「ロゴ」にまつわる記事

スタバやIKEAなど有名ブランドロゴを見ずに描ける? ある団体が実験したらこうなった! セブンイレブンの正解率はたった1%!!

スタバにマック、GAPにユニクロ、セブンにローソン……街を歩けば目に飛び込んでくるブランドのロゴの数々。いや、街だけでなく、ネットや雑誌、家の中でも、気付けばそこには何かしらのロゴが。

こんなにロゴに囲まれているなら、もう目をつぶっていてもロゴを正確に描けちゃいそう……ということで、今回ある団体が実験に乗り出した。156人の男女に、スタバやIKEA、アップルなど有名ブランド10社のロゴを、何も見ずに描いてもらったのだ! さて、結果はどうなったのだろうか……?

続きを全部読む

【悲報】「かっぱ寿司」のカッパ、完全にポアされる

かつては国民的お菓子だった「ポポロン」の販売終了に続き、またひとつ一時代を築いた “あのコたち” が姿を消した。そう、大手回転寿司チェーン店『かっぱ寿司』のカッパたちである。

かっぱ寿司からカッパのロゴが無くなることは2016年9月の時点で判明していたが、かっぱ寿司によると2017年6月をもって、全国330店舗の看板が新しいロゴデザインに刷新されたという。悲しいことに、もうかっぱ寿司でカッパには会えないのだ……。

続きを全部読む

『光岡自動車』のエンブレムの謎に迫ってみた! モチーフは意外にもアノ○○と判明!!

ヒミコやオロチなど、名前からして奇天烈な車を世に放っている光岡自動車。中身のエンジンはともかく、見た目がカッコいいんだな~。できることならば、記者もいつか購入したいと思っている。それはさておき、常々不思議に思っていたのが、同車のエンブレムだ。

魔法が使える杖っぽい、なんだか中二病くさいマーク……。これは一体全体、何を表しているのだろうか。不思議だ。不思議すぎていてもたってもいられなくなったので、光岡自動車に問い合わせてみたところ、予想外の答えが返ってきたぞ。詳しくは以下をご覧いただきたい。 

続きを全部読む

メタリカ新譜発売記念の「ロゴ・ジェネレーター」で、字面は近いけど “メタリカに関係なさそうな言葉” を探してみた

2016年11月18日、世界的なロックバンドの「メタリカ」が8年ぶりに10枚目のオリジナルアルバムをリリースした。それを記念して、面白い仕掛けをネット上に公開している。

それは、任意の文字列を入力すると、彼らのバンドロゴ風のデザインを作ることができるジェネレーターだ。これを使って、もっとも「メタリカ」みたいに見えるけど、メタリカから程遠い日本語を探してみた。その結果、あの言葉がもっともふさわしいことが判明!

続きを全部読む

【激怒】かっぱ寿司のロゴからカッパが消える → 長野県民「意味がわからない! スシローよりは絶対に美味しいのにィィイイ!!」

大手回転寿司チェーン店、かっぱ寿司。同社のメインキャラクターといえば当然カッパだが、2016年9月末、カッパのマークがロゴから消えることが判明した。どうやら回転寿司チェーン店の中でも一人負けとされる業績不振を改善すべく、イメージチェンジを行う目的があるようだ。

多くの人は「へぇ」「そうなんだ」くらいしか思わないハズだが、なぜか知り合いの長野県民は大激怒! どうやら長野県発祥のかっぱ寿司を愛してやまないようだが……その言い分を聞いてみることにした。

続きを全部読む

『有名企業のロゴ』に隠された秘密 12選 「マクドナルド」「LG」「ハーシーズ キスチョコ」など

企業名に色々な意味が込められているのは、以前にもお伝えした通り。レゴが「よく遊べ(play well)」という意味のデンマーク語「leg godt」を略したものだったり、ナイキがギリシア神話に登場する勝利の女神 “ニーケー” に由来していたり、となかなか興味深い背景があるようだ。

では企業のロゴはどうだろう? 名前同様、ロゴにだって何か意味が隠れているはず。そこで今回は、有名企業のロゴに隠された秘密をお伝えしていきたい。

続きを全部読む

【市が調査】佐野研二郎氏が作った群馬県太田市の美術館ロゴについて太田市民に聞いてみた→「そのままで良い」は50人中5人だけ

佐野研二郎氏がデザインした、群馬県太田市にある東武太田駅北口に建設中の「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴについて、太田市が調査を開始した。

現在すでにデザイン会社のロゴやインドネシアの旅行会社のロゴに似ているとの指摘があるが、イラストのプロに話をきいたところ「“○の中身を塗りつぶす” は、デザインの発想として、本当によくあるパターンだと思う」とのことで、パクりとは考えにくいそうだ。

続きを全部読む

【弁護士に訊く 第3回】東京オリンピックのエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていた問題、日本の法律的にはどうなの?

2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック。その開催に先立って、2015年7月24日にエンブレムのデザインが発表されました。これがベルギーのリエージュ劇場のロゴマークに似ているとして、このロゴマークをデザインした建築家が法的対応を検討していることが報じられています。

もしこのようなケースが、日本国内で起きた場合、どうなるのでしょうか?

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】誕生日にGoogleのトップページを見るとバースデイロゴが表示される

みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれない。今回は検索サービス「Google」のロゴについてである。

1年のさまざまな記念日を表現しているGoogleロゴなのだが、1年の間に唯一自分のためだけのロゴが表現される日があるのをご存じだろうか? その日とは、誕生日である。誕生日にGoogleトップページを見てみろ! なんとバースデイケーキが表示されるのだ。ありがとうGoogle! ぼっちの俺を祝福してくれるなんて(泣)。

続きを全部読む

【トリビア】この世には1店舗だけ「青いロゴのマクドナルド」が存在する

みなさんご存知のように『マクドナルド』のロゴといえば黄色い「M」のマークですよね。遠くからでもすぐ目につく、あの黄色の「M」です。どこからどう見ても黄色い「M」です。

ところが、世界には、この世でただひとつ「青色のM」を掲げたマクドナルドが存在するのをご存知でしょうか? 青? まったく想像がつきません。実際に行って確認してきました!!

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】キリンビールのラベルのキリンには「キリン」の文字が隠されている

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「キリンビールのラベルのキリンには「キリン」の文字が隠されている」という知識です。

そうです、キリンビールのラベルにはキリン(麒麟)の絵が描かれていますが、キリンの体の中に「キリン」という文字が隠されているのです。

続きを全部読む

20020年オリンピック開催? スペイン・マドリードのオリンピックロゴにブーイングの嵐

2012年、2016年のオリンピック招致に続いて再びの参戦となるスペインの首都マドリード。先月、スペインオリンピック五輪評議会が「マドリード・オリンピックロゴ」を公式に発表したのだが、「ロゴのデザインがひどい」とスペイン国民からはブーイングの嵐なのだそうな。何が起きたのか順序立てて説明すると……

まず、同評議会はロゴのデザインを国民に向けて募集した。晴れて選ばれたのはデザイナー見習いのルイス・ペイロットさん(22)の作品。しかし、その後の対応がまずかった。

続きを全部読む

有名企業ロゴの過去・現在・未来の比較がおもしろい / スタバ、グーグル、アップル、GAPなど

ふだん見慣れた有名企業のロゴマークも、実は何度かのデザインチェンジを経ていたりするものだ。例えば、古くからのアップルファンならば、現在のリンゴマークよりも虹色リンゴの方が印象深かったりもする。

そんな有名企業のロゴマークの、過去、現在、そして未来(予想)をまとめた画像が話題になっている。

続きを全部読む

Twitterのロゴでfacebookのロゴを作るとどうなるか

企業の顔とも言うべき「ロゴマーク」。パッと見ただけで企業のなんたるかをイメージできるのが、出来のよいロゴである。今、私たちが見ている様々なロゴは、どれも考えぬかれた優良ロゴであると考えても良いだろう。

だがしかし、もしも、いつも見ているロゴが「いつも」と違ったら、どうだろうか? とあるイギリス人デザイナーが作ったロゴが、海外のネット上で話題になっている。

続きを全部読む