「ボブ・ディラン」にまつわる記事

【JASRAC必見】京都大学式辞の『風に吹かれて』の引用についてボブ・ディランに意見を聞いてみた

何か動けばすかさず話題となる日本の著作権管理団体・JASRAC。今回は、京都大学の式辞でボブ・ディランの名曲『風に吹かれて』の歌詞の引用に対して、著作権を主張していることが話題となっている。

だが、JASRACは「著作権料、著作権料」と言うけれど、本人はそこまで徴収してもらいたいと思っているのだろうか。というわけで、ボブ・ディランに意見を聞いてみることにした

続きを全部読む

【直撃取材】JASRACが大学式辞の歌詞引用に使用料を請求と報道 → JASRACに「ボブ・ディランにはいくら支払われるのか?」聞いてみた

ここ最近、何かと話題になる日本音楽著作権協会・JASRAC。そのJASRACが、ボブ・ディランの歌詞の一部を入学式の式辞に使用、Web上に掲載したとして、京都大学に対し使用料を請求していると京都新聞が報じた。

この報道を受け、ネット上には様々な意見が飛び交っているが、気になるのは「ボブ・ディランにいくら支払われるのか?」ということ。そこでJASRACに直接電話をして、その辺りをズバリと尋ねてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

ノーベル賞を受賞したボブ・ディランの凄さが一発でわかる13秒!『We Are the World』に見る歌の表現力

ノーベル文学賞の受賞が内定して、すっかり時の人となっているボブ・ディラン。内定発表以来、「歌詞を読まないとボブ・ディランを聞く意味がない」とか、やたらと『詩人としてのボブ・ディラン』を語る人の声が増えた気がする

確かに、今回のノーベル文学賞は歌詞が重要なウェイトを占めていることは間違いないが、個人的には「もっと凄いところがあるのでは?」と思う。そこでボブ・ディランの音楽的な凄さが誰でも1発でわかる動画をご紹介しよう。

続きを全部読む

【マジかよ】小室哲哉がボブ・ディランのノーベル文学賞を予言していた!? 2015年のツイートにある驚くべき内容とは……

世界でもっとも権威のある賞として知られているノーベル賞。毎年、作家の村上春樹さんの受賞が注目されるノーベル文学賞に、2016年はロック界のレジェンド「ボブ・ディラン」さんが輝き話題となっている。

そんなボブ・ディランさんの受賞を、何と1年前から予言していた人物がいるという。それが音楽プロデューサーの小室哲哉さん。彼がTwitter上で、ボブ・ディランさんの受賞を暗示する記述をしているのだ。

続きを全部読む

すべての音楽ファンに朗報! 聴き切れないほどのライブトラックが無料で試聴できるぞ! 急げ!

音楽を愛するすべての人に朗報だ。ライブコンサートの産みの親として知られるビル・グラハム氏の遺産が、無料でストリーミング配信されているのをご存知だろうか?

彼が制作に携わったロックミュージシャンたちのレアなコンサート音源を無料で試聴できるのだ。ジミ・ヘンドリックス、AC/DC、ジャニス・ジョップリン、ボブ・ディラン、ボブ、マーリィなど、配信されているアーティストの名を挙げると、キリがない。ロックだけでなく、ジャズやレゲエ、R&Bなどさまざまなジャンルの有名アーティストの音源が多数公開されているのだ。しかも超高音質。これがすべて無料なのである。

続きを全部読む

U2のコンサートにUFO出現 / ボブへのバースデーソング演奏中に青白い発光体が

5月24日、世界的に活躍するロックバンド「U2」が、米ソルトレークシティでコンサートを行った。この日は、シンガーのボブ・ディランの誕生日ということもあって、メンバーはボブの歌をメドレーで披露し、バースデーソングを送ったのだ。

ステージは佳境に差し掛かり、まさにハッピーバースデーを歌っている最中に、なんと上空にUFOが出現したのである。

続きを全部読む