「両さん」にまつわる記事

【裏ワザ】亀有っ子直伝! こち亀を無料で読む方法がコレだ!!

こち亀こと、こちら葛飾区亀有公園前派出所。1976年から40年に渡り連載され、コミックは200巻を刊行、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録にも登録された日本を代表する人気漫画である。

老若男女問わず愛されているこち亀だが、200巻を揃えようとすると、金銭的にも収納スペース的にもなかなかヘビーなことは否めない。ところがどっこい、なんと「こち亀を無料で読む方法」があるというのだ。マママ……マジかよ!

続きを全部読む

『こち亀』トリビア45連発! あなたはいくつ知ってる?

40年って長い……。40年前の1976年と言えば「徹子の部屋」が放送を開始したり、武者小路実篤が亡くなったり、日本初のドライブスルーができた年みたいだよ! いやはや『こちら亀有公園前派出所』は本当に、長くにわたって私たちを楽しませてくれていたんだなぁと、改めて感じる次第である。

40年で200冊という、前代未聞のボリュームを誇る『こち亀』。週刊少年ジャンプの創刊が48年なので、ジャンプと共に歩んできた漫画と言っても過言ではない。そんな偉大なる『こち亀』に敬意を表して、今回は知っているようで知らない『こち亀』トリビアを紹介していくぞ。

続きを全部読む

『こち亀』あるある60連発! 40年間お疲れさまでした!!

2016年9月17日、『こちら亀有公園前派出所』の連載が終了した。これから週刊少年ジャンプを開いても、そこに両津勘吉の姿はない。作者の秋本治さんが新作に取り掛かっているなど、嬉しいニュースはあるが『こち亀』はもう……。今さらながら、ちょっと寂しくなってきた。

でもきっとまた、戻ってきてくれるって信じてるよ両さん! そんなこんなで、今回は全200巻を読み返した記者が『こち亀』に思いをはせながら書いた「あるある60連発」をお届けしたい。あなたが思う “あるある“ は入っているだろうか……!? よっしゃ、行ってみようー!! 

続きを全部読む

【こち亀】夏季五輪の年にしか登場しない『日暮熟睡男』は本当に4年に一度の男なのか調べてみた結果!!

連載年数40年、単行本200冊出版という壮絶な足跡を残して2016年9月17日に連載終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。記者は200冊全巻を読み返してみて、改めて『こち亀』のパワーは計り知れないと感じた次第である。愛される理由は数あれど、魅力のひとつが “個性豊かなキャラクター” たちにあるのではないか。

こち亀の愛読者はご存知だろうが、中でも夏季オリンピック開催時期にしか登場しない日暮熟睡男(ひぐらし ねるお)のインパクトは大だ。登場回数は少ないはずなのに、印象に残るよね! しかしながら、日暮さんって本当にオリンピックごとに出てくるのか。気になったので調べてみたぞ。

続きを全部読む

【保存版】約30時間かけて『こち亀』全200巻を読み返してみた → オススメの10話はコレだ!!

とうとう終わってしまった。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が終わっちゃったよぉぉぉー! これからは毎週、両さん(主人公・両津勘吉)に会えないなんて。アラサー記者にとって、週刊少年ジャンプを開けば『こち亀』が載っているのは、この世の常識だっただけに寂しすぎる。

……とは言うものの、40年にわたり連載を続けるのは並大抵のことではない。これは作者の秋本治さんに敬意を払う意味でも、改めて読み返さねばなるまい。ということで、記者が約30時間かけて200冊全巻読み返してみたぞ。今回は、その中から是非とも読んでほしいと思う作品10話を紹介し改めて『こち亀』の魅力を振り返りみたい。

続きを全部読む

【仕事しすぎ】あのキティさんが『こち亀』とコラボした結果 → 両さん眉のキティちゃんが爆誕! 日本橋高島屋の「こち亀展」でデビューするぞ!!

国民的、いや世界的アイドルであるにもかかわらず「仕事を選ばない」ことで有名なキティ・ホワイトさん(通称:キティちゃん)。様々なキャラクターや商品とコラボしては、その姿でファンを魅了。次は何とコラボするのかワクワクしている人も多いだろう。

そんなキティちゃんが、同じく国民的人気漫画とコラボしたという。今までも、様々な漫画キャラとタッグを組んできたが、史上最強レベルのインパクトを放っていると話題になっている。それは『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両さんだ!

続きを全部読む

ジャンプ『こち亀』の両さんは危ない発言を連発する人だった!? 両さんキケンな発言集

国民的長寿漫画といえば、週刊少年ジャンプで連載されている『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(漫画家・秋本治)である。『サザエさん』や『ドラえもん』も国民的な漫画だが、『こち亀』もなかなかの人気である。なんとインドでも放送されているというから驚きだ。

そんな『こち亀』の主人公といえば、人情味あふれる豪快な警察官・両津勘吉(りょうつかんきち)である。勤務中にパチンコ屋に行ったり、借金を踏み倒して逃げたりと、やっていることがメチャクチャな両さんだが、心には深い人情がある人物であり、老若男女に愛される人気キャラクターといえよう。

そんな両さんだが、実はかなり過激な発言をしていた過去があるのをご存じだろうか? 両さんだけでなく、過去の『こち亀』には物議をかもしそうな発言が多数存在しているのである。今回は、そのいくつかをご紹介したいと思う。

続きを全部読む

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がつまらなくなってきた / 読者「超神田寿司と纏あたりからダメ」

週刊少年ジャンプの看板漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に対して、「つまらなくなってきた」という声が出ている。これは最近になっていわれていることではなく、数年前から「最近のこち亀はつまらない」という声が出ていた。

続きを全部読む