「マサイ語」にまつわる記事

【マサイ通信】第68回:長寿の秘訣を教えるマサイ族のことわざ「アンゥィタ ミニュィ オングチニュィ ピィ〜 ビコー」の意味とは?

スパ! もうそろそろ、みんなも日常的にマー語(マサイ語)を使うようになってきたんじゃないかな? ゴー(羽鳥)なんて、しょっちゅう「オレセリ!(さようなら)」って言ってるよ。実はひそかに「マー語辞書」も更新していたりするんだぜ。

ということで今回は、おそらく日本ではどこも報じていない「マサイの諺(ことわざ)」を紹介したいと思う。日本語で表現するなら……「アンゥィタ ミニュィ オングチニュィ ピィ〜 ビコー」だな。実はこれ、「長生きの秘訣」を言ってるんだ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第52回:ビジネスマン必見! 給料アップが期待できるマサイの言葉「トパナ オームシャハ シィァケ」

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。ライオンに勝つってのは、皆が思ってる以上に難しい。オレ、いつぞやか動画でも「Not easy. Very hard(簡単じゃねえ。まじムズいから)」つったけど、まさにそれな。

つーことで、今回は新しいマー語(マサイ語)を教えたいと思う。「topana ormushaha siake(トパナ オームシャハ シィァケ)」だ。発音的に、かなり言いにくい言葉だけど、実は意味的にも “かなり言いにくい言葉” だったりする。

続きを全部読む

【マサイ通信】第38回:思わず三度見するマサイ族のお昼寝すがた

ジャンボ! ケニアの公用語・スワヒリ語での「こんにちは」だ。ご無沙汰だな。vsライオン1勝のマサイ族、それがこのオレ、戦士ルカ・サンテ(LUKA SUNTE)だ!! みんなにフルネームを名乗るのは初めてだけど、俺の名前にはSUN(太陽)がある。

日が昇ったら生活スタート、日が沈んだら床へGO。なぜなら電気がないからな! でも……たまには昼に寝たりもする。なぜなら仕事もないからな!! ……ま、いずれにしても昼寝は大事だ。そんなマサイ族の昼寝写真の中でも、珍しい1枚を紹介したい。

続きを全部読む

【保存版】ルカのマー語(マサイ語)辞書 / マサイ通信:第28回

スパ(Supa)! ルカだ。ケニア在住、マサイ族の戦士(対ライオン1勝)ルカだ。熱中症になっていないか? 脱水症になっていないか? ありがたく水を飲んでいるか? マサイの言葉で「ありがとう」は「アッシェ オレン(Ashe oleng)」だ。

てな感じで、これまで「マサイ通信」には、実は様々なマー語(マサイ語)が使われてきた。覚えているマー語もあれば、忘れているマー語もあると思う。つーことで、ここらでちょっくら、一覧表でも作ってみようと思ったんだ。そんじゃ、いくぞ!

続きを全部読む

【マサイ通信】第25回:マサイ式 “シメキリ催促” のやり方 「ライオンを追い込むがごとく」

スパ(Supa)! もう覚えたよな? マー語(マサイ語)でハローが「スパ(Supa)」なんだ。ソパ(Sopa)でもいいぞ。どっちでもいい。つーことでルカだ。野生のライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカ(Luka)だ!!

ところで……当連載「マサイ通信」の運命は、ほとんどすべてオレの相棒・ゴー(羽鳥)が握っている。ゴーが忙しかったら、“ネタの打ち合わせ” と称したチャットもできないし、記事も書いてもらえない。だからオレは、ほぼ毎日、ゴーに声をかけている。

続きを全部読む

【マサイ通信】第22回:マサイ式コーヒーの飲み方

スパ(Supa)! 久々のルカだ。ビックリしたか? 挨拶が「Sopa!」じゃなくてビックリしたか? 今まで20回以上はソパソパ言ってきたんだが、実は「スパ」のほうがマー語の発音に近いかもしれん。なので今回からは、しれっとスパでいくぞ。

細かいことは気にするな。大きな声で挨拶すれば、「スパ」でも「ソパ」でも通じるさ。どっちだって構わない。でも、コーヒーの飲み方にかんしては、オレたちマサイ族はチトうるさいぞ。ということで今回は、マサイ族のコーヒーの飲み方を教えよう。

続きを全部読む

【マサイ通信】第20回:男はエロ、マサイの戦士も全員エロ、最強の戦士はエロの中のエロ

マサイの言葉で「こんにちは」はソパ(SOPA)! 「ベリーグッド」がシダイ ナレン(Shidai Naleng)で、「どうもありがとう」がアッシェ オレン(Ashe oleng)、そしてマサイ族の戦士(vsライオン1勝)でもあるオレの名前が、ルカ(Luka)だ!!

みんなも、だんだんマー語に慣れてきたと思う。マサイ族がグッと身近になってきた頃だと思う。だから、あえて、このタイミングで覚えてほしいことがある。オレは、エロだ。ゴー(羽鳥)も、エロだ。そしてマサイ族の戦士も、一人残らずエロなんだ。

続きを全部読む