「ピンク」にまつわる記事

10歳の娘が髪をピンクに染めても反対しない母親 / 多くの人が納得した深い理由とは

髪を染めている子供を見たら、人はどう思うだろう? 試しに “子供 髪 染める” でググってみたら「親のエゴ」「子供の健康を害するからダメ」「バカな親だなと思う」など、多くの否定的な意見があがっていた。

しかし今回ご紹介する母親は、そんな世の否定的な意見もなんのその。娘が髪をピンク色に染めても全く反対しないというのだ。その理由がネット上に投稿されたところ、納得する人も続出。一体どのような理由なのだろうか?

続きを全部読む

【すでに死者50人】ネットで密かに売られている「ヘロインの7倍も強力な合成ドラッグ」に注意喚起 / 名前は「ピンク」「ピンキー」「U-47700」など

日本では、元女優の高樹沙耶容疑者が大麻所持で逮捕されたとのニュースが大きく取り上げられていた。一方で海外では、「ヘロインより700パーセントも強力な合成ドラッグ」がネットで売買されていると注意喚起され、大きな話題となっている。

すでに多数の死者を出しているとのことで、これを読んだら「むやみに違法薬物に手を出してはいけない」ということが、よ~く分かるのではないだろうか。

続きを全部読む

【マジか】世にも珍しいピンクのバッタが激写される! 「日焼けしたのでは!?」とのヘンテコ説が囁かれているらしい

2016年の夏は猛暑が続き、8月の終わりを迎えても、各地では真夏日が続いていたようである。海や山へ出かけて、すっかり日焼けしてしまったという人は大勢いるだろうが、どうやら、それは人間だけではないようである。

なんでも、世にも珍しいピンクのバッタが激写されたというのだが、「もしかしたら日焼けしたのかも!?」なんて、ヘンテコな説が囁かれているらしいのだ!

続きを全部読む

たった一晩で町の郵便ポストが「ピンク色」に → 住民困惑 → でも理由を聞いて納得

むか〜しむかし、ある所に『マジカル頭脳パワー!!』というテレビ番組があったそうじゃ。板東英二さんが司会を務めたこの番組は、日本人の心をつかんで離さず、特に連想ゲーム「マジカルバナナ」が大人気だったそうな。

このマジカルバナナは、「マジカル◯◯」と始め「◯◯と言ったら、××」と、前の人の言葉を受けて連想した物を挙げていくルールだ。例えば、「マジカルポスト」で始まれば、「ポストと言ったら、赤い」とつなげれば OK。日本のポストは、だいたい赤いからね! でも今回ある町のポストたちが、一晩でピンク色になってしまったというのだ!! 一体なぜ?

続きを全部読む

【2016年福袋特集】可愛すぎィィィィ!!『Afternoon Tea(アフタヌーンティー)』の福袋(5000円)の中身が大当たり級に乙女全開で思わず叫んだ

カワイイ警報発令!! 激カワイイ警報発令!!! 花柄・ピンク大好きな乙女たちに告ぐ……! アフタヌーンティーの福袋の中身が可愛すぎるぞーーーーーーー!!!!!!!!!! こんなに可愛いとは……。この中身、私DEBUNEKOだったら通常価格でも買うぞ。それくらいに可愛い。何度も言うが、とにかく可愛い!!

アフタヌーンティーはその名の通り、“午後のティータイム” の演出をお手伝いしてくれる雑貨屋さんとして、女性を中心に人気のお店。ヨーロッパの日常をモチーフにしていることもあり、グッズは小花柄や淡い色調のオシャレなものばかり。そんなアフタヌーンティーの福袋を開封した瞬間、私は歓喜の悲鳴をあげた

続きを全部読む

ファンタジーの世界にいそうなピンク色のイルカが話題!! 「見たら幸せになれる」とも言われるピンキーがカワいいぞ!

愛くるしい顔をして人懐っこい性格のイルカは、それだけでも十分かわいいが、もしピンク色だったらもっとカワいいのではないだろうか?

そんな、おとぎ話やファンタジーの世界でしか登場しなそうな、ピンク色をしたイルカが話題になっているので紹介したい。生きた化石とも言われるピンクのイルカを見かけたら、幸運が訪れるという話もあるらしいぞ!

続きを全部読む

【中国ケンタッキー】毒々しい色で話題!! 真ッピンクな『ローズ味バーガー』を食べてみた → 感想「見た目と全然違う味」

ケンタッキーフライドチキン(KFC)と言えば、サクサクジューシィなフライドチキンだ。だがしかし!! 2015年夏、中国KFCで、そのイメージを覆すとんでもない商品が爆誕したと話題になっている。毒々しいまでに鮮やかなピンク色のハンバーガーが登場したのだ!

何でもバラをイメージし、バラ風味だというピンクバーガー。あまりの衝撃カラーに発売早々、世界で物議を醸しているが、一体どんな味の食べ物なのだろう? 中国に行って実際に食べてみた

続きを全部読む

同僚のイタズラで「入院中にピンクの女性用下着を着せられた」男性が訴訟を起こす! 精神的トラウマになって失職したことが理由

人間それなりの年月を生きていれば、人にイタズラをしたこともあればされたこともあるだろう。イタズラというぐらいなので、ほとんとの場合がたわいもない内容だろうか、人によっては深刻に受け止めてしまうこともある。

そんな冗談半分のイタズラに深く傷ついてしまった人がいる。入院中にピンクの女性用下着を着せられてしまった男性が、精神的トラウマになっと訴え、訴訟問題に発展してしまったというのだ!

続きを全部読む

タイの「ピンクのカオマンガイ」が初上陸! ピンク日本代表の “あの人” の格好で行列に並んでみた!!

タイのカオマンガイ専門店『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』が、日本に初上陸した。同店は、従業員さんがピンクのポロシャツを着ていることで、通称「ピンクのカオマンガイ」として知られる、タイきっての超有名店である。

いわば、“ピンク・タイ代表” がやってきたことになる……。ならばこちらも、“ピンク・日本代表” がお迎えするしかねえだろうよっ! ピンク日本代表といえば、林家ぺー師匠以外に考えられない!! というわけで林家ペー師匠の格好で、行列に並んで食べてきたぞ!

続きを全部読む

醸しだされるスゴい迫力!! ヒトラーからスターリンまで有名こわもてオジサマによるまさかのピンク系コーデ!

街行く人が冬の装いになると、明るい色が恋しくなってきますよね。実際、キャンディーのようなピンク色が、この秋冬のトレンドカラーなんですって。うん、着たい、着た~い! 

でも、ピンクって、かわいらしいイメージが強いだけに、筆者のように三十路も半ばとなると、手が出しにくい色なのも事実。店頭で、「この色、私が着ても許されると思います?」なんて店員さんがいかにも困りそうな問いかけをしたくなってしまうこともしばしば……。読者のみなさまも、こんな風に弱気になってしまうことはありませんか~?

「人の目なんて気にするな!! 着たい色を着ればいい!!」 そう勇気づけてくれるのは、フロリダ在住のアーティスト、Scott Scheidlyさんの作品に登場するコワモテおじさまたち。ソ連と周辺国をえらいことにしたスターリンさんやパパのあとを継いで えらい国をえらい形で運営したキムさんなどが、キュートでファンシーなピンク系コーデに身を包む!! なんだそりゃ!

続きを全部読む

【感動秘話】ピンクの「チュチュ」を着て世界中で写真を撮りまくる変なおじさん!? 彼が妻に与えたかったもの

写真家のボブ・ケアリーは、世界中のいたる所に、変な格好で訪れて自分の写真を撮る。米ワシントンのリンカーン記念館や独ベルリンのブランデンブルク門などへ行って、写真を撮るのだ。

問題はその格好。彼はバレリーナが着用する、ピンクのチュチュだけをまとって、上半身丸裸で珍妙なポーズをとる。ボブは若くもなく、イケメンでもない。どこにでもいるようなデブのおじさんである。一見するとただのヘンタイおじさんだ。実は彼は、愛する妻のためにこの営みを続けてきたのである。

続きを全部読む

【遠隔操作ウイルス】事件に巻き込まれた猫と再会したい / やせ細った猫と再会

2013年1月5日、遠隔操作ウイルスの作者らしき人物から挑戦状メールが送信された。その情報によると、江の島の野良猫の首輪に情報が記録されたチップをつけたという。すぐさまロケットニュース24編集部の記者は江の島に向かった。

・ついにあの猫と再会
そこで記者が猫を発見し、写真と動画の撮影に成功。その動画には、警察が首輪を取るシーンも映されている。首輪は回収され、猫はそのまま解放された。……その後、記者はその猫に再会すべく2回ほど江の島に出向いたが、会うことができなかった。しかし3回目、ついにあの猫と再会できたのだ。

続きを全部読む

【衝撃事実】47都道府県「勝負下着」の色が判明 / 高知・徳島の女性は特殊な下着を着けているッ!

ラブコスメティックを販売している「エルシー」が、下着に関する驚くべき調査結果を発表しているのでお伝えしたい。同社が2012年4月に、全国1137人の女性を対象に調査したところ、勝負下着として着用する色は「ピンク」が大半を占めた。ところが四国の高知・徳島県だけは白や黒など一般的な色は該当せず、「そのほか(柄ものなど)」という回答が得られたのである。つまりこの二県の女性は特殊な下着をつけるということかッ? いったい何色の下着をつけていらっしゃるの?

続きを全部読む

家も、家具も、服も、自分も、そして犬も全部ピンク。そんなピンク大好き熟女(46歳)が欧米で話題を集めています。そんなピンク生活をしているのはキティー・ケイさん。カリフォルニア州に住む彼女の家は、完璧なるまでにすべてがピンク一色なのです。

彼女は25年前から無性にピンクの魅力に取りつかれ、ピンクの中で生活をしたくなったといいます。いいえ、「したくなった」というより「しなくちゃいけない!」というピンクの魅力に魅了されてしまったのです。それからというもの、家だけでなく服や家具や装飾品、そして自分やペットの犬までもピンクに。

続きを全部読む