「プライバシー」にまつわる記事

【疑問】本人の承諾なしに『守護霊』に個人的なことを聞くのは「プライバシーの侵害」ではないのか? 弁護士に尋ねた

近年、個人情報の取り扱いが厳しくなっている。住所氏名はもちろんのこと、生年月日や勤務先やクレジット番号などなど、慎重に扱われるべき情報はたくさんある。

もし仮にこれらの情報を、本人の承諾なしに守護霊に聞き出したら、どうなるのだろうか? やはりプライバシーを侵害したことになるのだろうか? 気になったので、弁護士に尋ねてみた。結構勝手に守護霊に話しかける人がいるからね、気になるでしょ?

続きを全部読む

【なぜ?】警察が「盗まれた羊達」の顔にボカシを入れて公開

誰のプライバシーも保護されるべきだし、守られるべき境界線を越えて、他人にドカドカと土足で踏み込まれるような真似をされたら、やはり良い気はしないものだ。

それは、縄張り意識がある動物も同じことなのかもしれないが、ある警察が、「盗まれた羊達」の顔にボカシを入れて公開して話題になっているのだ。そんな警察の意図が、なかなかユーモアなので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【疑問】LINEの会話・画像の流出はプライバシーの侵害にならないのか? 弁護士に聞いてみた

ベッキーさんの不倫騒動は一向に収束する気配がない。2016年1月7日発売の週刊文春に第一報が掲載された後、お相手川谷絵音さんとのLINEのやり取りが明るみになり、さらに1月28日発売の同誌最新号では、2人の会話の一部が掲載された。

相次ぐLINE会話の流出。一体誰がどうやって流出させたのだろうか? 古いiPhoneでアカウント同期すると、会話を監視できる可能性があるようなのだが、それにも増して気になるのは、プライバシーの侵害にならないのか? 法律の専門家に意見を求めた。

続きを全部読む

リアルタイムに位置情報がわかる「LINE HERE」が高性能すぎてゾッとする

今や、利用していない人を探す方が難しいほど、圧倒的なシェア率を誇るLINE(ライン)。「LINEが無くなったらマジ困る!」という人は多いことだろう。

つい先日、そんなLINEから新サービスが提供開始された。それが『LINE HERE』だ。一言でいえば「リアルタイム位置情報共有サービス」なのだが、これがマジで高性能! 使いようによってはにゾッとするような、とんでもない可能性を秘めているのだ。

続きを全部読む

若者がFacebookをやめる5つの理由 「他人の楽しそうな生活と比べて不安になるから」など

近頃の若者たちは、Facebookにツイッター、LINEなどのソーシャルメディアを駆使して大忙しだ。やり始めたらハマってしまうとも言われるFacebookだが、いっぽうで更新や投稿がしんどくなる “Facebook疲れ” と呼ばれる症状を訴える人も急増しているのだという。

そこで「若者たちがFacebookをやめる5つの理由」が、ある調査により明らかになったので紹介したい。もしかしたら、あなたも同じ理由でFacebookをやめる日が来るかもしれない。

続きを全部読む

【まんが】海外でひきこもっている奴がドミトリーに泊まったらこうなる

海外旅行に行ったとき、宿代を安く済ませたいなら「安宿」に泊まるのが鉄則だ。東南アジアであれば、一泊3〜6ドル程度でトイレ・シャワー付きの個室が借りられることだろう。だが! もっと安く抑えたいなら「共同トイレ」の個室となる。だが! もっと安く抑えたいなら……ドミトリーだ。

ドミトリーとは、ずばり共同部屋のことを指す。デカい部屋に2段ベッドが並んでいたりする、プライバシーゼロの空間だ。そんなドミトリーに「海外ひきこもり野郎」が泊まったらどうなるのか。今回ご紹介するマンガを読めば、よく分かる!

続きを全部読む

CIAが情報収集体制を強化する方針を発表「世界中の全情報を集め永遠に管理する!」

ドラマなどでもお馴染みのアメリカの情報機関「CIA(アメリカ中央情報局)」。CIAが世界中のTwitterやFacebookの投稿を日々監視していることはロケットニュース24でもお伝えしたが、その情報収集がさらに強化されるようだ。

なんと、CIAの最高技術者イラ・ハント氏が「世界中で増え続けている携帯メールからTwitter、動画といったあらゆる情報の全てを入手したいと考えている」と発言したのだ。実際に、CIAは6億ドル(約570億円)をかけて、アマゾンとクラウドコンピュータの契約をするなど、着々と情報収集体制を整える動きを見せている。

続きを全部読む

Google「新プライバシー・ポリシー」が不安なら今すぐ「ウェブ履歴」を削除するべきッ!

2012年3月1日より、Googleはプライバシー・ポリシーを刷新し、60以上のサービスで統一する。これに先立って、アメリカの権利団体「電子フロンティア財団」(EFF)は、不安に感じる方はウェブ履歴を削除した方が良いとすすめている。その方法は以下の通りだ。

続きを全部読む

あなたは顔出しOK? SNSのプロフィール画像「顔出し率」は女性約36%に対し、男性は約19%

TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)を利用していて、女性が自分の顔写真をプロフィール画像として使っているのは、よく見たことがあると思うが、男性がそうしているのはあまり見たことがないだろう。

それもそのはず、SNSで自分の顔写真をプロフィール画像にしている女性は35.6パーセントいるのに対し、男性は19.4パーセントと少なめで、自分の顔写真をSNSで使うことに抵抗を感じている男性が多いのだ。

続きを全部読む

通りすがりの他人が「あなたの個人情報を知っている」時代がくる / Facebookに顔写真は危険?

電車の同じ車両に乗っている知らない人が、あなたの名前や職業だけでなく「きのう何していたか」まで知っていたら……? 急速に開発が進む顔認識技術により、街を歩いているだけで、第三者や政府機関に自分の身元を割り出されてしまうかもしれない。

Facebook写真とウェブカメラの画像を比較するソフトウェアを使えば、顔の一致・不一致をわずか3秒ほどで見分けられる。カーネギーメロン大学の研究者アレッサンドロ・アキスティ氏が、ITセキュリティイベント『ブラックハットUSA 2011』で発表した。

続きを全部読む

あらゆる街角の様子を、デスクトップで見ることができる「Googleストリートビュー」。行ってみたい街を調べるときなどにとても便利なサービスだが、一方でプライバシーの侵害や犯罪の誘発などといったデメリットがあることが、ことあるごとに指摘されている。

そんな中で、ある意味起きてしかるべき、と思えるような事件がイギリスで発生した。Googleストリートビュー用の画像を撮影する車が、犯罪の増加を恐れる住民たちによって阻止されたのだ。 続きを全部読む