防を描いた作品が世界中で人気だ。しかし “現実” は甘くなく、人間はあっけなくゾンビに負けてしまうようだ。

なぜならこの度、「ゾンビが大量発生すれば、100日後には人類が滅亡する」という仮説が発表されたからだ。人類って、そんなに弱かったの!?

続きを全部読む

質問『人類の美点と欠点は?』に対するホーキング博士の答え「戦いばかりしている人類は滅びる」「 “共感する力” は誇るべき美点」

先日行われた、第87回米アカデミー賞。映画『博士と彼女のセオリー』でスティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインさんが主演男優賞を受賞したことでも話題となったが、その半生が映画化されるほどホーキング博士は有名だ。彼が「ブラックホールは存在しない」との論理を展開したことも、記憶に新しい。

そんなホーキング博士の言動にはいつだって注目が集まるが、今回も「人類の美点と欠点は何ですか?」との質問に対する彼の答えが話題となっている。博士はいったい、どう答えたのだろうか?

続きを全部読む

ニャンコに「これだから人間は困るニャ!」って思われちゃった人類の画像&GIFアニメ集

甘えてくるニャンコは可愛い。一方で、ツンツンしているニャンコも可愛い。そのギャップ、プライスレス……ッ!

猫派なら、あの「チッ」という表情にさえ萌え萌えキュンだが、当のニャンコ様は本気でウザいと思っているのかも。というわけで、今回は、「これだから人間は困るニャ!」と思っているニャンコと、そんなニャンコを溺愛する人類の画像&GIFアニメ集を紹介したい。

続きを全部読む

もしも人類が滅亡したら街はどうなるの? 人のいなくなった街をGoogleマップで見る「Urban Jungle Street View」が面白い

SF映画のありがちな舞台のひとつに、「人類滅亡後の未来」というのがある。はたしてそのような未来は、本当に訪れるのだろうか? もし訪れるとしたなら、今ある世界はどのような姿になっているのだろうか?

その様子を垣間見ることができるウェブサービスが登場だ。その名も「Urban Jungle Street View」。これはGoogleマップのストリートビュー機能のデータを元に、そこがもしジャングルになったら、を画面上に再現するというもの。あなたの街はどんな風に様変わりしてる?

続きを全部読む

驚愕! 体長15センチの宇宙人といわれているミイラから人間と同じDNAが検出される

さかのぼること約10年、2003年に南米チリのアタカマ砂漠でで人類らしきミイラが発見された。しかし、その大きさはたった15センチ!! 人類にしては小さすぎるのだ。宇宙人のミイラではないかと言われていたが、その正体がついに判明したようだ。

謎のミイラのDNA鑑定を行ったところ、なんと人間と同じDNAが検出されたというのである。

続きを全部読む

黒人・白人・黄色人の女性のスタイルが一発でわかる画像

世界には、アフリカを中心に「黒人」、欧米を中心に「白人」、そしてアジアを中心に我々「黄色人種」が住んでいる。

もちろん「みんな違ってそれでいい!」のだが、違うのは肌の色だけではないようだ。それぞれの人種の女性におけるスタイルの比較画像がネット上で話題になっている。改めて並べてみると、三者の違いが悲しいほどよーくわかるのである。

続きを全部読む

人間の体と脳は小さくなっている!

ケンブリッジ大学の専門家チームが、人類の体と脳がここ1万年で縮んでいると発表した。人類はサイズから見た成長のピークを狩猟採集時代に迎え、体も脳も小さくなっているという。

アフリカ、ヨーロッパ、アジア大陸で見つかった化石の研究により、「縮小」はここ1万年に見られる変化ということがわかった。1万年前の平均的なヒト(男性)の推定体重から見て、現代人は10%ほど小さくなっていたのだ。脳容量を見ると、現代人が平均1350ccなのに対し2万年前の男性は平均1500ccだったことが判明。テニスボール約1個分の減少である。女性もほぼ同率で小さくなっている。一体この間に人類に何が起きたのか?

続きを全部読む

人類が未知の領域へと踏み入れる! 「3人」の親を持つ子どもがあと少しで誕生するらしい

誰しも生まれてきた以上、自分を作り出した2人の親を持つ。しかしこれからは、「3人」の親を持つ子どもが誕生してくるかもしれない。言い換えるなら、3人の遺伝子を使って子どもを生む技術が開発されているということ。

では、なぜこのような技術が開発されているのだろうか? それを知るには、まずミトコンドリアDNAについて理解する必要がある。

続きを全部読む

やはり人間の起源はアフリカ? 世界のすべての言語は石器時代のアフリカ言語から生まれた

私たち人間の意思疎通を円滑にしてくれる言語。今まで世界の言語のルーツに関しては、それぞれの地で独自に発達してきたという説と、ひとつの言語が世界に広がっていくにつれて変化してきたという説があった。そして今回、この後者の考えを支持する「世界のすべての言語は石器時代のアフリカ言語に由来する」という研究結果が発表され、世界を驚かせている。

これを発表したのはオークランド大学のクエンティン・アトキンソン博士で、彼は世界の504の言語を分析し、世界の言語はアフリカから離れれば離れるほど、音素(言語を構成する最小単位の音)の数が減っていくということを発見。

続きを全部読む

ここ数年、「宇宙人を見た」という人や「UFOの映像を撮った」という人たちが多くなっている。そのため、宇宙人が侵略してくるのではないか? 地球が植民地化されるのではないか? と恐怖心を抱いている人もいるはずだ。

しかし、地球に攻めてこれる技術があるならば、人類がここまで発達する前に滅亡して植民地化できたはずだし、この時代になっても攻めてこないとしたら、今後も「侵略」という意味で宇宙人が攻めてくることはないだろう。だが、「ゲームオーバー」という意味で攻めてくる可能性はある。

続きを全部読む