「マンガ」にまつわる記事

やれやれ、もしも勇者が村上春樹だったらこうなる / ネットの声「すこぶる面倒くさい」「このパーティー入りたくない」

村上春樹さんには優れた点が2つある。まず、チーズがウマそうなこと、それからワインもウマそうなことだ。だが、6月にデートした女の子とはまるで話が合わなかった。僕が南極について話している時、彼女は村上春樹のことを考えていた。やれやれ……。

ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がっているという村上春樹さんは、日本を代表する小説家と言っても過言ではない。オリジナリティーにあふれた言い回しは、完全に独自の世界観を構築しており、ついつい真似したくなってしまう。そんな村上春樹さんが「もしも勇者だったら……」というマンガがネットで話題だ。

続きを全部読む

【悲報】週刊少年サンデー、瀕死状態

3大少年マンガ雑誌と言えば、ジャンプ、マガジン、サンデー。特に、マンガ雑誌全盛期だった90年代に青春を送った者ならば、この3つのどれかを手に取ったことくらいあるだろう。そんな3大少年マンガ雑誌の1角がヤヴァイことになっている。

2017年5月16日、一般社団法人日本雑誌協会「JMPA」が2017年1月から3月の雑誌の印刷部数を公開した。HPに期間と雑誌名を入力することで発行部数を検索できるこのサイト。前述の3つのデータを検索してみたところ……サンデーが……サンデーがァァァアアア

続きを全部読む

1人が好き……「内向型人間が誤解されがちなこと」を描いたマンガに共感の嵐!「外向型の人間=理想」という考えはよくない

突然だが、あなたは友達とワイワイしている時と1人でいる時ではどちらが好きだろうか。私(中澤)は圧倒的に1人が好き。友達とワイワイするのも決して嫌いではないのだが、気を使わずにすむ1人の時間を大切にしたい派だ。

そんな私を含む内向型人間が「よく誤解されがちなこと」を描いたマンガが、ネットで多くの共感を呼んでいるのでご紹介したい。

続きを全部読む

ネットで話題の「社会人の休日にありがちなこと」が共感できすぎて辛い / ネットの声「まさに今日」「おれやん」

社会人にとって休日の前日ほどテンションが上がることはない。学生時代は花金の意味が分からなかったが、今は金曜日に遊びたい気持ちが痛いほど分かる。そうでもしないと、己の中で爆発するテンションを抑えきれないのだ

それほどに嬉しい休日なのだが、実際、当日になってみると……。そんな社会人にとっての「休日あるある」を描いたマンガが現在ネットで話題になっている。これ……ワイのことやんけ

続きを全部読む

【ホントこれ】嫉妬深い人が恋人の「旅行の話」に感じがちなこと

「好き」って難しい。お互いのことをよく知らないうちは許せるけれど、仲が良くなればなるほどにちょっとしたことが気になって仕方なくなってしまうことがある。本当は逆であるべきなのに、心がそれを許さない。「好き」って本当に難しい

例えば、好きな人が Twitter などで遠出したことをつぶやいていると、「誰と!?」と気になる私(中澤)は結構やきもち焼きだ。そんな私のような人なら「あるある」とうなずけるマンガが話題となっているのでご紹介したい。本当にコレなんだよなぁ……。

続きを全部読む

今もっとも面白いマンガ「バトルスタディーズ」を読まないとか素でエグい! 元PL学園野球部の作者が描く高校野球ストーリーが熱すぎる!!

世の中に出回る大量のマンガの中で、今もっともおもしろい作品は何だろうか。『キングダム』? 『ベルセルク』? たしかに、それらのマンガは面白い。しかし、もしもあなたが『バトルスタディーズ』を読んでいないと言うのなら、それは大きな間違いを犯しているぞ。

現在「モーニング」で連載されている『バトルスタディーズ』は、DL学園という架空の高校を舞台にした高校野球マンガである。今1番面白い作品だと言っても言い過ぎではないと思うのだが、いかんせん知名度が足りていない気がするのだ。もっともっと話題になってもいいはず。ていうか、ヤバいからみんな読めよ!

続きを全部読む

【泣いた】育児の過酷さを表現したマンガに共感の嵐 / 親と赤ちゃんの関係を「恋人同士」に置き換えるとこうなる

子育ては大変だ。子供ができた途端、家庭のことで手一杯になる友達家族を見ていると、その大変さは嫌というほど伝わってくる。ノイローゼになる人もいるくらいだから生半可なものではないのだろう。だが、独身である私(中澤)は、いまいちどう大変なのかピンとこない

そんな赤ちゃんと親の関係について描かれたマンガが「まさにこの通り」と Twitter で多くの共感を呼んでいるのでご紹介したい。そのマンガとは『親と赤ちゃんの関係を恋人同士に置き換えた』場合が描かれたもの。……っていうか、こんなの泣く。泣き崩れる

続きを全部読む

父はアル中、母は新興宗教……衝撃のノンフィクションマンガ「酔うと化け物になる父がつらい」がマジで辛い!

家庭ほど機密度の高い閉じた社会はない。家庭の中で何が行われていても、外面さえ取り繕われていれば、他人が知る術なんてないのである。まして、近所付き合いが希薄になっていると言われる現代ではなおさらだ。

WEB雑誌『チャンピオンクロス』で新たに連載が開始した「酔うと化け物になる父がつらい」は、作者である菊池真理子さんの育った家庭を描いたノンフィクションエッセイマンガ。父はアル中、母は新興宗教……崩壊していく家族は「衝撃」のひと言だった。

続きを全部読む

【この手があったか】オタク女子を簡単に落とす方法 / ネットの声「私これで落ちたわ」「まさにこのまま結婚した」

私(中澤)はアニメが大好きだ。新しいクールが始まる時は、ほぼ全ての深夜アニメをチェックするのが恒例行事である。最近は、深夜アニメだけで1週間40作品を超えたりするのでマジで大変。多分アニメを見ない人からしたら私も「オタク」の部類に入るだろう。

そして、私を含むオタクの憧れの1つが、アニメやゲーム好きの彼女。1度で良いから、2次元トークができる彼女と付き合ってみたい! 現在、そんな『オタク女子を簡単に落とす方法』が描かれたマンガが Twitter で話題になっている。こ、この手があったか!!

続きを全部読む

【ゾッとする話】「玄関の鍵かけたっけ?」お風呂の最中に急に気になった女性、見に行ってみた結果

怖い話の定番と言えば霊体験だが、本当に怖いのは霊より人かもしれない。そんなことを思わされるマンガが現在ネットで話題になっている。

2017年4月6日にTwitterに投稿されたこのマンガは、作者の女性が1人暮らしをしていた頃の体験談だ。お風呂の最中に「玄関の鍵をかけたか」が急に気になりだした女性。どうしてもリラックスできないので確認に行ってみると……あれ、なんだコレ……?

続きを全部読む

「1+1はどうして2になるの?」強迫神経症になった少女を救った医師の言葉が話題 / ネットの声「良い先生」「まさに恩人!」

みんなが普通にこなしていることができない……そう焦ってしまったことはないだろうか? 私(中澤)の場合、台形の面積の計算式がそうだった。「もう俺三角形極めたわ」と余裕かましてたら先生に当てられて、教壇に立ったら黒板には見たことない図形。「なんじゃこりゃあ!?」と震えたことを覚えている。

そんな壁にぶつかり強迫神経症になってしまった少女のマンガが、現在ネットで話題だ。マンガ家・道雪 葵さんの自伝であるこのマンガ。少女がぶつかった壁は「1+1=2」。なんで「1+1」が「2」になるのか? なんで同級生は理解できるのか。焦燥感から強迫神経症になった彼女を救ったのは医師のひと言だった。

続きを全部読む

【絶体絶命】『転生したらヤムチャだった件』が公式で連載開始! ネットで絶賛の声多数「続き早く読みたい」「面白い(笑)」

あまりに見事な噛ませ犬っぷりで逆に大人気なヤムチャさん。登場作品がバトルマンガの金字塔『ドラゴンボール』だけに、そのやられっぷりも派手で「今後ヤムチャを超える噛ませキャラは出てこないだろう」と言われているとかいないとか。

もし自分がヤムチャさんに生まれ変わってしまったとしたら……そんな「ifストーリー」が楽しめるマンガ『転生したらヤムチャだった件』がネットで話題だ。次々と降りかかる文字通り「絶対絶命」の闘いに主人公は一体どう立ち向かうのか? これ普通に面白いな。

続きを全部読む

【マンガの日】この1冊を読まなきゃ人生損してる! ロケットニュース24記者が大事なことを教わったマンガまとめ

本日7月17日はマンガの日! この日は、1841年にイギリスの週刊風刺マンガ雑誌『パンチ』が創刊されたことを記念して定められたそうだ。それから175年、マンガ文化は今まさに花開いたと言ってもいいのではないだろうか?

時に笑い、時に泣き、ハッとするようなセリフで大事なことを教えてくれる……私(中澤)はそんなマンガが大好きだ! 今回は、マンガの日の特別企画として、ロケットニュース24の記者が「これを読まなきゃ人生損してる!」と激推しする1冊をまとめて紹介しよう。私たちが大事なことを教わったマンガはこれだ!!

続きを全部読む

【2016年春アニメ】JSのバイブル『12歳。』の第1話が半端なかった件 / 33歳のオッサンが胸キュンするレベル

暦は4月に突入し、次々とスタートを切る2016年春アニメ。アニメ好きである私(中澤)にとってこれほど楽しい時期はない。睡眠時間を削ってアニメを見る毎日である。

そんな今期のアニメ1話で、稲妻に打たれたような衝撃を受けたものがあったためご紹介したい。その作品の名前は『12歳。』という。少女マンガ雑誌「ちゃお」で不定期連載されているマンガが原作で、人呼んで “JS(女子小学生)のバイブル” DA!

続きを全部読む

カフェ文化の本場フランスにある『マンガ喫茶』に行ってみた / 感想「恋が始まる予感がした」

フランス・パリと言えば、カフェ文化の本場だ。街中のいたるところにカフェがあり、中にはピカソやサルトルが通っていた店まである。そんなカフェが今も現役で営業しているのだから、それだけでもパリのカフェ文化の歴史が窺い知れるというものだろう。

そのパリに、なんと “マンガ喫茶” があるらしい。そう、日本のあのマンガ喫茶だ。……一体どうなっているのか? 日本にあるマンガ喫茶とどう違うのだろう? 実際に行ってみたので、報告したい。

続きを全部読む

【マンガの日】人生で一度はガチで言ってみたいマンガのセリフ5選

本日2月9日はマンガの日。そんなマンガにとって無くてはならないのがセリフ。マンガ業界を描いた名作『バクマン。』でも、マンガにおいてセリフがいかに重要であるかが語られています。名セリフなしにはヒット作は生まれないと言っても過言ではないでしょう。

今回は、数々のマンガやアニメを見てきたわたくし、中澤星児が、人生で一度はガチで言ってみたいマンガのセリフを5つ厳選してお届けします。

続きを全部読む

【無料】いま『攻殻機動隊』の新作漫画がタダでダウンロードできるぞー!! 公安9課フルメンバー登場の「HUMAN-ERROR TRAPS」

生誕25周年を迎えた『攻殻機動隊』。新劇場版に、舞台にハリウッド版制作と何かと盛り上がりを見せているが、この2016年2月……40ページの新作漫画が無料公開されたのをご存知だろうか?

もう一度言う。「無料」、つまり0円である!! しかも読めるだけじゃないぞ。タダでダウンロードまでできちゃうのだ。マジかよ!? 素子ォォォォォッ!!!! 

続きを全部読む

プリンセス佳子さまの “萌えイラスト” がマジかわ! 描いたのはタイ人アーティスト

日本のプリンセス、秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま。“美しすぎる” と多くのメディアを賑わせているが、その美しさは海外の “萌え界” にまで波及しつつあるようだ。

なぜなら今回、タイ人アーティストが手がけた佳子さまの萌え画が発表されたのだが、うおおおお! よく似ているぞ!! どうやら佳子さまのバッチコイの可愛さは、“萌え” と相性がいいようだ。

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』ATMで潰される “スプージ” の素顔に迫る!! 日本語がペラペラ! 150冊ものマンガを日本語から英語へ翻訳

『ブレイキング・バッド』の出演俳優の素顔に迫りだしてしばらく経つが、興味深い背景を持つ人や意外なエピソードがあったりと、様々な発見があった。そんななかでも、リサーチするにあたって一番驚きだったのが、ATMマシーンで潰されて無残な死を遂げたスプージ役のデヴィッド・ユリーについてだ。

シリーズへの出演はたった2話だったが、彼の経歴があまりにもオモシロいので紹介したい。なんと、日本の大学に留学していた彼は日本語がペラペラで、アメリカから島根県に養子としてもらわれてきた “ケン・タナカ” という架空のキャラクターを作って、YouTubeに動画を投稿しているのだ!

続きを全部読む

【男子必見】マンガが大量にある男の部屋は気持ち悪い? / 本当に女子に嫌われるのか現役アイドルに聞いてみた

10代のときに「あんた部屋にマンガばっかり置いて! そんな気持ち悪い部屋だから彼女もできずずっと部屋でゴロゴロしてるんだよ! この親不孝者!」と自宅にあった大量のマンガをカーチャンに古本屋に全部売られてから、“マンガを読んでいると女子にモテない”というトラウマを抱えている佐藤記者。

そのため女性を好きになっても部屋へ呼ぶことができず、なかなか恋が愛に発展することができないことが悩み。さらに編集部にあるマンガを仕事中に読んでいるのだからタチが悪い。だが、佐藤記者が10代だったのはもう20年以上前。現代でも本当にマンガが大量にある男の部屋は気持ち悪いのか?  じつはそんなことないのではないか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3