「フェイスブック」にまつわる記事

【話題のクイズ】あなたは見つけられるか?「カーペットに隠されたスマホ」を探せ!

突然だが、2016年7月12日現在、Facebook上で約14万のリアクションと約1万9000のシェアという驚異の数字を更新している、話題のクイズをご存知だろうか?

そのクイズは「カーペットの上に置かれたスマホを見つける」という単純なもの。しかしこれが意外と奥が深く、簡単に見つけられる人もいれば、いつまでも見つけられないという人もいるようだ。それでは以下で、問題をご覧いただこう。

続きを全部読む

【保存版】超簡単! スマホで「キレイな料理の写真」を撮る方法

スマホユーザーにはすっかりお馴染みとなった、FacebookやInstagramなどの画像投稿型SNS。その中でも投稿内容の定番といえば、やはり料理の写真ではないだろうか。

そこで今回は、カフェやレストランで料理の写真をキレイに撮るためのポイントをお伝えしたい。特別な道具は必要無し! いくつかのポイントを意識するだけで驚くほどキレイな写真が撮れるようになるかもしれないぞ!!

続きを全部読む

【疑問】ツイッターやインスタグラムで「フォロー返し」しようとした場合「相手が非公開」だったらみんなどうしてる?

もはや普段の生活に欠かすことができないSNS。全員が全員とは言わないが、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)などのアカウントを、1つくらい持っている人は多いことだろう。

筆者も上記3つのアカウントを持っているのだが、最近ちょっと困った……というほど大袈裟なことではないものの、「どうしたらいいんだろ?」 と思っていることがある。それは『フォロー返ししようとしたら、相手が非公開の場合』の対応についてだ。

続きを全部読む

【敗北】まんまとツイッターを乗っ取られたでござる / わずか9分間で177レイバン

「自分だけは大丈夫」人間誰しもそう思うもの。はい、私も思っていました……つい昨日までは! 迷惑メール評論家の顔を持つロケットニュース24のGO羽鳥編集長が、これまで再三「乗っ取りに気を付けよう!」「マメにパスワードを変えよう!」と警笛を鳴らしていたにもかかわらず、まんまとやられてしまいまいた……あのレイバンに。

その威力は凄まじく、乗っ取られた9分の間に「177回のレイバンツイート」を吐き出すという無双っぷり。今思えば、実は前日から予兆はあったのだ……注意喚起と懺悔の意味を込めて、みなさんにご報告したい。

続きを全部読む

凍った湖の上で動けなくなったシカ御一行を発見! ホバークラフトで行われた救出作業の一部始終にじーん

米ミネソタ州、アルバート・リー湖。

厳しい寒さによりスケートリンクのように凍ってしまった湖のその上に、ぽつんと茶色の塊が。近づいてよ~く見てみると、その正体はなんと、野生のシカではありませんか! 

非常事態の一部始終を、『ABC 6 News』がフェイスブックを通じて報道したのが、昨年12月1日のこと。この時点でシカはすでに2日も氷の上にいたそうで、夜ニュースを知ったJames Kenisonさん親子は翌朝すぐ、自身が所有するホバークラフトを持参し湖へと救出に向かいました。その全貌を、海外サイト『BuzzFeed』が報じています。

続きを全部読む

Facebook「弊社でお客様のアカウントを調査したところ不正アクセスがあったと考えられます」

先日、突然 Facebook にアクセスできなくなった。Facebook から「何者かがあなたの Facebookアカウントにアクセスした可能性があります」とメールで連絡が届き、セキュリティコードの発行やパスポート情報の送信など、けっこう手間がかかる手続きをしてアカウントを復活させた。

・不正アクセスがあったと考えられます

そのときのようすは以前に『Facebook に不正アクセスをされたら面倒なことになった』という記事でお伝えしたので、そちらをお読みいただきたい。

その後、また Facebook から連絡がきた。あれから不正アクセスの調査をしたらしく、「〇〇様、弊社でお客様のアカウントを調査したところ、不正アクセスがあったと考えられます」と伝えてきたのだ。前回は「不正アクセスした可能性があります」だったのに、今回はほぼ断定した言い方をしている。

続きを全部読む

【マジかよ速報】Facebookに不正アクセスをされたら面倒なことになった

筆者(私)は Facebook をノートパソコンと iPhone で使用している。寝る前まで普通に使用し、翌朝になって iPhone からアクセスしようとしたら「不正アクセスされたかもしれない」的なメッセージが表示された。

・まだ問題が解決していないことがわかった

「何者かがアカウントにアクセスした可能性があります」というタイトルのメールがFacebookから届いており、Facebookを使うには確認のため SMS でセキュリティーコードを送る必要があるとのことなので、そのまま進めてパスワードを変更し、やっとログインできた。しかしここで、まだ問題が解決していないことがわかった。

続きを全部読む

【緊急】マジで今すぐ Facebook をチェック! もしかしたら「その他」に大量の未読メッセージがあるかもしれないぞ!!

緊急指令! 緊急指令! 今すぐ Facebook をチェックせよ! 通常はメッセージが届くと「受信箱」に入り、メッセージが届いていることが画面上に表示される。しかし! 受信箱に入らず「その他」フォルダに入っていることがあるのだ!

続きを全部読む

専門家「独身女性は Facebook を辞めるべき」  幸せな投稿を見ると嫉妬心で健康を害すから

すっかり人々の生活の一部となったFacebookだが、実際にやっていると便利なようで、実は様々な難点があることに気づき始めた人がいるのではないだろうか。そう、知りたくもない情報が入ってくることが多いのだ。特に独身女性にとっては「女友達の幸せな投稿を見ると嫉妬心でつらくなり健康によくない」と専門家が意見しているというのである。

続きを全部読む

成功にSNSは必要なし!?  米国トップ企業CEOの大半がSNSを使っていないことが判明

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、友人との交流だけでなくビジネスシーンでも利用されることが多い。個人でアカウントを持っている企業家もおり、たとえば、ソフトバンクモバイルの孫正義社長や、楽天の三木谷浩史社長のTwitter は、投稿から人柄も垣間見ることができ何かと注目されている。

しかし、米国トップ企業の CEO にとっては少し状況が違うらしい。「成功者」の代名詞でもある彼らは、SNS をほとんど使っていないようなのだ。意外と知られていなかったCEO たちのSNS 利用状況が判明し話題となっている。

続きを全部読む

高学歴者の方がフェイスブック上の恋愛関係で嫉妬深いことが判明

今ではすっかり人々の生活に浸透したフェイスブック。もしフェイスブックが原因で恋人の嫉妬を買ってしまったことがあったとしたら、相手は高学歴なのではないだろうか。ある調査により、高学歴の人の方がフェイスブック上の恋愛関係に嫉妬深いことが明らかになったのだ。

続きを全部読む

世界中のフェイスブックユーザーに自分の似顔絵を描いてもらおう! ちょっぴりプレッシャーな新ウェブサービス『Selfless Portraits』

フェイスブックユーザーの方なら誰しも、プロフィール画像という存在をご存知のことと思います。

要はコレ、自分を紹介するための写真なわけなのですが、本日みなさまにご紹介するのは、「その写真を利用して他のユーザーに似顔絵を描いてもらおう!」というサービス『Selfless Portraits』です。

続きを全部読む

ミャンマーに行ったら『facebook』という服屋があった / 徹底して『facebook』化した店内

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンに取材に行った際、おもしろい店を発見した。なんと店名が『facebook』という服屋があったのである。しかもかなり力を入れて徹底的にお店を『facebook』化。

単に店名や看板を『facebook』にしただけではない。値札も、タグも、商品を入れる袋も、何から何まで『facebook』。もちろん店員の制服(?)も『facebook』である。

続きを全部読む

【インスタグラム騒動まとめ】Instagram運営「みんなの写真を事業や広告に使うかも」 ユーザー「フリー素材になるのイヤだ退会する!」→ それは少し誤解

人気の画像共有サイト「Instagram」が大炎上している。あらゆる情報が錯綜しており、ユーザーから退会を検討する声も続出しているのだ。その理由は、利用規約とプライバシーポリシー改定だ。

■写真をInstagramおよびFacebookが使用できる
今回の改定により「ユーザーがInstagramにアップした写真データをInstagramおよびFacebookが使用できる」という新たなルールができたのである。「おいおい! 勝手に写真使われちゃうの?」と、ユーザーたちは不安を覚えている。その改定に関する詳細は以下のとおり

続きを全部読む

Facebookにガレージセールの広告を出してみたらメチャいっぱい人が来て1日で80万円も儲かっちゃった男

すっかりSNSの代表格として浸透した感のあるFacebook。日々の出来事や写真を友達と共有したり、イベントに招待したりと、活用方法は様々だ。

アメリカではFacebook広告を見事に活用したある一人の男が注目を浴びている。彼は実家に眠っていたヴィンテージレコードを処分するためにガレージセールを企画。Facebook広告で宣伝したところ、お客がわんさか集まり、なんと一日で1万ドル(約80万円)も稼いだという。

続きを全部読む

【おもわず笑顔になる話】3歳の女の子の手紙がきっかけで大手スーパーがパンの名前を変更することに

昨年5月。イギリスに住む3歳半のリリー・ロビンソンちゃんは「タイガー(トラ)パン」という名前のパンを目の前に、ふと疑問をいだく。「あれ? これ、トラさんににてない。キリンさんのほうににてるわ!」

この思いを伝えるべく、このパンを売る大手スーパーマーケット、セインズベリーに手紙を書くことにした。お母さんの手伝いを借りて、なんとか手紙を書いた。「どうしてタイガーパンというなまえなのですか? これはキリンパンにすべきです。 あいをこめて リリー  とし 3 1/2」

その2週間後、リリーちゃんにスーパーから返事がきた。そのやりとりが大きな反響を呼び、物事が展開していくことになる。

続きを全部読む

Facebook「タイムライン機能」の秀逸カバー写真20選

モーレツな勢いで日本でもユーザーが増加しているFacebook。昨年末には新しいプロフィール機能「タイムライン機能」も登場。そのユーザーの動きが時系列で分かりやすく表示されるので、「ふむふむ、なるほど」とついつい見入ってしまったりもする。

そんなタイムライン機能を導入していると、画面上部に横長のパノラマ写真的なカバー写真を入れることができる。別にパノラマ写真でなくとも、あとで調整できるのだが、そんなカバー写真を上手に使った作品例が海外サイトに数点アップされていたのでご紹介したい。

続きを全部読む

あなたの社会生活をダメにするもの 「1981年」 VS「 2011年」

フェイスブックやツイッターに代表される「ソーシャルメディア」。FBやツイッターによる情報を介してイギリスで広まった記憶にも新しい先月の暴動や、日本でもツイッター上で芸能人のプライベートな行動を漏らしたり、民間企業による不謹慎な発言が問題視されるなど、ソーシャルメディアが社会に及ぼす影響は計り知れません。

それもこれも、個人がソーシャルメディアに依存しているから。欧米はもちろん、東南アジアの各メディアでも「フェースブック中毒」に関する特集が組まれるなど、ソーシャルメディア依存は世界でも問題視されるところとなっています。

海外サイト「9GAG.com」では、社会生活をダメにするものベスト3を30年前の1981年と2011年現在で対比させたチャートを掲載しているのでご紹介したいと思います。

続きを全部読む

闇の勢力と戦う民主党議員が世紀末すぎるつぶやき「秘孔を突くと人工地震が起きて恐ろしい事になる」

以前から3月11日の東日本大震災は、アメリカの気象兵器による「人工地震」という説をTwitterで延々と唱えている民主党議員「梶川ゆきこ」氏が、更にとんでもないツイートをしているとネット上で話題になっている。

彼女の説によるとミャンマー、スマトラ島、中国四川省大地震、日本での大地震は気象兵器によるものとの事だが、今回はなんと、岩盤の「激震孔」と呼ばれる秘孔を突くだけで、人工的に地震が起こせるというとあるツイッターユーザーのつぶやきをリツイートし、自身のフォロワー達へ警鐘を鳴らしているのだ。

そのあまりに世紀末すぎるつぶやきの内容は以下の通り。

続きを全部読む