「ロボット」にまつわる記事

車のワイパーにメモが挟まれていてドキッ!→ 恐る恐る読んだらまさかの内容に持ち主ホッコリ

読者の皆さんは、車のワイパーにメモが挟まれていたらドキッとしないだろうか!? 瞬時に、もしかして車をこすられてしまい、相手の連絡先が書いた紙がワイパーに挟まれているのではないかと勘ぐってもおかしくないと思う。

まさに、そんな状況に陥った男性が恐る恐るメモを読むと、思いがけず心温まる内容が書かれていて、メチャクチャ感動してしまったというのである!

続きを全部読む

新たな指で何をする? “3つ目の親指” ガジェットがマジで近未来的!

もう一本指が増えたら、あなたは何がしたいだろうか? そんな問いを投げかけるガジェットが登場し、現在注目を集めている。

英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの大学院生であるダニエル・クロードさんは、「The Third Thumb」というコンセプトのもと、3Dプリンタで3本目の親指を制作。これがSFの世界と未来を感じさせてくれる素晴らしいテクノロジーなのだ!

続きを全部読む

日本の『ロボット相撲』が見せる高速の戦いに世界驚愕!ネットの声「このスピード馬鹿げてやがる!」

みなさんは「ロボット相撲」をご存知だろうか? その名の通り、ロボットが相撲をする競技で、ルールはいたってシンプル。相手のロボットを土俵外に押し出せば、勝ちである。

最先端の技術を駆使して行われるロボット相撲、実は海外のネットユーザーに大ウケしているのである。ロボット相撲の様子を収めた動画には、世界のネットユーザーたちから驚きと感動の声が上がっており、大きな注目を集めている。

続きを全部読む

【動画あり】運転中でも変形できる「リアルなトランスフォーマー」がロシアで爆誕! ハンドメイドで作った天才に世界中から熱視線

トレーラーやスポーツカーなどがロボットに変形する、CG技術を駆使した大人気映画『トランスフォーマー』。これまで劇場では4作品が発表され、来る2017年8月4日には続編も公開予定だ。

そんな中、本物の自動車がロボットに変形する、リアルなトランスフォーマーをハンドメイドで作ってしまったロシア人が登場した。現在、世界中から注目を浴びているそのロボットをぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【想像を超えた未来】俺の知らない間に、空気清浄機は歩き始めていた……

1973年生まれの私(佐藤)にとって、21世紀は遠い未来のはずだった。子どものころに思い描いていた未来には、『ドラえもん』のようなロボットが人間の生活を助けてくれるものと信じ、『スターウォーズ』の世界のように、宇宙へ簡単に行けるものとばかり思っていた。しかし実際の21世紀はそうではない。

せいぜい、お掃除ロボットが床掃除をするのがやっとで、ソフトバンクの「Pepper」は話相手になるのがやっとだ。そんななか、意外すぎるモノが歩行を始めていた。それは、空気清浄機である……。そこに未来が来たのか……。

続きを全部読む

【動画】たったの0.637秒! ルービックキューブを世界最速で攻略したロボットがコレだ!!

1974年に建築学者のエルノー・ルービックが開発した、ルービックキューブ。開発から長い年月がたった今でも多くの人々に愛され続ける、立方体パズルだ。

そんなルービックキューブの世界に震撼が走った……な、なんと、たったの0.637秒でクリアするロボットが登場したのである! 今回は、あまりにも速すぎるそのロボットの実力を動画と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

【動画】上半身なし! 下半身しかない「2足歩行ロボット」が高性能すぎる件

ASIMOやATLASなどの登場で「2足歩行ロボット」の実用化も現実味を帯びてきた。そんな中、米国のロボット開発企業から新たな2足歩行ロボットが発表されたという。

しかもそのロボット、高性能な上に見た目のインパクトが抜群だというではないか……動画「Cassie – Next Generation Robot」で実際に歩く姿を見ることが出来るぞ。

続きを全部読む

【衝撃動画】羽生選手もビックリ!?  スピン可能な「車輪付き二足歩行ロボット」の運動能力がハンパねぇ!

不気味な動きの4足歩行ロボットや、驚くべきバランス感覚を持った2足歩行ロボットなど、個性的な製品を開発してきたGoogle傘下の企業、Boston Dynamics社がまた衝撃的なロボットを発表した。

今回発表されたのは、車輪付き二足走行ロボットだ。これまで通り見た目が不気味であることには変わりはないのだが、運動能力の高さが別次元! ぜひ動画でその動きをご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画あり】超高性能「コウモリ型ドローン」現る! 本物のコウモリも二度見するレベル!!

薄型テレビ、スマホ、VRなどなど……あっという間に私たちの生活の中に溶け込んでゆく最新技術。その進歩の速さにはいつも驚かされるばかりである。

同じくドローンの世界でも、技術の進歩はまだまだ止まらないようだ。なんと、米国の研究チームが、姿から動きまでコウモリそっくりのドローンを開発したという。

続きを全部読む

【動画あり】パナソニックが作った “卵型ロボット” がまるでR2-D2! おしゃべり機能とプロジェクター装備

綾瀬はるかさんや、西島秀俊さんなどを起用したCMでお馴染みの、日本の有名家電メーカーが「パナソニック」だ。知名度のみならず製品の開発力も日本屈指と言われるそのパナソニックが、新型ロボットを発表した。

今回は、そのパナソニックの新型ロボットについて動画と併せてお伝えしたい。様々な機能を備えているというが、いったいどんなことが出来るのだろうか。

続きを全部読む

【スゲェな】「考えるだけでロボットを操作する」実験が米国で成功

もうすぐやって来る年末年始。仕事の方もいれば、何もせずにゴロゴロという方もいるだろう。そんな中、体を動かさなくても頭の中で考えたことが現実になるという、まるで夢のような実験が米国で成功した。

今回は、その驚くべき実験について動画とともにご紹介したい。どうやら人間の脳波でロボットを動かすことにチャレンジしたらしいのだが……果たして、世界が注目する実験内容とはいかに!

続きを全部読む

【動画あり】こりゃスゲェ! あの二足歩行ロボット「アトラス」が不安定な足場も歩けるように進化!!

ソフトバンクの「Pepper」やシャープの「RoBoHoN」などのロボットが発売されて話題となっている昨今。それらのロボットは多くの機能を搭載してはいるが、まだまだ “歩く” という点に関しては発展途上なのが現状だ。

その一方で、歩くことにかけては世界一とも言える米国の二足歩行ロボット「アトラス(Atlas)」がさらに進化していた。今回は、驚くべきバランス感覚を身につけたその様子を動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画あり】ピョンピョン跳ねる「4足歩行ロボット」の運動能力がハンパない!

気持ち悪い動きで一躍有名となったBoston Dynamics社の四足歩行ロボットも進化を遂げてようやく親しみやすくなってきたところ、今度はGhost Roboticsという研究機関が、また新たな4足歩行ロボットを発表して話題を呼んでいる。

そのロボットは、ひたすらピョンピョンと飛び跳ねながら移動するのが特徴とのことだが……なんと、金網のフェンスを登ったり、ドアを開けることが出来たりと、かなり高性能な仕様になっているらしい。

続きを全部読む

【動画】完全にトランスフォーマー! 本当に走れる「ロボットに変形するBMW」が爆誕!!

ルンバなどのお掃除ロボットや、ペッパーなどの接客ロボットなどが活躍するようになった昨今。いよいよ次は、車に変形するロボットが活躍する時代が来るかもしれない。

トルコのある企業が、ロボットに変形する車を製作して話題となっている。なんとその車、ロボットに変形するだけでなく、マジで走行も可能だという。それでは、以下の動画で話題の車をご覧いただこう。

続きを全部読む

【動画あり】大阪の小さな会社が開発した搭乗型二足歩行ロボット「はじめ43号」がスゴイ! いずれガンダムにたどり着くかも!?

子どもの頃に、ロボットに憧れを抱いた人は多いと思う。特に、『機動戦士ガンダム』に代表されるような、搭乗型のロボットにいつかは乗ってみたいと思った男性は多いはずである。

その夢を、大阪のロボット製造会社が叶えた。まさにガンダムに憧れを抱いた「はじめ研究所」の社長は、6年の歳月をかけて高さ約4メートル、重量約300キロの搭乗型ロボットを開発したのである。これ、マジで乗れるの! そして動くの!? スゲェエエエ!!

続きを全部読む

【これぞ中国】数がパネエ! ギネス記録『同時に踊ったロボットの数』が更新される / 圧巻の1007体!

中国といえば約13.7億人という世界最多の人口を誇る大国である。その中国が今度はロボットでも世界最多記録を更新したという。

しかも、それはただのロボットではなく「ダンスをするロボット」らしい。今回はギネスに認定されたばかりの『世界最多のロボットダンス』を収めた動画をご紹介しよう。

続きを全部読む

【凶悪すぎ】ロシア版ロボコンの破壊力がガチすぎてマジおそロシア

日本では「Pepper」や「ロボホン」など、人に優しいロボットが発売され話題となっている一方、米国ではロボット同士がデスマッチ形式で対決するデンジャラスなテレビ番組「バトルボッツ」が人気沸騰中のようだが……。

なんと大国『ロシア』でも近年、ロボット対決が人気だという。しかもその戦いぶりが、まさにおそロシア! とにかくブッ飛びまくりのロボットバトルとなっているぞ。それでは以下、驚異の破壊力を持ったそのロボットをご覧いただこう。

続きを全部読む

【さすが日本】これはスゴイ! 日本発「人工筋肉ロボット」の動きが超リアル

いくらテクノロジーが発達したとはいえ、以前に当サイトでお伝えしたロボットのサッカーW杯「ロボカップ 2016」を見てもわかる通り、ロボットの動きはまだまだ人間にはほど遠い。

そんななか、人間と見分けがつかないほどリアルなロボットが現実のものになるかも……そう思えてしまうような『人工筋肉』の開発が日本で進んでいるという。

続きを全部読む

【イライラする動画】ロボットのサッカーW杯「ロボカップ 2016」の試合風景がとてもじゃないが見ていられない件

本物の人間と間違えるほどリアルな表情を見せるヒューマノイドロボットや、生き物のように動く4足歩行ロボットなど、世界各地で高性能なロボットの開発が進められている今、ロボットの2016年サッカーワールドカップ「ロボカップ 2016」が開催されたという。

ロボットの性能が急成長中のワールドカップとなれば、さぞレベルの高い試合になるハズ……と期待しながら試合の様子を見てみたところ、これがちょっと拍子抜けする試合内容だったのでその様子をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画】ブッ壊れたら負け! 海外版ロボットコンテスト「バトルボッツ」がまるで電流爆破デスマッチ

NHKでお馴染みのロボットコンテストといえば「ロボコン」だ。ロボコンの基本的なルールは、学生自らが製作したロボットを操作し、決められた時間内にボールをゴールに入れたり、箱を積み上げることで獲得した点数を競うというものである。

そんなロボコンに影響されたのか、海外でも “ロボコンっぽい” 番組が放送されているらしいのだが……なんと勝ち進むための条件が「相手をブッ壊すこと」だというのだ。実際にその番組を見てみたところ、あまりにもデンジャラスだったのでご報告したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7