「プロ野球」にまつわる記事

【激怒】おい千葉ロッテ、もう1度言うぞ? 魚のマスコットが話題になって調子乗ってないよな? 勝つためのチーム作りは進んでるんだろうな?

2017年……この年は全ての千葉ロッテマリーンズファンにとって、忌まわしい記憶となることだろう。なぜならば6月13日現在、チーム打率 & 防御率はぶっちぎりのドベ! ある意味驚異の借金21! 当然断トツの最下位ィィィイイイ!! ……だからである。

ロッテファン歴23年の私(P.K.サンジュン)は、以前「交流戦の挑発ポスターなんてやってる場合じゃないだろ!」という記事を執筆した。おかげさまでロッテファンたちからは概ね賛同の声をいただいたが、もう1度だけ強く千葉ロッテに物申しておきたい……。

おい、千葉ロッテ。お前ら魚のマスコットが話題になって調子乗ってないよな? ペーニャでお茶を濁そうとしてないよな? 勝つためのチーム作りは着々と進んでるんだよな!? どうなんだ、コンチクショーめェェェエエエエ!!

続きを全部読む

【プロ野球】12球団No.1の送球スピード! ソフトバンク甲斐選手のレーザービーム集が何度見てもヤバい

現在、プロ野球はセ・パ交流戦の真っ只中。2017年もパ優勢の構図は変わらず、巨人とヤクルトが大連敗を喫したのも記憶に新しい。その一方で注目なのが首位争いだが、やはりというか層の厚いソフトバンクは「強い」の一言に尽きる。いまや、次から次へと彗星のごとく若手有望株が育つチームとなったのは周知の通りだ。

中でも成長著しいのが、捕手のレギュラーを掴み取った甲斐拓也選手だが、一体どんな選手か知らない人もいることだろう。しかし、パ・リーグTVの公開した動画を見れば一目瞭然。プロ野球ファンでなくとも、名前とプレーが脳に刷り込まれることを約束しよう。

続きを全部読む

【前代未聞】東北楽天さん、新公式キャラクターに完全体のおっさんを採用してしまう

中日のドアラ、巨人のジャビット、ヤクルトのつば九郎……などなど、プロ野球球団には公式キャラクターが存在する。試合を盛り上げるマスコットたちは球場に不可欠で、特に小さいお子様たちにとっては選手より親しみやすいに違いない。だがしかし……。

おそらく、子供が全く懐かないであろう衝撃の球団公式キャラクターが誕生したのでお知らせしたい。その名も『クロワシさん』……東北楽天ゴールデンイーグルスが採用した、普通のおじさんである。

続きを全部読む

【プロ野球】イヤな予感しかしない! これは活躍しないなっていう『変わった名前の助っ人外国人』20連発!!  5位は「レモン」

いよいよ今週末の2017年3月31日、プロ野球ペナントレースが開幕する。2016年は広島東洋カープが25年振りのリーグ制覇、パ・リーグに目を移せば “大谷翔平旋風” が吹き荒れたが、果たして今シーズンはどんなドラマが待っているのだろうか?

以前の記事でお伝えしたが、キャリアの長いプロ野球ファンになると、助っ人外国人の名前を聞いただけで「活躍しそうか? しなさそうか?」なんとなくわかるもの。今回は名前を聞いただけでイヤな予感がした『変わった名前の助っ人外国人』TOP20をお届けしよう。

続きを全部読む

【プロ野球】インパクト強すぎィィイイ! 名前だけで活躍を確信した『助っ人外国人』20連発!! 第3位は「シャーマン・オバンドー」

2017年3月31日、プロ野球ペナントレースが開幕する。期待の新人は活躍できるのか? 主力選手の調子はどうなのか? ファンはやきもきしているに違いないが、中でも気になるのが「助っ人外国人選手の実力」である。

不思議なことに、キャリアを重ねたプロ野球ファンは、名前を聞いただけで何となく「活躍できそうか? ダメそうか?」わかるもの。そこで今回は、かつて名前を聞いただけでシーズンの活躍を確信した助っ人外国人選手を、ランキング形式でお届けしたい。

続きを全部読む

【プロ野球】「オープン戦3位の呪い」2017年はオリックスに決定 / 過去10年の呪いを振り返る

2017年3月31日、いよいよプロ野球ペナントレースが開幕する。WBC効果もあり、例年以上に白熱した戦いが予想されるが、あなたは『オープン戦3位の呪い』をご存じだろうか?

簡単に言えば「オープン戦で3位だったチームは、ロクなシーズンにならない」という都市伝説だが、2017年のオープン戦3位フィニッシュはオリックス・バファローズ……。果たして呪いはオリックスに降りかかってしまうのだろうか?

続きを全部読む

【コラム】大して野球好きじゃないくせに「WBCにだけ熱中するお祭り野郎」は何なのか?

見事に決勝ラウンドに進出した、WBC日本代表こと侍ジャパン。悲願の王座奪還に向けて選手たちにはぜひとも頑張って欲しいところであるが、どうにも腑に落ちないことがある。

それは、大して野球好きじゃないくせにWBCになると、もっと言えば決勝ラウンドになると大騒ぎし始めるお祭り野郎の存在だ。彼らは一体なんのつもりなのだろうか?

続きを全部読む

【プロ野球】新助っ人外国人が “ダメっぽいな” と感じる瞬間5連発!「シュアなバッティング」「当たれば飛ぶ」など

オフシーズンであるこの時期も、プロ野球ファンはそれなりに忙しい。応援しているチームの情報収集に励み、ライバルチームの戦力分析にいそしむ。試合という現実がないため「こうすれば優勝できるハズ」と妄想できるのも、この時期ならではの楽しみ方だ。

来季をシュミレーションする上で大切なのが「新戦力」で、中でも助っ人外国人選手にかかる期待は大きい。しかし、キャリアの長いプロ野球ファンだと「あ、こいつはダメっぽいな」という助っ人の特徴がなんとなくわかるもの。今回はプロ野球ファン歴20年オーバーの記者が、その特徴を5つ挙げてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【野球ファン必見】横浜DeNAベイスターズのドキュメンタリー映画が予告の時点でめちゃ泣けそう

逃げ恥ロスに真田丸ロス、ここのところ「◯◯ロス」という表現が使われる機会が増えた。あまりにロスロスしまくっているため、みんなロスしすぎだろなんて声も聞こえてきそうだが、世間は大事なことをひとつ忘れている。そう、「野球ロス」である。

シーズン終了から約2カ月。すでに春の開幕が待ち遠しくてしょうがない人も多いのではないだろうか。そんなあと少し……あと少し待てば……という中、新年から横浜DeNAベイスターズはエンジン全開だったのでお伝えしておきたい。

続きを全部読む

【朗報】大人気の「バファローズポンタ」が契約更改! 来季続投にネットは歓喜の渦に包まれる

現在、ストーブリーグ真っ只中のプロ野球界。史上初の「FA選手3人獲得」という大補強を敢行した巨人ばかりが話題になっているが、12月22日にオリックス・バファローズの超大物がひっそりと契約更改に臨み、結果を発表した。

その大物とは、開幕後から人気急上昇……オリックスの勝敗で感情が浮き沈みまくるバファローズポンタ。LINEスタンプになるほどの人気を誇り、Twitterのフォロワーは15万人を突破。いまやオリックスにとって、必要不可欠な存在となった彼である。

続きを全部読む

【悲報】元プロ野球選手「種田仁」氏が逮捕される

プロ野球ファンに衝撃のニュースが飛び込んできたのでお知らせしたい。産経ニュースによると、岩手県警は2016年11月21日、無免許運転でスピード違反をしたとして、住所不定、元プロ野球選手で会社員の種田仁容疑者(45歳)を逮捕したという。

続きを全部読む

【プロ野球】広島の黒田博樹投手が現役引退を表明 / ネットの声「まだできる気もする」「ショック」

2016年10月18日、広島東洋カープの黒田博樹投手(41)が今季限りで現役引退することを表明した。日米通算203勝。偉大な投手がまたひとり、グラウンドに別れを告げる。

続きを全部読む

広島カープが横浜DeNAを下してCSファイナルステージを突破することをドラクエの復活の呪文は予言していた!!

2016年10月15日、プロ野球セ・リーグのCSファイナルは、広島カープが壮絶な点の取り合いの末に横浜DeNAを下し、見事日本シリーズ進出を決めた。シーズンの勢いそのままの強さだった。

このCSファイナルステージの結果を8bitの預言書としてお馴染みのドラクエの復活の呪文が当然のごとく予言していたのでご紹介したい!

続きを全部読む

【期間限定】今季限りで現役引退を表明した三浦大輔選手の写真展が開催決定

2016年9月20日、プロ野球界に衝撃が走った。ご存知の人も多いだろうが、ハマの番長の愛称で親しまれた三浦大輔選手(横浜DeNAベイスターズ)が引退を表明。偉大な選手がまたひとり、ユニフォームを脱ぐことになった。

横浜一筋25年。チームの象徴とも言える存在の引退に、球団も居ても立っても居られなかったのだろう。なんとこの度、特別に期間限定で写真展が開催されることになった。気になる詳細は次のようになっているぞ!

続きを全部読む

【動画あり】大谷翔平投手が日本最速164キロを記録 / ネットの声「化物だな」「すげえ」

ついに出た! 2016年9月13日、日本プロ野球史にその名を刻んだのは、やはり大谷翔平投手であった。時速164キロの日本記録が生まれたのは、北海道日本ハムファイターズ vs オリックス・バファローズの一戦。0−0で迎えた3回表のことである。

続きを全部読む

【祝優勝】「黒田で勝つ 広島は沸き セ・リーグ制覇」とファミコンのドラクエの復活の呪文に入力すると今年の広島カープ並に強い勇者が復活する!

2016年9月10日、プロ野球セ・リーグは広島カープが25年ぶりの優勝を果たした。黒田投手の勝利で優勝が決まったので、本拠地の広島は沸きに沸いていることだろう。

かくいう筆者も生粋のカープファン。優勝が決まった直後の黒田選手と新井選手の涙の抱擁はもらい泣きしてしまった。

このカープの優勝をドラクエの復活の呪文に入力すると、今年のカープ並みに強い勇者が復活することがわかったので紹介したい!

続きを全部読む

【動画あり】柳沢慎吾さんの「日本一長い始球式」が再び! 今年もスタジアムを爆笑の渦に包み込む

夏の風物詩にもいろいろあるが、もはや柳沢慎吾さんの始球式もそのひとつと言ってもいいだろう。なにせ今年で4年連続。8月14日、横浜DeNAベイスターズ vs 広島東洋カープの試合前に「日本一長い」と言われている始球式が帰ってきたのだ。

今回の尺は昨年の8分を超える9分間。少し長いと思う人もいるかもしれないが、そこは安心していただきたい。今年もおもしろさは健在で、その長さをまったく感じさせない名人芸となっているからである!

続きを全部読む

横浜スタジアムで一番売れている「球団オリジナル醸造ビール」が瓶で発売! 家庭で飲むことも可能に!!

夏に飲むビールはウマい。ただでさえウマいのに暑い中、喉に流し込んだら……想像するだけでもギルティだ。もし野球観戦をしながら飲もうものなら、そのウマさは倍増。特に屋外での観戦なら言うことなしである。

ファンの中には、球場でビールを飲むのが楽しみという人もいるだろうが、現在横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムで驚きの現象が起きている。なんと球団オリジナル醸造ビールが、発売から半年足らずで天下をとったというのだ!

続きを全部読む

ポケモンGOをやるDeNA・筒香選手が完全に少年 / ネットの声「かわいいいい」「ピカチュウ言うてるの笑うわ」

横浜DeNAベイスターズの4番を務める筒香選手といえば、今や日本代表する打者の一人だ。ここのところ、プロ野球史上初の3戦連続2本塁打を放つなど絶好調。もはや打席に立つだけで相手投手をビビらせている。……ところが!

グラウンドを一歩離れると、彼も24歳の若者だったようだ。なぜなら、社会現象となっている『ポケモンGO』をプレイする彼はピカチュウ探しで大興奮! その姿はどこからどう見ても少年だったのである!

続きを全部読む

【球場メシ】ヤフオクドームのサブウェイで限定発売の「サファテ選手のスペシャル肉サンド」が圧倒的ボリューム! ひとつで満足するレベルでヤバかった

シーズンも後半戦に突入し、これから優勝を懸けた戦いがさらにヒートアップするプロ野球。もちろん、その楽しみといえば現地観戦であり、球場独特の「空気」や「一体感」はシーズンの今だからこそ味わえるものだ。

そして現地の楽しみのひとつとなるのが「球場メシ」だが、福岡ソフトバンクホークスの本拠地「ヤフオク! ドーム」のサブウェイにそれはもうスゴいサンドイッチがあった。その名も「サファテ選手のスペシャル肉サンド」。実際に食べてみたところ、コレひとつで満足する一品だったのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 12