「マッドマックス」にまつわる記事

【天才か】“10年乗り続けた愛車” を売るために超豪華な広告動画を作った男性に拍手喝采「過去最高の広告」「スズキは公式CMとして採用すべき」

サヨナラだけが人生だ。生きていれば、人とだけでなく、思い入れのある物とも決別しなければならない時もある。この度も、ある男性が “10年乗り続けた愛車” に別れを告げることになった。

俺とお前の仲はここまでだ。だが、あの輝かしい日々は決して忘れない……そんな思いを込めて、男性は愛車の広告動画を制作・公開。すると、それを見た人々から「最高の広告だ!」と拍手喝采が巻き起こったのだとか。一体どんな動画なのだろう?

続きを全部読む

カメラマンに「直筆サインが ‟ムスコ” に見える」と言われたイケメン俳優トム・ハーディが「最高!」と大喜びしながら彼をハグ

日本でも大ヒットした映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主演を張り、素晴らしい肉体を披露してくれたイケメン俳優トム・ハーディ。『レヴェナント:蘇えりし者』では、仲間を裏切る冷酷な男を演じてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、その演技力も見せつけた。

そんな彼が、ファンにサインをねだられて応じたところ、その場にいたカメラマンに「サインが ‟ムスコ” みたい」だと言われて、超大喜びしていたというのだ!!

続きを全部読む

【違和感なし】「世紀末映画のシーンを繋げて作った動画」がオリジナル作品のようで超カッチョいい! 『マッドマックス』『ターミネーター4』など

地球温暖化や核戦争の危機、連続テロや新ウィルスの誕生など、いつかやって来るかもしれない世紀末を恐れているからか、近年は世紀末を描いた映画や、ゾンビ作品が数多く製作されている。

そんななか、あるビデオエディターが、世紀末映画のワンシーンを繋げて作った動画を制作し、その出来が、超ダーク&クールなので紹介したいと思う。さすが、プロのビデオエディターが作っただけに、まるで、1本のオリジナル作品のような仕上がりになっているのだ!

続きを全部読む

マッドマックスのトム・ハーディーがディカプリオとの賭けに負けて「屈辱的なタトゥー」を入れるハメに!

最近は、日本でもファッション感覚でタトゥーを入れる人が増えているが、一度タトゥーを入れたら一生付き合うことになるため、どんなデザインに決めるかは悩むところである。

では、人が決めたデザインや言葉を、肌に刻まなければならなかったらどうだろうか!? というのも、人気ハリウッド俳優レオナルド・ディカプリオとの賭けに負けて、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主演したトム・ハーディが、屈辱的なタトゥーを入れるハメになってしまったというのである!!

続きを全部読む

【V8】コアな『マッドマックス』ファンしか来ないイベントが超ヤバイ / 開催地は米モハベ砂漠で参加条件は「世紀末コス」

映画『マッドマックス』は、妻子を暴走族に殺されたマックスが、壮絶な復讐劇を繰り広げる近未来アクションだ。その舞台設定からコスチューム、車やバイクのデザインに至るまで、数多くの作品に大きな影響を与えたシリーズである。

そして、そんな『マッドマックス』スタイルのイベントが、4日間にわたり砂漠で開催されたというので紹介したい。その超ワイルドなパーティーっぷりは、もう「V8! V8! V8!」としか言いようがないのである!!

続きを全部読む

【動画あり】映画『マッドマックス』の車両製作メーカーが開発した「パワフルな車椅子」が最強すぎる!

今、海外で日本の軽トラックが人気だという。その理由は、小型であるにもかかわらず、悪路や急な坂もグングン進んで行くほどパワフルだからだ。

そんななか、米国でも超小型でパワフルな乗り物が開発され話題を呼んでいる。今回は映画『マッドマックス』の車両製作メーカーが開発した、史上最強とも言える車椅子をご紹介したい。

続きを全部読む

【タイヤの日】マッドマックス風の「ヤマハ・トリシティ125」にブロックタイヤを履かせてみた

きょう4月8日は「タイヤの日」だ。創設したのは日本自動車タイヤ協会をはじめとする3団体で、「タイヤに関心をもってもらうことで交通安全につなげる」みたいな感じで、2000年に制定されたそうな。あらためて、愛車のタイヤについて考えよう!

ということで、クルマではないのだが、私(GO羽鳥)の愛車であるマッドマックス風に改造した三輪バイク「ヤマハ・トリシティ125」、通称『ハトリシティ』にオフロード車っぽいブロックタイヤを履かせてみたのでご紹介したい。

続きを全部読む

【V8速報】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』リバイバル凱旋ロードショー決定! 全国85デス・ロードショー劇場完全リスト

V8! V8! V8を讃えよ!! マッドマックス者(もの)にとっての2015年は、一生忘れられない “MADが目を覚ました年” になったと思う。言うまでもなく映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が最高すぎたからだ。本当に最強。いや、最狂だ!

だが! 今年2016年もMADが目を覚ましまくりのV8讃えまくり状態になりそうな朗報が飛び込んできたので、大急ぎでお伝えしたい。なんと……『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が全国の主要85劇場でリバイバル凱旋ロードショー決定とのこと!!

続きを全部読む

【本誌独占】邦題『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の「怒りのデス・ロード」を考案した男にインタビューしてみた!

V8! V8! V8を讃えよ!! マッドマックス者にとっての2015年は、一生忘れられない “MADが目を覚ました年” になったと思う。言うまでもなく映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が予想以上に最高すぎたからだ。本当に最強。いや、最狂だ!

さて、そんな『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だが、原題は『Mad Max: Fury Road』。一体全体、どこのどいつが『怒りのデス・ロード』だなんて天才的な邦題を考えたのか? というわけで……考案者にロングインタビューしてみた!!

続きを全部読む

【動画】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をゴーカート&ペイント銃で再現! 完全なるマッドっぷりに賛美の嵐!!「映画のワンシーンかよ!」

すでに「2015年、いや生涯の最高傑作だコノヤロー!」との叫び声も聞かれる大人気映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。当サイトでも GO羽鳥編集長が「100点満点中1万点」つけると豪語バイク自撮り棒などで、いかに『マッドマックス』を愛しているか表現してみせた。

そんな『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のカーチェース場面を、なんとゴーカート&ペイント銃で再現した動画が公開されたというではないか! そんな子供騙しなものを使ったら、ファンが怒るんじゃ? いえいえ、そのクオリティの高さにファンは大感激しているのだった!

続きを全部読む

【ライフハック】ショットガンを自撮り棒にしてみた

ファッションとしてショットガンを持ち歩きたいけど、「モノがモノなだけに怪しまれたら……」と不安に思っている人も多いだろう。当然である。たとえ玩具であっても街中でショットガンを構えるなんて、マッドで世紀末な世界でしか許されない。

だがしかし。ほんの少しの工夫をするだけで、たとえ東京の街中でも、何ら違和感なくショットガンを装備できる “新たな時代” が到来しつつあるので、その方法をお伝えしたい。答えは簡単、ショットガンを「自撮り棒」に改造すれば良いのである!!

続きを全部読む

【MADバイク動画】マッド羽鳥トリシティ 〜怒りのサンダーロード〜

動画制作:GO羽鳥Yoshio

ヤマハの3輪バイク「トリシティ125」をマッドマックス風にカスタムしてみた!

夜空を見上げる度に思い出さなければならないのは、いつ来るのか分からないデスでマッドな世紀末である。その世界の狂いっぷりは、つい先週に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た人であれば十二分に理解しているはずだ。

備えあれば憂いなし。トゲ付き肩パットは無論のこと、今のうちに乗り物もバトル仕様に改造しておいたほうが無難だろう。ということで……ヤマハの三輪バイク『トリシティ125』をマッドマックス風にカスタムしてみたので、夜空を見上げる度に思い出せ!

続きを全部読む

【映画レビュー】公開間近の『マッドマックス 怒りのデスロード』が想像以上に最高すぎてヤバイ / 100点満点中1万点付けても良いレベル

「好きな映画は何ですか?」と聞かれた時、迷わず『マッドマックス』と答えるほど、私(筆者)はマッドマックスを愛している。過去にロケットニュース24に掲載されたマッドマックス関連の記事をご覧いただければ、その愛の深さが分かるだろう。

そんなマッドマックスシリーズの最新作、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、いよいよ今週の土曜日、2015年6月20日に公開されるのだが、つい昨日、ひと足お先に鑑賞する機会があったので、どんなカンジだったのかをお伝えしたい。

続きを全部読む

アフリカ南部「ボツワナ共和国」のヘビメタ野郎たちが世紀末カッコイイ

アフリカの南部に「ボツワナ共和国」という国がある。北はザンビア、南は南アフリカ、西はナミビア、東はジンバブエ……に囲まれた国である。首都はハボローネ、主な輸出品はダイヤモンド、通貨は「プラ(pula)」で、言葉は主にツワナ語。どれもいまいちイメージしにくく、遠い国な印象がある。

だがしかし! 今回ご紹介する写真を見れば、ググッとボツワナという国が身近になることだろう。なにせ見ただけで「カッコイイ!」と思えるのだ。どんな写真なのかというと、ずばり、ボツワナのヘビメタ野郎たちの写真である!!

続きを全部読む

【モヒカン求む】ヤフオクに「ヒャッハー世紀末バイク」が出品中

漫画『北斗の拳』ファン、ならびに映画『マッドマックス2』のファンたちが、常日頃から意識しているのが “世紀末” だ。常識は崩壊し、血で血を洗う略奪の連続、廃墟とかした街には砂埃が舞い、武装した者だけが生き残れる世界――それが世紀末だ!!

そんな世紀末の世界で生き残るためには、頭はモヒカンで装備は肩パット、手には釘バットあたりを握っておくのが常識だが、忘れてはならないのがバイクである。もしもまだ用意できていない人がいるならば、是非ともヤフオクを要チェックだ。そう、出品されているのだ……世紀末バイクが!!

続きを全部読む

【速報】プレイステーション4の公開直後に「謎の巨大ロボットと巨大広告」がE3会場に現れたぞーッ!

米国時間2013年6月11日~13日、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大規模のゲームイベント『E3』。その開催を前に、ソニーコンピュータエンタテイメントが次世代ゲーム機「プレイステーション4」をプレスカンファレンスで初披露し大きな注目を集めている。

そしてプレイステーション4公開直後、E3の会場となる「コンベンションセンター」に謎の巨大ロボットと巨大広告が現れた。これは一体、何なんだーーーッ!?

続きを全部読む

【世紀末】海外のマッドマックスファンたちは着々とビッグスクーターもマッドマックス化しているぞ

全世界に散らばる『マッドマックス』ファンたちが夜空を見上げる度に思い出すのが、世紀末と化した砂埃舞う世界である。そして、その世界は必ずや近いうちにやってくる。頭はモヒカン。愛車の色はつや消し黒。肩パットは用意したか? 

アスファルトもボロボロだからバイクはもちろんオフ車でキマリであるが、いまだ便利さに負けてビッグスクーターに乗っているライダーも数多い。世紀末の世界では大変危険なので、すみやかに今回ご紹介するカスタマイズをしておくべきだ。

続きを全部読む

【世紀末】交通事故をきっかけに愛車をマッドマックス仕様にした男

もしも――この世に何らかの “デカイこと” が起きたとする。政治もメチャクチャ、警察も自衛隊もまったく機能しなかったとしたら……おそらくやってくるのは無法地帯の世紀末だ。全国各地で覇権争いが始まり、もはや戦国時代な状態に!

ただ、約600年前と違うのは、馬がバイク、もしくはクルマになり、武士のちょんまげがモヒカンになっていることであろう。そんな世紀末を常日頃意識しているのが、映画『マッドマックス2』の熱心なファンであるが、またひとり……世紀末に備える戦士(ウォーリア)が誕生したもようである。

男の名前はカール・ライス。彼は交通事故をきっかけに、愛車「クライスラー・セブリング」をマッドマックス仕様にすることを決意した。

続きを全部読む

【世紀末】すべてのマッドマックス2ファンに捧ぐハウツー動画「マッドマックス肩パッドの作り方」

もうすぐ夏! 夏といえば海! 今年はどんな水着を着ようか。テントやバーベキューセットなんかも用意しなきゃ! ……などとウキウキしている人たちを、「ふっ……」と、ため息をついたのち、遠い目であたたかく見守るのが真のマッドマックス2ファンであろう。

常に世紀末を意識する真のマッドマックス2ファンにとっての水着とは、もちろん鋲のついた革パンツだ。紫外線にそなえる意味でも、ホッケーマスクも付けておきたい。だがしかし、絶対に忘れてならないのが「肩パッド」である。絶対に。絶対に、だ。

もしかして。いないとは思うが……もしも、もしも! もしも、まだ肩パッドを用意していないという戦士(ウォーリア)がいるとするならば、今回ご紹介する動画を参照のうえ、迅速に準備していただきたい。その名も「How to Make a Mad Max Shoulder Pad」、意訳するなら「マッドマックス肩パッドの作り方」であるっ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2