「ロシア」にまつわる記事

【世界美女探訪】韓国で「実在エルフ」と呼ばれるロシア人アンジェリーナ・ダニロヴァさんの美しさが神すぎる!

伝説上の存在であるエルフ。神話で描かれるその姿は美しく、フィクション作品では「美の象徴」のようになっていることも多い。

現在、韓国で「実在エルフ」と話題のロシア人モデルがいる。美しくもどこか謎めいた雰囲気を醸し出すダークブロンドと灰色の瞳。一瞬で目が釘付けになるその美貌はまさにファンタジー世界の住人! 魅了(チャーム)されたァァァアアア!!

続きを全部読む

鋭い鉄柵を乗り越えようとした男性のムスコがちぎれる事態が発生

以前にロケットニュースで、「強盗がフェンスにズボンを引っ掛けて宙吊りになり、パンツ丸出しで発見された」ニュースをお伝えしたことがある。

この事件は、その余りにも恥ずかしすぎる画像がギャグにしか見えなかったが、今回は笑うに笑えない事態が発生。なんと、鋭い突起状の鉄柵を越えようとした男性のムスコがちぎれるという、あまりにも無残な出来事が起きていたというのだ!

続きを全部読む

ニャンコがハリネズミの赤ちゃん8匹のママ役に! お乳もあげて子育てに奮闘中!!

最近、日本でペットとして飼われることが多くなっているハリネズミ。体中が針で覆われているのに、丸いフォルムとキュートな顔が愛くるしくて人気を呼んでいる。

そんなハリネズミだが、あるニャンコがハリネズミの赤ちゃん8匹のママ役になり、子育てにお大忙しなのだという。針だらけの赤ちゃんに猫が囲まれる様子が壮観なのだが、同時にほのぼのした雰囲気も漂い、思わず顔がほころんでしまうのである。

続きを全部読む

【尊い】イタリアとロシアのハーフ美女が妖精すぎる! まぶしい白金の髪と透き通る肌は完全にエルフの神々しさ!!

例えば人を紹介される時、「ハーフ」と聞けば、美男美女をイメージする人は多いのではないだろうか。私(中澤)の経験上、別にハーフだからって必ずしも美男美女というわけではないのだが、そんなイメージが出来上がるほどに比率が高いのだろう。

グローバル化が進む現代社会。今回、ご紹介するのはイタリアとロシアという美女大国のハーフ美女。まぶしい白金の髪と透き通る肌はまるでエルフ! こんな美女がマジで実在するのか……。

続きを全部読む

虹って○○だったの!? その「本来の姿」が分かる動画がコレだ!

「虹を見たら願いが叶う」とか「虹は幸せの前兆」とも言われるが、滅多に見られる現象ではないだけに、目にしたら得したような気分になれてしまうものだ。

そんな虹だが、我々が今まで知っていたものは、本来の姿ではなかったことが分かる動画を紹介したい。これを見たら、「虹って○○だったの!?」と驚いてしまうこと間違いナシである!

続きを全部読む

恐怖! 人を襲う「暴走トイレ」がロシアに出現

私たちの生活と切っても切れない関係にあるトイレ。便座に腰掛けホッと一息。今では汚いというイメージは一新され、安堵できる空間へと変貌を遂げた。何をするにしてもトイレなしでは生きていけず、もはや友と言っても過言ではないだろう。

しかし、いつなんどきでも友という訳ではないらしい。なんでも海外でトイレが暴走し、その様子を見た人を恐怖のどん底に突き落としているというのだ。トイレが暴走する時点で明るい未来が見えないが、一体どういうことなのだろうか。詳細は次の通りである。

続きを全部読む

身長206センチ! 元オリンピック選手の美人モデルが “世界で一番身長が高いモデル” に記録申請か!?

ファッションショーや雑誌に登場するモデルは、みな身長が高いが、これほど背の高いモデルは世界広しといえども、なかなか見つからないだろう。

世界もビックリの身長を誇るのは、ロシアのエカテリーナ・リシナさん(29歳)。彼女の身長は、なんと206センチ! 「世界で一番身長が高いモデル」として世界記録に申請するつもりらしく、ネット上で話題になっている。

続きを全部読む

ロシア人の死刑囚が刑務所でレストランをオープンした理由

誰にでも大好物な食べ物があって、「死ぬ前に絶対食べたい料理」があるのではないかと思う。

海外の刑務所では死刑が実行される直前に、死刑囚が最後の食事を自分で選べる場合がある。そこで、ある死刑囚が「最後の晩餐を自分で作りたいから」との理由で刑務所でレストランをオープンし、毎日料理に励んでいるというのである!!

続きを全部読む

【おそロシア】3台の車を合体させた改造車の走りがマジでヤバい

スピード、乗り心地、デザインなどなど、世の中には様々なポイントを追求した自動車があるが、今回は何のために作られたのか、目的がイマイチ理解できない改造車をご紹介したい。

ロシアで作られたその改造車は、3台の自動車を合体させた “おそロシア” なマシンとなっているもようだが……いったいどんな走りを見せてくれるのだろうか? その改造車の全貌を動画と共にご覧いただこう。

続きを全部読む

【おそロシア】Instagramのフォロワーやいいねを買える自販機がロシアにある

SNSでフォロワーが何人いるかとか、投稿にどれだけの「いいね!」が付くかなどで、その人の価値は決して決められるものではない。ところが最近は、そんな点にこだわってしまうユーザーも少なくないようである。

そんななか、ロシアに「Instagramのフォロワーやいいねを買える自販機」が登場! 思わず「自分の人気を金で買うなんて、寂しい世の中になったな~……」と思ってしまうようなニュースをお伝えしたい。

続きを全部読む

多額の罰金よりも効果あり! ロシアの駐車違反取り締まりがマジでおそロシア

駐車違反は他人の迷惑になるため、絶対にやってはいけない行為である。しかし「ちょっとだけなら……」という自分本位な人も少なくないため、なかなかゼロとはならないものだ。

そんななか、ロシアで新たな駐車違反取り締まりが注目を浴びているのでご紹介したい。まさかまさかのそのまさか! 思わぬ方法でバンバン取り締まっていく男たちの詳細は、次の通りとなっている。

続きを全部読む

【おそロシア】総合格闘技でボコボコに負けた息子を「激おこかーちゃん」が平手打ち! 強烈なキレ方がマジでハンパない!!

「愛のムチ」という言葉があるが、相手を愛するがゆえに厳しく叱りつけることは、特に親子関係においては良く見られる愛情表現である。しかし、時には「それってヤリすぎじゃあ……」と思ってしまうような ‟愛のムチ” も存在するようだ。

というのも、総合格闘技の試合でボコボコに負けた息子を激おこかーちゃんが平手打ちする出来事が発生! その強烈なキレ方がマジでハンパないのである!!

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】まだあった! ロシアの究極トンデモ日本風ヒップホップビデオ!! サムライが出て来て宇宙爆発

今までに、この「辺境音楽マニア」では、ドイツの「Genetikk」や、フランスの「IAM」など、インチキ日本かぶれヒップホップを紹介している。ドイツとともに、ビデオクリップに日本的要素を取り込むことが大流行しているのが、今のロシアのヒップホップシーンだ。そのロシアとドイツは、アメリカに次いで世界最大規模のヒップホップシーンを形成している。

以前紹介したサハリンのロシアンヒップホップに続いて、日本好きなロシアのヒップホップシーンについてお伝えしよう。

続きを全部読む

【放送事故?】ロシアの美人アナに “ハアハア” と荒い息づかいで迫ったのは…… ワンコだった / 女子アナが叫んだ「まさかの言葉」!!

生中継や放送中に起こる思いがけないハプニングを「放送事故」と言うが、‟事故” と呼ぶには相応しくないほど爆笑してしまうような展開になることもある。なかでも動物がヤラかしちゃう放送事故は、クスっと笑えてしまう、可愛らしくてほのぼの~なパターンが多い。

今話題になっている動画も、そんなパターンの1つ。ニュース収録中に、机の下から大きなワンコが出現するのだ。しかも、それにビックリ仰天した美人アナが「私は猫が好きなの~!」と叫んでしまうのである。

続きを全部読む

【動画あり】運転中でも変形できる「リアルなトランスフォーマー」がロシアで爆誕! ハンドメイドで作った天才に世界中から熱視線

トレーラーやスポーツカーなどがロボットに変形する、CG技術を駆使した大人気映画『トランスフォーマー』。これまで劇場では4作品が発表され、来る2017年8月4日には続編も公開予定だ。

そんな中、本物の自動車がロボットに変形する、リアルなトランスフォーマーをハンドメイドで作ってしまったロシア人が登場した。現在、世界中から注目を浴びているそのロボットをぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【辺境音楽マニア】サハリンの日本建築で戦国時代を装うロシアンヒップホップ

ロシアはデスメタル・ブラックメタル大国であるとともに、世界有数のヒップホップ大国である。一般層ではメタルよりもヒップホップの方が遙かに人気が高いぐらいだ。そのロシアのヒップホップシーンで最も人気のあるレーベルが、ロストフナドヌ出身のカリスマラッパー「Бастa」が率いる『Gazgolder』だ。

Gazgolderには「Скриптонит」や「Словетский」など、今のロシアのヒップホップシーンで人気のラッパー達が数多く所属しているので、そのYouTubeチャンネルは、ロシアンヒップホップ好きは要チェック。今回はそのなかでも異質な1組を紹介したい。

続きを全部読む

【画像あり】女性下着のコンテストで「男」が優勝

近年、よく聞くようになった言葉のひとつに「ジェンダーレス男子」がある。読んでそのまま、これは性別の壁を越えた美しさを持つ男子たちのことを指す。一言で言うなら「美意識の高い男子」というやつだ。

そのほとんどはイケメンで中性的。りゅうちぇるさんやぺえさんといえばピンとくる人も多いだろう。ただ、世界は広いもの。海外の「ジェンダーレス男子」にとんでもないことをやってのけた人物がいたのでご報告だ。聞いて驚くなかれ。なんとランジェリーフォトコンテストで優勝してしまったのである!

続きを全部読む

【み、見え……】ロシア人の超絶美女のスタント動画が “別の意味” で目が離せない

世界には、思わずタメ息が出るほどの美女がたくさんいる。とりわけ、美女大国として有名なのがロシアだ。ああ、1度でいいからスタイル抜群のロシア美女とお近づきになりたい……私(りょう)を含め、そう思う男性は多いはず。

そんな男性諸氏が絶対に目が離せなくなる動画があるのでご紹介しよう。超絶美女ロシア人のスタントから「別の意味」で目が離せない

続きを全部読む

【恐怖マシン】プロペラむき出しの「空飛ぶバイク」がおそロシア

1903年、米国のライト兄弟が有人動力飛行に成功してから数えること114年。今や世界は飛行機無しでは成立しない時代となった。さらにこれからは “空飛ぶバイク” が我々にとって必要不可欠になる……かもしれない。

なんと、あるロシアの企業が空飛ぶバイクの試験飛行の最新動画を公開。そこには人を乗せて宙に浮くバイクの様子が収められているという。果たして、ロシア生まれの空飛ぶバイクとは一体どんなものなのだろうか?

続きを全部読む

【驚愕】ロシアでDVが合法化される可能性が!

2017年1月21日、女性の権利向上と差別撤廃を目指した「ウイメンズマーチ」が世界60カ国156都市で開催され、約300万人が参加したと報じられている。

そんななか、ロシアではDV(家庭内暴力)を処罰の対象から外す法案が、可決されるかもしれないというのだ! 時代の流れに逆行するかのような法案は、一体どのような内容なのだろうか!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 16