「ロケット」にまつわる記事

【ヤバイ】高さ約60cm! 天空にそびえ立つ超巨大チキンタワーがフォトジェニックを極めすぎィィィイイ!!  東京・下北沢「ロケットチキン」

旧約聖書に登場するバベルの塔。天に届くほどの高さを目指しながらも、それは失敗に終わる。もし完成した塔が実在したなら、一体どれほどの高さだったのか。我々はそこにロマンを馳(は)せずにはいられない……。しかし、バベルの塔はここ日本で完成していたのだ。

東京・下北沢の地で、私(あひるねこ)は実際にこの目で見た。天空にそびえ立つかのような巨大なタワーを。神をも恐れぬ人類の英知を。果てしなくインスタ映えする、超フォトジェニックな激うまチキンを! 新たな歴史誕生の瞬間を、どうか見逃さないでほしい。

続きを全部読む

【世界最強】地雷やロケット弾にも耐えられる市販車「マローダー」が怪物すぎる件

世界各国の乗り物事情をネットで調べていると、実は日本では見たこともないような車やバイクの情報にたどり着く。特に、以前の記事でご紹介したロシアの分解できる最強バイクのように、ヤリすぎとも言えるほどタフな乗り物が海外には多く存在しているようだ。

そんな数ある乗り物の中から、今回は世界最強クラスの市販車をご紹介したい。その車の名前は『Marauder(マローダー)』だ。なんとその車に乗ってさえいれば、地雷やロケット弾からも身を守れるのだという。

続きを全部読む

【生中継】間もなく13時22分に打ち上げ!! 「はやぶさ2」打ち上げの様子がライブ配信されてるぞ~ッ!

2010年、地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」から帰還した、小惑星探査機「はやぶさ」。その後継機「はやぶさ2」が、本日2014年12月3日に打ち上げられる。

再び偉業を達成するのではないかと、期待に胸を膨らませている人も多いと思う。その打ち上げの様子が、JAXAのサイトとYouTube、そしてUstreamでライブ中継されてるぞ~! 打ち上げは間もなく! 13時22分だ!!

続きを全部読む

ドエライことになったで〜!! 迫力満点! ロケットやスペースシャトルの発射シーンを一同に会した動画

サターンV(サターンご、5の意)ロケットは、NASAが1967年ら1973年にかけての6年間、アポロ計画およびスカイラブ計画で使用した、使い捨て方式の「液体燃料多段式ロケット」です。この短期間の間に打ち上げられた同ロケットは、合計13機。

本日みなさまにご覧いただくのは、それらすべてが打ち上げられる様子を集めた動画『Saturn V』、そして過去打ち上げられたスペースシャトルが一斉に飛び立つ姿を集めた動画『Grand Finale 2010-11』です。その衝撃の全貌は、動画サイト『YouTube』そして『Vimeo』で観ることができます。

続きを全部読む

【豆知識】秋葉原にある『アキバ田代通り』の由来

秋葉原には、様々な通りがある。有名なのは『中央通り』。アキバの端っこに位置するのが『蔵前橋通り』で、チラシを配っている人が多いエリアの道を『ビラロード』と呼ぶ人もいる。

そんな秋葉原には『アキバ田代通り』という小道も存在する。場所は秋葉原UDXビルのすぐ近くだ。その名前の由来をご存知だろうか? 実はこんな意味があったのだ!

続きを全部読む

地球の周りをキモい軌道でグルグル回っていた不思議な物体「J002E3」の動きが一発で分かるGIFアニメ

今から11年前の2002年、ひとりのアマチュア天文学者が宇宙に漂う不思議な物体を発見した。その物体は地球周回軌道上に存在しており、「な、なんと! 月以外に地球の周りを回る物体があったなんて……!」と研究者たちはビックリ仰天したという。

この未知なる物体は「J002E3」と名付けられ、しばらくは隕石や小惑星だと思われていたが、やがて意外な事実が発覚する。「こ、これは……人工的な物体だ……ッ!!」と。今回は、そんな J002E3 の動きが一発で分かるGIFアニメをご紹介したい。

続きを全部読む

ド迫力の映像!! NASAロケット打ち上げから帰還するまで/生の音響をスカイウォーカー・サウンドが担当

アメリカの映像制作会社『ルーカス・フィルム』の1部門、音響スタジオ『スカイウォーカー・サウンド』。名前からお察しいただけるとおり、映画『スター・ウォーズ』シリーズの音響を担当している、世界最高の呼び声高い音響スタジオです。

日本の作品だと、あの『踊る大捜査線』シリーズをも担当しているという同スタジオ。こちらが担当したド迫力映像を、本日はみなさんにご紹介したいと思います。

続きを全部読む

【2012年・北朝鮮特集】北朝鮮の今を徹底公開 / 普通では見られない現状と実態

2012年4月12~16日の間に、北朝鮮からミサイルが発射されると報道されている。北朝鮮はそれを衛星打ち上げのためのロケットとしているが、諸外国はミサイルと判断しているようだ。当編集部は、2012年に入ってからの北朝鮮のようすを記事化し、いままで多数の情報を報じてきた。

そこで今回、いままで報じてきた北朝鮮記事をまとめてご紹介したいと思う。普通ではなかなか行けない場所の画像や映像があるので、興味がある人はぜひ見ていただきたいと思う。それでは、北朝鮮の現状をお読みいただきたい。

続きを全部読む

なんぞコレ!? 宇宙から降ってきた「銀の玉」に地元民騒然

ブラジルのとある村で、宇宙から謎の物体が飛来し、地元では大騒ぎとなっている。その物体は直径約1メートル・重量30キロの銀色の球体で、爆音と共に地面に衝突したという。幸いけが人はいなかったとのことだが、家屋の一部を損壊し、地面に大穴をあけたそうだ。これは一体何なのだろうか?

続きを全部読む

インターネットニュースサイト『ロケットニュース24』がイメージガールを発表し、Twitterユーザーから芸名を募集したところ、信じられないくらい多くの芸名案をお寄せいただいた。

あまりにも多く寄せられたため、当編集部ではひとつの芸名を選ぶことができなかった。そこで今回、Twitterユーザーの芸名案から5つの芸名を選び出し、最終的に読者投票で決定することにしたぞ! 今回、最終選考に残った5つの芸名は以下の通りだ。

続きを全部読む

アマチュア集団がホームセンターの資材でロケット開発 / 打ち上げに成功!

デンマークのアマチュア・ロケット開発チームが、自家製宇宙ロケットの打上げを試みた。結果的にロケットは宇宙空間に届かなかったのだが、今後の有人宇宙飛行を視野に入れる同チームにとっては大きな前進となり、関係者たちはこの打上げを成功とみている。

続きを全部読む

ロシア国民が「UFOだ!」と恐怖した謎の未確認飛行物体 / その正体が判明

2011年5月5日、ロシアの大都市エカテリンブルグで発光する飛行物体が目撃された。その姿は、まるで夜空を駆ける光の矢。長い尾を引いて夜空を通り抜けていく姿に多くの市民が戦慄を感じたという。撮影された画像はインターネットで公開されて「UFOだ!」という声があがっていたが、実はこの光の正体はUFOではなかったのだ。

続きを全部読む

世の中には無謀とも思える自分のアイデアを個人の力で達成しようとするファイター達がいる。それは趣味の域を超え、国や企業という枠の中では決して生まれてこない自由な発想を駆使してみせる。ここにあるリストは、「やる気になれば何でもできる」という意味で参考にしてほしい。が、決して推奨するものではない。

続きを全部読む

ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船「スペースシップツー」は、10月10日、人間を乗せての単独飛行実験に成功した。スペースシップツーは母機によって空中へ運ばれ、上空1万3700メートルで分離。2人のパイロットを乗せて11分間飛行した後、モハーベ空港へ無事に着陸した。

続きを全部読む