「マーク・ザッカーバーグ」にまつわる記事

FBIが「パソコンのウェブカメラを塞ぐべき」だと警告! ハッキングでアナタの全てを覗かれている可能性が!!

近頃は、しっかりとパソコンのセキュリティ対策をしていないと、ウィルスやスパイウェアなどで個人情報が漏れることも多く、油断がならないご時世になってしまった。

そんななか、FBI(米国連邦捜査局)が、「パソコンのウェブカメラを塞ぐべき」だと一般市民に警告している。なんでも、パソコンのウェブカメラをハッキングされ、アナタの全てを覗かれている可能性があるというのだ!!

続きを全部読む

【神返答】Facebook ザッカーバーグ氏がある投稿に「オタクになりなさい」と返答し話題! ネットの声「完璧な受け答えだ」

ときは2016年。かつてのオタクに対する悪いイメージは、日々払拭されつつある。豊富な探求心と好奇心、強い忍耐力で、特定の分野に深く没頭する多くの “オタク” が、素晴らしい成果を残しているからだ。

そしてこの度 Facebook の CEO マーク・ザッカーバーグさんが発した言葉が、世界中のオタクをさらに勇気づけることとなった。それは……「オタクになりなさい」という一言。どんな状況で、彼はこの言葉を発したのだろうか?

続きを全部読む

Facebook創業者のワンコが大人気!! どう見ても「モップのようなワンちゃん」がウルトラキュートなのだ!

Facebookの創業者で、20代にして世界でも指折りの大富豪となったマーク・ザッカ―バーグ氏。超リッチにもかかわらず、いつもジーンズとTシャツといったカジュアルな出で立ちな彼だが、一体どんなライフスタイルを送っているのか、気になったことはないだろうか。

そんな、ザッカーバーグ氏の飼い犬が今話題になっている。さっそく画像を見てみると……これは!? まるでモップ! 完全にモップ!! モップのような毛並を持つワンちゃんが、メチャクチャ愛くるしいと世界が注目しているのだ。

続きを全部読む

Facebookで「いいね!」以外の感情表現は可能になるのか!? ザッカーバーグ氏が「いやだね!」について言及

全世界のユーザー数が、13億人を突破したと言われるFacebook。日本でも多くの人によって利用されているが、人の投稿に対する感情表現が「いいね!」しかないことに、不満を覚えた人はいるだろうか? 

友人の “風邪を引いた” とか “ペットが死んだ” といった投稿に共感の気持ちを伝えたくても、「いいね!」は何だか違う気がして押しづらいものである。そこで、FacebookのCEO(最高経営責任者)マーク・ザッカーバーグ氏が、「いいね!」以外の感情表現について検討中であると言及している。しかし「いやだね!」については、彼なりの考えがあるようなのだ。

続きを全部読む

米セレブの間で「アイスバケツチャレンジ」が大流行! あのビル・ゲイツが氷水をかぶりまくった動画が YouTube で再生回数600万超!!

現在、米ハリウッドを中心にセレブの間で、「The Ice Bucket Challenge」というリレー式の氷水をかぶるチャレンジが大流行中なのだ! 寄付金集めのチャリティーという大義名分の元で行われているものの、各界の超大物がバケツいっぱいの氷水をザブ~ン! とかぶるシーンはなかなか見応えがある。

特にマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏の動画は見応えたっぷりで、こちらは動画「Bill Gates ALS Ice Bucket Challenge」で確認できるぞ!

続きを全部読む

億万長者になる10の条件が判明 / リスクを恐れない「ちょいワルな奴」が成功する傾向

世界の IT界を担うマイクロソフトの会長ビル・ゲイツやフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグが、大学中退者だと聞いたらビックリする人も多いのではないだろうか。しかしある調査により、億万長者になる起業家は優等生タイプではなく、彼らのように「リスクを恐れないタイプ」であることが判明し、話題となっている。

続きを全部読む

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの新たな挑戦 / 自分の手で殺した動物の肉しか食わない

Facebookの創設者マークザッカーバーグ氏(27歳)。彼が5月のはじめに発表した新たな挑戦が、インターネット上で注目を集めている。彼が掲げた挑戦というのは、食に関するものだ。それによると、彼は今後、自分の手で殺した動物の肉しか食べないという。彼は今年からベジタリアンとしての生活を始めたそうなのだが、それにより食に関する考え方も大きく変わったそうだ。

続きを全部読む

1月9日、FaceBookに関するトンでもない情報が広まり、大騒ぎとなっている。その情報とは、「3月15日をもってFaceBookが終了する」というのだ。この情報は「Weekly World News」に掲載されたもので、ニュースはまたたく間に世界中に知れ渡り、ユーザーの間で大騒ぎとなったのである。

続きを全部読む