「プロレスラー」にまつわる記事

【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀喜レベルの偉業!!

また新たに日本人スポーツ選手による偉業が達成されようとしている。なんと、WWE所属のプロレスラー「中邑真輔(なかむら しんすけ)」が、業界屈指のビッグイベント・サマースラムのメインイベントに出場することが決定したのだ!

例えるならば、ヤンキースの松井秀喜がワールドシリーズに出場するようなもの、テニスの錦織圭がウィンブルドンの決勝に進むようなもの、サッカーの香川真司がチャンピオンズリーグで10番を背負うのと同レベルの快挙なのである!!

続きを全部読む

プロレスラーの曙さんがかかった「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」とは? 実はコスプレイヤー・女装家も要注意の危険な病気

元横綱の曙太郎さんが所属するプロレス団体「王道」は、2017年4月17日、曙さんが右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症にかかり、療養していることを明かした。

おそらく多くの人がこの蜂窩織炎について知らないと思う。実は私(佐藤)も2012年にこの病気にかかったことがある。一体どんな病気だったのか、自らの経験をもとに、お伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【超実力派宣言】「これがホントのプロレス総選挙2017」開催! お前ら今すぐ投票しろォォオオオ!!

2017年3月にテレビ朝日にて放送された「プロレス総選挙」は大きな話題を呼んだ。ランキングに納得できないなどの声は多かったものの、新旧プロレスファンが夢中になれるホットなトピックであったことは事実だろう。

あの興奮が冷めやらぬ中、今度はスポーツ雑誌の最高峰「Number」が、『これがホントのプロレス総選挙2017』を開催するというではないか。ホントの……プロレス総選挙だと? こりゃ絶対に投票するしかねーだろォォォオオオ!

続きを全部読む

【ネタバレあり】テレ朝『プロレス総選挙』に反響の声続々「前田と鶴田がオカダより下のハズねえだろォォオオオ!」など

2017年3月12日(正確には日付をまたいで13日)に放送された、テレビ朝日の『プロレス総選挙』が反響を呼んでいる。WBC「日本×オランダ」戦が長引いたため、約3時間遅れの放送開始となったが、この日を待ちわびたプロレスファンは多かったことだろう。

番組の内容は、現役・OBレスラー200人と、ファン1万人の投票により「史上最高のプロレスラーランキング」が決定するというもの。ところが案の定、ランキングに納得できないファンたちがネット上で雄叫びを上げているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【訃報】元プロレスラー泉田純さん死去 / ネット上では自殺説も浮上

2017年2月7日、元プロレスラーの泉田純さんが死去していたことが判明した。51歳だった。これはプロレスラー丸藤正道が自身のFacebookで明かしたもので、突然の死にファンには衝撃が走っている。

続きを全部読む

【マジかよ】長州力の「日めくり名言カレンダー」が発売決定! 何がしたいんだ、コラッ!!

プロレスファンはもちろんのこと、今や日本屈指の滑舌の悪さでお茶の間でも人気となった長州力。「ニコニコしたおじさん」というイメージをお持ちの方も多いと思うが、時折見せるギラリとした眼差しは、かつての “革命戦士” を彷彿とさせる。丸くなったとはいえ、やはり長州は長州だ。

それはさておき、長州力のチャームポイントは「滑舌の悪さ」だけではない。時として聞いているこちらがポカンとしてしまうような名言(迷言?)の数々も、プロレスファンにはお馴染みのネタである。そんな名言がなんと「日めくりカレンダー」になるというが……いったい何がしたんだ、コラ!

続きを全部読む

【訃報】“スーパーフライ” ことプロレスラー「ジミー・スヌーカ」氏が死去

また伝説がひとつ終わりを告げた。WWE公式ホームページによれば、“スーパーフライ” ことジミー・スヌーカ氏が、2017年1月15日 死去した。73歳だった。アメリカのみならず日本でも活躍したレジェンドの訃報に、ネット上には追悼の声が相次いでいる。

続きを全部読む

【成宮引退】『ザ・グレート・サスケ』の所属事務所会長が怒りの告発「週刊文春と週刊新潮は最低な雑誌かと思う」

2016年12月9日、引退を発表した元俳優の成宮寛貴さん。直筆メッセージによれば「個人のセクシャリティな部分がクローズアップされることに耐えられない」ということであったが、その直後に意味深な発言をしたのが、プロレスラーの『ザ・グレート・サスケ』である。

サスケは自身のブログに「10年程前に愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか」と投稿し、物議を醸していたのだが……。ここに来てサスケの所属事務所会長・荒井英夫氏が、週刊文春と週刊新潮を「最低な雑誌」と名指しで批判しているのだ。

続きを全部読む

【訃報】元プロレスラー「永源遥」さん死去 / 僕たちはツバ攻撃を忘れない

元プロレスラーで全日本プロレスやノアで活躍した永源遥(えいげん はるか)さんが2016年11月28日、死去した。70歳だった。プロレスラーとして強さではなく、楽しさを教えてくれた永源さん。代名詞ともいえる “ツバ攻撃” は、プロレスファンの記憶にいつもでも残ることだろう。

続きを全部読む

【特報】超大物『スティング』が11月29日の「スッキリ!!」に生出演! スティングの偉大さを改めて振り返ろう

信じられない情報が舞い込んできた。いいか、心を落ち着かせてよく聞いてくれよ……。なんとあの大物『スティング』が、2016年11月29日放送予定の日テレ系情報番組「スッキリ!!」に生出演するというのだ。……ってマジかよ! すごいぜ日テレ!!

おそらくこの世にスティングを知らない人はいないかと思うが、今回は改めてスティングの偉大さについて解説していきたい。まさに伝説ともいうべきスティングの軌跡に、きっとあなたも大興奮間違いなしである。イヤォォォオオオオッ

続きを全部読む

【ダイエット検証】おっさんが1カ月間「ハイブリッド肉体改造法」を試したらこうなった

こんにちは、こんばんは、ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。初めて買ったCDはCHA-CHAの「僕らの夢によろしく」です。つまり、おっさんです。

それはさておき……また太ってしまいました。プヨっちゃいました。これまで1カ月間毎日10キロ走ったり1カ月間の食事制限などをして来ましたが……見事にリバウンドです。

もうじき39歳という完全アラフォーの僕ですが、このままブクブク太るのは嫌です。というわけで、今回も過酷なダイエット企画を行いましたのでご覧ください。

続きを全部読む

【衝撃動画】トランプ氏、プロレスラーに必殺技を喰らってた

2016年11月9日、アメリカ大統領選で勝利し、次期大統領となることが決定したドナルド・トランプ氏。過激な発言や様々なスキャンダルのイメージが強い同氏だが、実は超一流プロレスラーの必殺技を喰らった経験があるのをご存じだろうか?

そのプロレスラーとは “ストーンコールド” ことスティーブ・オースチン。プロレスファンであれば知らない人はいない、超1流プロレスラーだ。人にはない経験をしていそうなトランプ氏だが、まさかストーンコールドの必殺技まで喰らっていたとは……!

続きを全部読む

【激震】「プロレスリング・ノア」がIT企業に身売りへ / 全盛期の活気を取り戻せるのか?

2016年11月1日、東スポこと東京スポーツが衝撃的なニュースを報じた。なんと日本屈指のプロレス団体「プロレスリング・ノア」が、IT企業「エストビー」に事業譲渡するというのだ。

詳しくは東スポをご覧いただきたいが、16年の歴史を誇るプロレス団体の身売り話にプロレスファンはざわめいている。

続きを全部読む

【激報】マサ斎藤が復活! マサ斎藤が復活! マサ斎藤が復活!

衝撃的なニュースが飛び込んできた。東京スポーツこと「東スポ」及び「東スポWEB」によると2016年12月、あの伝説のプロレスラー・マサ斎藤(74)がリングに復帰するというのだ……ってマジかよ! 詳細は東スポを参照して欲しいが、これは大事件!! 人によっては、リオ五輪・SMAP解散と並ぶビッグニュースである!

続きを全部読む

【我が娘へ】絶望的に滑舌が悪い『天龍源一郎』が屋上から感謝の気持ちを叫ぶも伝わらない件

2015年に40年以上の格闘生活に終止符を打った、元プロレスラーの天龍源一郎さん。プロレスファンには「風雲昇り龍」や「ミスタープロレス」として知られているが、今では多くの人が「日本一滑舌の悪いクルクルパーマのおじさん」と思っていることであろう。

プロレスファンとしては いささか複雑な気持ちだが、それで男・天龍源一郎の存在を知ってもらえるのであれば素直に喜ばしい。そんな天龍さんが無謀にも「屋上から感謝の気持ちを伝える動画」を公開したのでお知らせしたい。もちろん、何を言っているのかサッパリわからないぞ。

続きを全部読む

【衝撃】プロレスラー蝶野正洋の「乙女化」が始まる

かつて「極悪バタフライ」「黒のカリスマ」「黒の総帥」と呼ばれ、一時代を築いたプロレスラーの蝶野正洋さん。確かな実力に裏付けされたテクニックは超一流で、流血を辞さないラフファイトも得意としていた。

往年のプロレスファンにとっては、「蝶野 = クールなヒール(悪役)」というイメージだろうが、最近ではバラエティ番組の “ビンタ王” として、はたまた美少女アニメ『ガールズ&パンツァー』の応援大使として活躍していることはご存じの通りである。

続きを全部読む

【速報】Twitterで「#プロレスラーそんな奴いたな選手権」がトレンドを席巻中! 胸アツすぎて涙が止まらない!!

ここ数年、新日本プロレスやWWEを中心に「プロレスブームが再燃中」ともっぱらの評判だ。少し前では考えられないが、若い女性が会場に多く詰めかけているという。思春期には週刊プロレスなどの雑誌を読み漁り、いわゆる “活字プロレス” で育った世代としては本当に嬉しい限りである。だがしかし……。

これはプロ野球にもいえることだが、プロレスの楽しみ方はライブ、つまり今の試合だけではない。これまで積み重なった歴史を振り返ったとき、当時の記憶や興奮を鮮明に呼び起こすことも大きな楽しみ方のひとつなのだ。

続きを全部読む

【ブチギレ】眠眠打破の公式キャラに「キレがない!」と激怒し「ゆるキャラプロデューサー」になろうとした結果

世の中にあふれるさまざまな「キャラクター」たち。今日もどこかで誕生しては静かに消えていく……。そんな弱肉強食の掟の中、2015年に誕生しジワジワと人気が広まりつつあるのが、ご存じ「眠眠打破」から誕生した『みんみん3兄弟』である。

テレビCMなどでご存じの方も多いとは思うが、『みんみん3兄弟』が踊る “24時間パッチリ体操” は「キレがいい」と評判らしい。だが、そのダンスを見て激怒する一人の男がいたのだ。彼の名前は佐藤英典。当サイトのベテラン記者である。

続きを全部読む

【激怒】「ガチ(笑)」「カウント2.9(笑)」とプロレスを馬鹿にしてるヤツに『プロレスラーの逆水平チョップ』を食らわせたらこうなった

総合、ボクシング、グレイシー柔術……。世の中には数々の格闘技が存在するが「どれが一番強いのか?」は、永遠に答えが出ないロマンあふれる謎である。ただ、いちプロレスファンとしては声を大にしてこう言いたい……「プロレスこそ最強である!」と。

以前の記事で、当編集部きってのプロレスファン、GO羽鳥とわたくしP.K.サンジュンは、DDTプロレスリング「樋口和貞」選手の逆水平チョップを受けさせてもらった。その衝撃は例えるなら “水爆弾” のようで、「マジでプロレスラーってすげえ!」と再認識した次第だ。だがしかし……。そんな2人をあざ笑う、1人の記者がいたのである。

続きを全部読む

【朗報】元プロレスラー「スタン・ハンセン」氏のWWE殿堂入りが決定! ハンセントリビュート動画4連発!!

“不沈艦” の異名を持つ元プロレスラー、スタン・ハンセン氏(66歳)のWWE殿堂入りが決定した。これはWWEが現地時間2016年3月21日に発表したもので、殿堂入り記念セレモニーはテキサス州ダラスのアメリカンエアラインズ・センターで行われるという。

日本では、おそらく「外国人プロレスラー」として史上最高の知名度を誇るハンセン氏だが、母国アメリカで成功したとは言い難い。それだけに今回の殿堂入りは、本人はもちろんのこと日本のハンセンファンも感慨深いことだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5