「ラジオ」にまつわる記事

【怖い】ラジオの生放送に必ず置いてある「とある原稿」が話題

2017年もいよいよゴールデンウィークに突入した。長い人だと最大9連休となるようで、あれこれと予定を立てている人も多いことだろう。出先でトラブルや事故に遭われぬよう、くれぐれもご注意いただきたい。

さて今回ご紹介するのは、いまネット上で話題になっている1本のツイートだ。投稿者は3代目桂春蝶(かつら しゅんちょう)さんで、最近の世相を反映していると話題になっている。

続きを全部読む

【炎上】爆笑問題・太田光「日本人のノーベル賞は飽きた」「昔の方が価値があったな」「レコード大賞みたい」

歯に衣きせぬ発言で人気のお笑い芸人、爆笑問題・太田光さん。その太田さんが自身のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』の中で「日本人のノーベル賞は飽きた」「昔の方が価値があったな」「レコード大賞みたい」と発言し、物議を醸している。

続きを全部読む

【名古屋の福留さん】愛知県民に「宮地佑紀生って誰やねん」と言ったら大変なことになったでござる! 愛知県民「なんで知らんねん」

2016年6月30日、ラジオの生放送中にアシスタントの女性を蹴ったとして、タレントの宮地佑紀生容疑者(67)が傷害の疑いで逮捕された。ツイッターのトレンドにあがるなど、大変話題となったが「宮地佑紀生って誰やねん……」と思ったのは、私(中澤)だけではあるまい。

どうやら、彼は中京圏で相当知名度のあるローカルタレントであり、一部では大事件のようだが……それにしても温度感がわからない。そこで、その報を「あの宮地佑紀生が!?」と伝えてきた愛知県民に「宮地佑紀生って誰やねん」と聞いてみた! 彼いわく「福留さんや徳光さんが傷害で捕まったレベルの衝撃」らしい。

続きを全部読む

【悲報】TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』が終了へ / ネットの声「一つの時代が終わる」「本当にお疲れ様でした」など

フリーアナウンサーの大沢悠里さんがメインパーソナリティーを務めるご長寿ラジオ番組、『大沢悠里のゆうゆうワイド』が、2016年4月をもって終了することが判明した。

1986年にスタートし30年もの間続いた、いわば「ラジオ版 笑っていいとも」「ラジオ版 徹子の部屋」的な存在だが、大沢さんは降板理由を「30年続け、4時間半の放送に疲れを感じるようになった」と年齢や体力面の問題を挙げているという。

続きを全部読む

【まさか】長州力のオールナイトニッポンが今夜放送! ちゃんと聞き取れるのか不安しかない!!

日本を代表する「滑舌が悪いプロレスラー」と言えば、長州力である(もう一人は天龍源一郎)。これまでロケットニュース24では、長州力の『滑舌の悪いスタンプ』『滑舌の悪い競馬実況』などをお伝えしてきたが、なんと長州がラジオDJに挑戦するという……。

しかもそれが、超一流ラジオ番組『オールナイトニッポンR』だというから聞き捨てならない……。これはある意味で暴挙! どうした長州力!!

続きを全部読む

【コラム】いまどきの中学生はラジオを聞くのだろうか?

今から二十数年前、私(筆者)がまだ中学生の頃、家ではテレビとは別に「ラジオ」がそれなりに活躍していた。リビングにはもちろん、私の部屋にもお年玉で買ったソニーのCDコンポが置いてあり、寝る前は必ずラジオを聞いていたものだ。

私が夢中になったラジオ番組は、平日22時から翌1時までの3時間、ニッポン放送系列で放送されていた「伊集院光のOh! デカナイト」(以下Ohデカ)である。とにかくOhデカが聞きたくて聞きたくて……! 今にもくっつきそうな目をこすりながら、必死にラジオに耳を傾けていた。

続きを全部読む

【実録番外編】迷惑メール評論家としてラジオに出演してきた! 放送日は今晩の真夜中 / FM NACK5 「セイタロウ&ケイザブロー おとこラジオ』

つい1カ月ほど前、大阪のテレビ番組に出演してきた。現場のスタッフさんやタレントさんが魅せる『プロの技』を目の当たりにし、「テレビの世界はスゴいんだなぁ、勉強になるなぁ……」と感心していたら、今度はラジオ出演の話が舞い込んできた。

放送局は埼玉の FM NACK5(79.5MHz)で、番組名は『セイタロウ&ケイザブロー おとこラジオ』とのこと。断る理由は何もないので二つ返事で承諾した。そしてつい昨日のことだが、ドキドキしながらラジオ収録に参加してきたのである。

続きを全部読む

【地味とは言わせない】AMラジオのハガキ職人あるある39連発

あなたはどんな青春時代を過ごしただろうか。スポーツや芸術の部活に情熱を燃やし、汗と涙を流した青春もあるだろう。甘酸っぱい恋心を胸に抱きながら過ごす青春もあっただろう。だが、中には青春時代を「ハガキ職人」として生きた人もいるのでは?

ということで今回は、思春期特有の妄想力を活かしながらハガキ職人として毎週ネタの投稿に明け暮れる青春時代を過ごした「AMラジオのハガキ職人」のあるあるネタを39連発で紹介するぞ!

続きを全部読む

【衝撃野球ニュース】川崎ムネリンがラジオでメーンパーソナリティーを務めることが判明! ネットの声「番組中、何回イチローさんと言うか気になる」

昨年末、トロント・ブルージェイズと再契約したムネリンこと川崎宗則選手。ファンをホッとさせてくれたのも束の間、今度はなんとラジオのメーンパーソナリティーを務めることがわかったぞ! DJ・ムネリンの詳細は次の通りだ!

続きを全部読む

【衝撃】オウム真理教の iPhoneアプリがあった / 教団に問い合わせてみた

オウム真理教といえば、地下鉄サリン事件をはじめとする数多くの反社会的テロ活動を行った宗教団体である。1996年に宗教法人としてのオウム真理教は解散し、その後、2つの宗教団体に分裂した。今現在、オウム真理教を名乗る宗教団体は存在しない。

ところが! なぜか今だにオウム真理教を名乗るiPhoneアプリがリリースされていることをご存知だろうか?その名も『オウム真理教瞑想無制限の音楽ラジオ』。どんなアプリなのかは以下の通りだ!!

続きを全部読む

おぎやはぎ小木がAKB高橋の発言に憤慨「何を言ってんだよこの子は! 総選挙なんて大学のミスコンレベル」

ロンドン五輪、体操男子個人で内村航平選手が金メダルを獲得した。そのことについてAKB48の高橋みなみさんがコメントをしたのだが、その内容が気に入らないと人気お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さんが憤慨している。小木さんは「何を言ってんだよこの子は!」と高橋さんのコメントにあきれ返り、「(AKB48の)総選挙なんて大学のミスコンレベル」と批判しているのだ。

続きを全部読む

【伝説の放送事故】とあるバンドが某ラジオ局をこき下ろす 「腐ったラジオ ○○○○野郎!」

近年、生放送の歌番組はめっきり減ってしまった。その昔は歌番組といえば、ほぼすべてが生放送されていたのだが、手間がかかるうえに不測の事態が発生することもあるので、テレビ局は録画で放送することが多いようである。

不測の事態といえば、フジテレビの「ヒットスタジオR&N」で、ザ・タイマーズというバンドが某ラジオ局を徹底的にこき下ろすということがあった。そのときの模様は、いまだに語り継がれる大ハプニング。なぜならこき下ろしただけでなく、放送禁止用語を堂々と発していたからだ。

続きを全部読む

山田五郎が看板番組でブチギレ!? ゲストのももクロ「山田五郎さんわからない」と発言

日本テレビの朝の情報バラエティ『PON!』やテレビ朝日の長寿番組『タモリ倶楽部』に出演していることで知られるコラムニストの山田五郎さんが、ラジオ番組中にアイドルグループのももいろクローバーZ(以下:ももクロ)に怒りをあらわにしたようだ。

彼女たちは山田さんがパーソナリティを務めるラジオ番組に、ゲストとして出演したのだが「(山田さんのことは)わからないですが~……」と発言。この発言に山田さんはイラ立ちを隠せなかった。

続きを全部読む

【作業用BGM情報】自分で「ステーション」が作れる無料ネットラジオ『jango』が実にイイ!

お仕事中や集中したい作業中に、聞きたくなるのが音楽だ。自分の好きな曲を聞いている人もいるだろうし、ラジオから流れる音楽に身をまかせる人もいるだろう。

だが、自分の好きな曲ばかり聞いていると、音楽の幅は広がらない。ラジオを聞いていれば知らない曲も入ってくるから、音楽の幅は広がるけど、自分の好きじゃない曲も入ってくる。どちらも一長一短だ。

そんな時に、ぜひとも試していただきたいのが、海外の無料ネットラジオの『jango(ジャンゴ)』である。類似のサービスはいくつもあるが、jangoのスゴイところは「自分の好きなアーティストでラジオステーションが作れる」ということ。簡単に解説してみよう。
 
続きを全部読む

テレビやネットよりラジオのほうが幸せになれる / 幸福感はテレビの2倍、元気は4倍、ネットの3倍!

ネット社会といわれる現代、インターネットなしの生活なんてもはや考えられないくらい多くの人にとってネットは必要不可欠なものであるだろう。また、地上デジタル放送への完全移行まで1カ月をきり、テレビが見られなくなってしまうのは困るから地デジ対応テレビに買い替えたという方も多いだろう。ネット普及後も、テレビが大部分の人にとって生活の一部であることは変わらない。

しかし最新の調査によると、ネットやテレビよりもラジオを聴くほうが元気で幸せになれるという。

続きを全部読む

作業用BGMに最適! Facebook連動のネットラジオ「earbits」

インターネットラジオを聞きながら、パソコンで作業しているときに、「お!」と思うアーティストを見つけても、詳細がわからずに音源を購入できなかったという経験はないだろうか。そんな方のために、痒いところに手が届くようなウェブサービスを紹介しよう。

「earbits」はFacebookと連動したネットラジオで、今聞いているアーティストのイメージ写真と、ファンページが一目でわかるようになっている。1クリックで友人と曲を共有することも可能な、ソーシャルラジオなのである。

続きを全部読む