「京都水族館」にまつわる記事

京都水族館の『オオサンショウウオ出汁茶漬け』を食べてみた! ヌメヌメ具合が超リアルで困惑したでござる

突然だが、記者は魚が好きである。もちろん見るのも好きだが、なにより食べるのが好きだ。玄界灘がすぐそばの福岡県宗像市で育ったこともあって、昔は毎日のように魚を食べていた。ただ、ここ数年は海なし県の奈良に住んでいるため私の胃は魚不足だ。

「あぁ、美味しい海鮮モノが食べたい。できれば珍しいやつ」。そう思っていたところ、京都水族館で『オオサンショウウオの出汁茶漬け(税込500円)』が食べられるという情報を聞きつけた。魚類ではなく両生類だが、この際それは良しとしよう。どんな味がするか食べてみた結果、ヌメヌメした食感が忘れられない衝撃的な一品だった。

続きを全部読む

【マジかよ】京都水族館の『桜といわしパフェ』を食べてみた! 生姜の効いたいわしとアイスが甘じょっぱい絶妙なコンビネーション!? 意外とイケるかも

パフェ、美味しいね! いわしの生姜煮、これも美味しい! それは知ってる……知っているが、ちょっと待て! 美味しいものと美味しいものを組み合わせたからって、美味しいものができ上がるとは限らないんだぞ!! “桜といわしパフェ” なんてものを作って、どうするつもりだ京都水族館……。

なんでも同館で開催している企画展のテーマが「桜といわし」なので、それに合わせて作られたパフェなのだとか。水族館側の気持ちもわかるが、いわしとパフェを組み合わせるなんて、どう考えてもやり過ぎだ。しかしながら食べてみないことには始まらない。さっそく行ってみた! 

続きを全部読む

「京漬物ドッグ」に「オオサンショウウオ清流ソーダ」……京都水族館内にあるカフェが “京都らしさ” を追求しまくっている件

以前ロケットニュース24で取り上げた「アユの塩焼きドッグ」。京都水族館内にある『ハーベストカフェ』で販売されており、ソーセージの代わりに、アユの塩焼きがパンに挟まれたホットドッグである。

今回は、『ハーベストカフェ』内の「アユの塩焼きドッグ」以外のメニューにフォーカスしたい。というのも……カフェでは、「京漬物ドッグ」や「オオサンショウウオ清流ソーダ」など、他ではなかなか味わえないメニューがズラリ。「そこまでやるか!」と思ってしまうほど、“京都らしさ” をとことん追求しているのだ。

続きを全部読む

アユの塩焼きドッグを食べてみた

ソーセージの代わりにアユの塩焼きが挟まれたホットドッグ──それが「アユの塩焼きドッグ」である。ネーミングからして、“変化球の予感” がプンプンするホットドッグ……これは、どんなものか確かめねば! ということで、実際に食べてみたのでレポートしたい。

続きを全部読む