「ヘビ」にまつわる記事

「この中からヘビが見つけられる?」というツイート画像が激ムズだと話題! すぐに発見できたら神レベル

神秘的でクールな印象があるヘビ。しかし男性の局部にパクッと噛み付いたり、薬物依存症になってしまったりと、色々な面を持っているよう。あ、そうそう、“かくれんぼ” も得意みたい!

なぜならこの度、ネット上に「ヘビが隠れている写真」が投稿され、その激ムズっぷりが話題になっているからだ。“マジでヘビなんかいるの?” と疑ってしまうほどの難しさ……あなたは見つけられるかな?

続きを全部読む

【衝撃映像】猛毒を持つ「キングコブラ」と完全密着! 心を通わせる男に世界が仰天!!

象さえ殺す。そう言われているのが、ヘビの中でも猛毒を持つキングコブラ。たった一噛みだけで20人の人間を死に至らせるとも言われており、絶対に近づいてはいけないことは周知の通りだ。……ところが!

世界は広いもので、インドネシアのスマトラ島にはキングコブラと心を通わせる男性がいるらしい。なんでも4メートルのキングコブラを自分の体に巻きつかせ、素手で取り扱ってしまうという。

続きを全部読む

【超難問クイズ】写真の中にいる「1.8mの巨大ニシキヘビ」を見つけられるかな?

コアラやカンガルー、羊などがで有名な国「オーストラリア」だが、ある危険な生物の生息地として昔から世界に知られている。それは『ヘビ』だ。

今回は、様々な場所にヘビが出没するオーストラリアならではのクイズをご紹介したい。同国のヘビ捕獲業者がFacebook上で公開した写真がクイズの題材なのだが、これが超難問! さあ、あなたは隠れたヘビを見つけれられるだろうか?

続きを全部読む

【絶句】耳のピアス穴に「ニシキヘビがつっかえちゃった」って画像がヤバイ!

ペットといえばワンコやニャンコ、ウサギやハムスターなど、小型でフワフワした動物が人気である。ところが、なかにはカメレオンやヘビなどの爬虫類を好んでペットにする人もいる。

そんななか、ある女性が飼っているニシキヘビが、耳に開けたボディピアスの穴を通り抜けようとして抜けなくなるという、あり得ない事態が起きていたというのだ!

続きを全部読む

【圧倒的強さ】セアカゴケグモは巨大ヘビと戦っても瞬時に制圧 / まるで忍者のような暗殺術

もともとその地域に生息していなかったのに、人の手によって他地域から入ってきた動物を「外来種」と呼ぶ。アメリカザリガニ、ブラックバスといったところが有名だが、数えたらキリがないほどその種類は多い。

そしてここ数年、ニュースでたびたび報道されているのがセアカゴケグモだ。海外では「死亡例」もあるほど有毒なため、絶対に触ってはいけないと注意喚起されるが、もし噛まれてしまったらどうなるのだろうか。今回はその万が一を動画「Snake Caught in Web Battles Redback Spider」と合わせてお伝えしよう。

続きを全部読む

【マジか】まるでドラゴン! ブラジルで「体長10メートル&体重400キロもあるアナコンダ」が捕獲される

ヘビや爬虫類が苦手だという人は少なくないと思うが、やはり、フワフワした毛並みで小さい動物の方が、人々の人気を集めやすいようだ。

そんな、‟アンチ爬虫類” の人にとって、鳥肌もののニュースがネットを賑わせているので、お伝えしたいと思う。なんとブラジルで、「体長10メートル&体重400キロもあるアナコンダ」が捕獲されたというのだ! もう、その見た目は、ドラゴンのようにしか見えないのである!!

続きを全部読む

【閲覧注意動画】飼っているニシキヘビと赤ちゃんを一緒に遊ばせる映像が恐ろしすぎる

世の中には様々な “癒し系動画” があるが、赤ちゃんモノとペットモノは定番の2トップと言えるだろう。そんな最強2トップによるコラボ、例えば赤ちゃんと犬が戯れる動画は、多くの人を無条件でほのぼのさせる。

しかし一方で、「ペットが赤ちゃんに危害を加えないだろうか?」「一緒に飼って大丈夫なのか?」と心配になる人もいるに違いない。特に、大型犬と赤ちゃんが急接近している映像を見ると、ヒヤヒヤしてしまう人は少なくないはず。いくら飼い主が「ウチのコは噛まないから大丈夫!」と言ってもだ。

今回紹介する動画もそんなケース。飼い主は、「絶対に安全だ!」と言いきっているのだが……その様子は、見ている人を間違いなくヒヤヒヤドキドキさせる。なぜなら、そのペットとはヘビ! 巨大なニシキヘビが室内で飼われており、赤ちゃんと一緒に遊んでいるからだ。……実際の映像「Baby Plays With Python」は、もはや閲覧注意レベルである。

続きを全部読む

「やる気が出ないなぁ〜」って時に見ると癒される動物たちの写真集

2014年も残すところあとわずか。忘年会が始まり、何かとバタバタするのがこの時期である。また、新年を迎えるにあたり、「これから仕事に追われる日々が続く……」と嘆いている人も多いのではないだろうか。

それだけに、「やる気が出ないなぁ〜」と思う人もいるはず。そこで今回は、見ているだけで癒されてしまう動物たちをご紹介したい。キュートな笑顔で微笑んでいる姿は、モチベーションをグイッと上げてくれるぞ!

続きを全部読む

【奇跡の瞬間】ニシキヘビに絡み付かれて絶体絶命の犬が死の淵から舞い戻るまでの救出劇

ニシキヘビは獲物を狙うと、胴体を巻き付け、強い力で締め上げて窒息死させる。日本ではそう見かけない光景だが、世界各地で被害情報は数多い。そしてこの度、被害があったのはインドのカルナタカ州だ。

ニシキヘビに締め上げられていた犬が助けられるまでの奇跡の救出劇が、カメラでとらえられていたのでご紹介しよう。その一部始終は動画「Dog Escapes from Deadly Python」で確認可能である!

続きを全部読む

【衝撃動画】近年まれに見る凄まじい異種格闘技戦が水上で勃発!「超巨大アナコンダ vs 現地民」

ブラジルのアマゾン川など南米に生息している巨大ヘビ・アナコンダ。人間の数倍はある大きさで、口に入るものであれば牛や豚らの家畜さえも丸呑みにしてしまう。もし見かけようものなら誰もが逃げ出す恐ろしさ……のはずなのだが……。

現地の人たちはそうではないようで、中には死闘を繰り広げる人もいる。というのも動画「WATCH: Brazilian Men Find Giant Snake In River | Giant Yellow Anaconda | Biggest Anaconda Ever Found」に一部始終が収録されているからである!

続きを全部読む

「志村うしろ!」じゃなくて「志村よこ!」っていう写真が激写される

背後から迫り来る危険に気づかないことは誰にだってある。それが何かに集中しているのであればなおさらのこと。バラエティ番組『8時だョ!全員集合』での「志村うしろ!」のように、声をかけてもらっても気づかないこともある。

そんな中、今回ご紹介する写真は、迫り来る危険を知らせてあげたいのだが、どうやって知らせればいいかわからない一枚である。「志村うしろ!」で彼は気づいてくれるのだろうか。

続きを全部読む

【衝撃動画】巨大ヘビを何匹も体にのせて行う「大蛇マッサージ」がとにかく凄い!!

日々の疲れを癒してくれるマッサージ。そんなマッサージを、あるトンデモない動物にしてもらえる動物園が存在する。その動物とは……なんと、巨大なヘビ! しかも、1匹だけではなく、何匹も体に巻き付けて行うのだ!!

大蛇マッサージの様子は、動画「Adrenaline Junkies Have Snake Massage」でも確認できるが、登場するヘビはどれも予想を遥かに越えるビッグサイズ! 爬虫類が苦手な人には拷問レベルの衝撃的な内容となっている。

続きを全部読む

【真相】タイ発の「ヘビが巨大なカメを呑み」画像が世界中で話題 → ネット上でデマだと指摘 → 報じたテレビ局が謝罪

ときとして、自分より大きな動物さえも丸呑みしてしまうヘビ。ここ数日、世界中で話題となったヘビ画像をあなたはご覧になっただろうか?

それは、タイのテレビ局が公開したという「ヘビが巨大なカメを丸呑み。しかし大きすぎてヘビもカメも死んでしまった」という画像だ。ヘビの無茶っぷりに世界が衝撃を受けているようなのだが、実はこの画像についてちょっとした騒動が起こっている。

続きを全部読む

ぎゃあぁ…蛇!? かと思ったら正体はキュウリ / おうちでカンタンにできるニョロニョロ「ヘビの作り方」

包丁1本で作り上げた、食べることができる芸術品、包丁細工。

本日みなさまにご覧いただくのは、そんな「見るものの度肝を抜く」、包丁細工技のひとつです。米マイアミ在住の日本人寿司職人、Hiro Teradaさんが手掛けた驚くべき作品、それはなんと、キュウリでできたヘビ

水の中でグネグネ動く様は、まさにヘビそのものといった印象。ちょっぴり気味が悪いけれど、これができたらホームパーティーなどで賞賛を浴びること確実。もちろんお子様ウケも、相当良いかと思われますぞ。

続きを全部読む

騙される人続出 「インドでニシキヘビに酔っ払いが丸飲みにされた」はデマとの情報!

インターネット上で、インドに関する驚くべき内容のツイートが爆発的に話題になっている。それは、酔っ払いがニシキヘビに丸飲みにされたというものだ。にわかには信じがたい話、しかしこの話題に恐れをなす人が続出しているのである。

・2~3年前から使われている画像

実はこれ、2013年11月27日に海外のTwitterユーザーが投稿した内容がきっかけになっており、日本だけでなく海外でも大騒ぎになっているのだが……デマであると指摘する人が相次いでいるのだ。なんでも2~3年前から繰り返し用いられる、使い古されたデマらしい。

続きを全部読む

【衝撃映像】体がなくても生きている!? 胴から切り離されて “頭だけになったマムシ” が自分の体に食らいつく

「生物は首を切断したらすぐ死ぬ」。確かに、人も犬も猫も首を切断したら死んでしまう。これを、当然のように思っている人も多いだろう。だが、そんな考えを覆す動画が話題となっている。

動画「Copperhead bites itself!」には、胴体と頭部を切り離されたアメリカマムシが映し出されている。首を失ってもマムシはまだ動いている。それだけでも興味深い映像だが、次の瞬間、頭部だけになったマムシが切り離された胴体に噛みついたのだ!

続きを全部読む

【グルメ】精力料理ばかり食べるとどうなるのか実際に食べてみた / 蛇! スッポン! 朝鮮人参!

精力つけてえ! 精力つけたらビンビンになるんでしょ? でも精力つく料理ってたくさんあるけど、本当に精力がつくのだろうか? 食べたらすぐにビンビンになるの!?

ということで、精力がつくといわれている料理を台湾でガッツリと食べてみたぞ! 蛇、スッポン、朝鮮人参である! しかもただの蛇やスッポン料理ではない。血液とか体液とかいろいろ飲んでみた!

続きを全部読む

【悲劇】男がトイレで用を足す → その隙にヘビに局部をパクっとやられる

「急所」とは、打ったり切られたりそこに何らかの衝撃を受けると、命にかかわる大切な部分だ。ゆえに、普段は隠し、攻撃されそうになると本能的に防御するだろう。

しかし、全く無防備な状況でふいをつかれたら……ある男性がトイレで用を足しているときに、いきなりヘビに急所をパクっとかまれてしまったという

続きを全部読む

【爬虫類グルメ】蛇はウマイのか? マズイのか? 実際に食べてみた!

歴史や習慣の変化により、昔は日本でも食卓にのぼっていたのに、今ではすっかり見られなくなった食材がある。そのうちのひとつが「蛇(ヘビ)」である。

蛇というと「気持ち悪い」、「怖い」と言う人が多いが、食材としてのヘビは「あっさりとしながらもウマミがあって美味しい」と言われている。しかも滋養強壮や美肌効果もあるらしい。効用は納得がいくとしても、「ウマイ」というのは少し信じられない。

だが、とある蛇料理屋をのぞいてみると、店はほぼ満席状態。これは期待できるかも……ということで店に入ってみた。

続きを全部読む

干支パンのヘビが超キュートで食べるのがカワイソウな件

人気のパン屋『麻布十番 モンタボー』が毎年のように作っている干支パン。その名のとおり「その年の干支」をデザインしたパンで、年始に期間限定で販売しているのだ。2013年はヘビ年ということで、蛇をデザインしたパンが作られた。

今年の干支パンはここ数年の間でも「特にデザインのデキが良い」と評判で、多くのお客さんが買っていくという。店員さんによると特に女性が多いそうだ。筆者(私)も実際にヘビパンを見てみたのだが、これは確かにカワイイ! 

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2