「ランボルギーニ」にまつわる記事

【動画多数】2016年に公開し「度肝を抜かれた乗り物」5連発!

たくさんの出来事があった2016年。筆者(K.ナガハシ)は、グルメや芸能ニュース、新型ガジェットの紹介やスピーカーの音質検証などなど、様々なジャンルに渡って記事を執筆してきた。

その中でも今回は、今年筆者が書いた “乗り物” の記事にフォーカスを当て、印象に残っているものを5つご紹介したい。記事を振り返るとインパクトの強い乗り物がたくさん登場していて、本当にどれにしようか悩んだが、なんとか選出してみたのでご覧いただけると幸いだ。

続きを全部読む

3800万円のランボルギーニがド派手にドラッグレースを繰り広げて衝突事故! 超高級車が大破する動画が目に痛い……

料理の王様がキャビヤやフォアグラなら、‟キング・オブ・ザ・カー” の座に君臨するのは、ランボルギーニやフェラーリだろう。

もう、超高級車はエンジン音からして美しいが、そんな、ランボルギーニが街中でド派手にドラッグレースを繰り広げて衝突事故が発生!その動画が、「超目に痛い……」とネットで話題になっているので紹介することにしよう。

続きを全部読む

【動画】速いのはどっちだ?「ホンダ・新型NSX」vs「ランボルギーニ・アヴェンタドール」

ホンダが最新の技術を詰め込んだ究極のスーパースポーツカー「新型NSX」が、いよいよ2017年2月27日に日本で発売される。価格は税込2370万円と、性能のみならずプライスも日本車としてはトップクラスだ。

世界中から注目されているこの新型NSXだが、ではもし、さらに高額なスーパーカー「ランボルギーニ・アヴェンタドール」と対決したらどちらが勝つのだろうか? 今回はその結果を動画とともにご報告したい。

続きを全部読む

車内「だけ」スーパーカー&バイクのエンジン音になるガジェット「サウンドレーサー」の進化版『SoundRacer X』が最高すぎ! 収録音は6種類!!

V8! V8! V8! 日本には「ボロを着てても心は錦」という言葉があるが、「980円で買った軽自動車に乗ってても心はV8エンジンのスーパーカー」なのである。もしくはV10エンジンのランボルギーニー、はたまた、バイクの「スズキGSX」と思うことも可能。

何の話をしているのかというと、クルマのシガーソケットにぶっ刺すだけで “車内だけ” がスーパーカーのエンジン音になってしまうガジェット「サウンドレーサー」の進化版『SoundRacer X』のことである。試してみたら、想像以上にスゴかった!!

続きを全部読む

【検証動画】お婆ちゃん2人が超高級車のランボルギーニに乗って買い物に行ったらこうなった

「ランボルギーニ」といえば、イタリアの超高級ブランドのスーパーカー。街を走るだけで誰もが振り向くカッコよさ……男であれば人生で一度は乗ってみたい憧れの車である。

現在、そんなランボルギーニに関する検証動画「Two Grannies, One Lamborghini | Donut Media」が反響を呼んでいる。なんとお婆ちゃん2人がランボルギーニに乗って買い物に出かけたというではないか!

続きを全部読む

【閲覧注意動画】マジで怖い! 超高級車・ランボルギーニにイラズラしたらこうなった!!

「ランボルギーニ」といえば、イタリアの超高級ブランドのスーパーカー。男であれば一度は乗ってみたい憧れの車である。夢のまた夢のような車だけに、実際に所有できたら一層大事に扱うのは間違いないだろう。

そんな中、「もしランボルギーニにイタズラしたらどうなるのか」というとんでもない火遊びをした動画「Poop on Lamborghini Prank Gone HORRIBLY WRONG!」があるのでご紹介したい。

続きを全部読む

ファイヤーーーーッ!! ランボルギーニで七面鳥を焼いてローストターキーを作った動画が海外で話題!

クリスマスに食べる料理といえば、日本ではフライドチキンやローストチキンですが、アメリカなどの外国では七面鳥が定番。今年こそはローストターキーに挑戦してみたいと思っている皆さんもいるのでは?

そこで今回ご紹介するのは、超、超、超~斬新すぎて想像の斜め上を行く七面鳥の調理法! YOU TUBEでその動画がアップされ海外で話題となっていたので、皆さんにもシェアしちゃいます!

まず、用意するものは七面鳥とランボルギーニ

続きを全部読む

【スーパーカー】ドバイ警察のパトカーが世界一速いことが一発で分かる動画が激カッコイイ

ドバイといえばお金持ち。お金持ちといえばスーパーカーだ! 日常の足としてスーパーカー。コンビニに行くにもスーパーカーだ(たぶん)。となると、犯罪者のクルマもスーパーカーということになるだろう。

それを追跡するためには、当然のごとくパトカーもスーパーカーでなくてはならないことについては以前お伝えしたとおりだが、そんなドバイのパトカー事情がよく分かる動画がアップされていたのでご報告したい。

続きを全部読む

ドバイ警察が1台4000万円超えのランボルギーニをパトカーにしちゃったでござる

中東・ドバイといえば、近年急速な発展を遂げたことで知られる。世界一高い建物の「ブルジュ・ハリファ」や超高級ホテルの「ブルジュ・アル・アラブ」などが有名で、世界有数の観光地としても注目を浴びている。

そんなドバイで、新たに観光の呼び物になりそうなものが発表され話題を呼んでいる。それはドバイ警察のパトカーなのだが、そんじょそこらのパトカーではない。なんと! あのイタリアの自動車ブランド、「ランボルギーニ」のパトカーなのだ!!

続きを全部読む

中国の自作ランボルギーニ・レベントンがついに完成! お披露目したら没収、しかも復元命令

ランボルギーニと言えば、超高級スーパーカー。男なら一度は憧れるまさに高嶺の花だ。

先日、ロケットニュース24でどうしてもランボルギーニが欲しくて自作してしまった男性をご紹介した。前回お伝えした段階では、ボディはまだペイントされておらず、窓にはガラスさえ入っていない未完成の状態だったが、この度ついに完成したそうだ!

持ち主はさぞご満悦のことだろうと思いきや、何とお披露目後に愛車が警察に没収、しかも復元命令を受けるという泣くに泣けない事態となっていた。

続きを全部読む

中国の美容師が作ったマッドマックス風のランボルギーニ・レベントン

ランボルギーニは男のロマン。特に「ランボルギーニ・カウンタック」は、男ならば一度は憧れる超高級スーパーカーであり、ミウラにディアブロにムルシエラゴと、名前だけ聞いても実にカッコイイ。例え一本10円のうまい棒でも、「ランボルギーニうまい棒」と名付けると、不思議と高級感が漂ってくる。

そんなランボルギーニの現行車種が、ガヤルドとレヴェントン。もちろん共に高級車であり、とりわけレヴェントンは20台限定で販売された超希少車種。価格は日本円にして約1億6000万円だ。

そんなランボルギーニ・レヴェントンを自作してしまった男が存在する。

続きを全部読む

スーパーカーと聞いて、真っ先に思い浮かぶのがランボルギーニ・カウンタック。最高時速は300キロで、垂直に開くバーチカルドアに、いま見ても色あせない比類なき車体デザイン。オーバー30の男性ならば、誰しもが消しゴムやらミニカーなどで、カウンタックと触れ合ったと思われる。いわば男のロマンの結晶だ。

できることなら乗ってみたい。だけど値段も「安くて1000万強から」というスーパークラス。そこで普通の男ならあきらめるわけだが、中国・湖南省在住の陳さん(25歳)の情熱にブレーキをかけることはできなかった。なんと彼は、自分の手でランボルギーニ・カウンタックを作ってしまったのである!

続きを全部読む