「ピコ太郎」にまつわる記事

【大ヒットの予感】ピコ太郎の新曲『I LIKE OJ』が公開からわずか数日で再生数バク伸び中!

2016年夏の大ブレイクからノリにノッている男・ピコ太郎。2017年に入ってもテレビで見ない日はなく、まだまだ勢いはとどまることを知らない。そんな彼が、今年ついに始動した。

1月7日、YouTubeの公式チャンネルで新曲『I LIKE OJ』が公開されると、瞬く間に世界で再生されまくり。またしても、大ヒットの予感がする事態となっているから大変だ! 一体、どんな曲なのか。そして「OJ」とは何なのだろうか。

続きを全部読む

2017年元旦さだまさしが完全和風な『PPAP』を突然公開! ファン「さださん何やってんすか!?」「じわるw」

2016年は、ピコ太郎の『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)』が世界を席巻した。一躍時の人となった彼は、年末年始のテレビ番組に引っ張りだこ。テレビCMにもバンバン起用されていて、正直ちょっと見飽きた感がある。

そんななか、あの大御所歌手がなぜか突然YouTubeに新しいバージョンの『PPAP』を公開した。その歌手とは、さだまさしさんである。一体なぜ、さださんがPPAPを!? しかも完全和風の渋いアレンジなのだ。

続きを全部読む

【ピコ太郎】マリオランに刺客現る!? 片手で遊べる「PPAPゲーム」登場! LINEがあればプレイ可能!!

な、なんとスーパーマリオランが大ヒット中のスマホゲーム界に新たな刺客がやってきた。それは……ピコ太郎の公式ゲーム「PPAP THE GAME」である!

ダウンロード不要で課金なし、さらには片手で遊べてルールもわかりやすいというからこれはやってみるしかない!! 今回はスーパーマリオランを超えるヒット作になる……かもしれない、そんなピコ太郎の公式ゲームについてご紹介しよう。

続きを全部読む

【アグレッシブ】黒柳徹子さん、ついにPPAPにまで手を出しあそばれる

長寿番組『徹子の部屋』の司会をはじめ、女優やエッセイストなど様々な顔を持つ大物タレント・黒柳徹子さん。黒柳さんといえば、2016年夏からインスタグラム(Instagram)を開始し、個性あふれる画像を投稿することでも知られている。

そんな黒柳さんが、なんと世界中を席巻するアーティスト・ピコ太郎とまさかのコラボ! 『PPAP』を踊る動画を公開し、ネット上で「黒柳さんがかわいすぎる」と話題になっているのだ。豪華共演キターーッ!!

続きを全部読む

【新曲】ピコ太郎が『PLLP(ペンレモンレモンペン)』を公開! ザテレビジョンとのコラボ企画だぞォォオオ!!

2016年、最もブレイクしたアーティスト? の1人が、千葉県出身のシンガーソングライター「ピコ太郎」氏である。ご存じPPAPは12月9日現在、累計再生回数1億回目前と、日本のみならず世界的にもその名が知られるようになった。

今やメディアに引っ張りだこ、超多忙なピコ太郎氏であるが、12月7日にテレビ情報誌「ザテレビジョン」とコラボし『PLLP(ペンレモンレモンペン)』なる新曲を公開したのでお知らせしたい。

続きを全部読む

『Yahoo!検索大賞2016』が発表! 大賞「ディーン・フジオカ」さん、アニメ部門「おそ松さん」、そして流行語はあの言葉

1年間でもっとも検索数が急上昇した人物、製品、作品などを表彰する「Yahoo! 検索大賞2016」。検索数での選出のため、今世間が本当に注目していることがダイレクトに反映される。そして2016年12月7日、同賞が発表されたのでお伝えしたい。

受賞結果を見てみると、大賞に「DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)」さん、アニメ部門には「おそ松さん」と納得の名前が並ぶ。そんな中で、流行語大賞を受賞したのは、やっぱり “あの言葉” だった!

続きを全部読む

【逃げ恥】PPAPを強要される「ピコハラ」に続き、恋ダンスにまつわる『恋ダンスハラスメント』通称 “恋ハラ” が増殖中!

2016年も残すところあと約3週間。世間は忘年会シーズンに突入だ。その忘年会について、ネット上でちょっとした話題になっているのが、上司にピコ太郎のPPAPを強要されるピコ太郎ハラスメント・通称「ピコハラ」である。

確かに1人でPPAPをやらされるのはお恥ずかしい……気持ちはよくわかる。そして「ピコハラ」に次いで増殖の気配があるのが、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でお馴染みの「恋ダンス」にまつわるハラスメント、通称『恋ハラ』だ。調べてみると『恋ハラ』には、どうやら2種類のパターンがあるらしい……。

続きを全部読む

羽生結弦の『PPAP』と『逃げ恥ダンス』がかわいすぎると話題 / ネットの声「過呼吸おこしそう」「世界が救われる」

2016年11月25日から27日にかけて行われたフィギュアスケートNHK杯。結果はご存知の通り、オリンピック・金メダリストの羽生結弦選手が今季世界最高の301.47点を叩き出し、2年連続3回目の優勝を飾った。

この優勝で「GPファイナル」の出場権を獲得。今から前人未到の4連覇が期待されるところだが、ネットでは試合のこと以上に「羽生結弦がかわいすぎる」と話題になっている。なぜなら、羽生選手が全世界でフィーバーを巻き起こした『PPAP』、さらには人気ドラマ『逃げ恥』の「恋ダンス」も披露していたのである!

続きを全部読む

【動画あり】ピコ太郎の新曲『二文字目ミステイク』が大ヒットするも賛否両論

2016年12月31日放送の「第67回NHK紅白歌合戦」に出場する見込みと報じられているピコ太郎。流行語大賞にも『PPAP(ペンパイナッポー アッポーペン)』がノミネートされるなど、その勢いは止まるところを知らない。

そんなピコ太郎が、早くも新作動画を公開したのでお伝えしたい。公式YouTubeで見られる新作タイトルは『二文字目(ふたもじめ)ミステイク』。またしても独特な世界観が展開され、一度聞いたらクセになる仕上がりになっているぞ。

続きを全部読む

【かわいすぎ】ピコ太郎がCanCamの美人モデルたちと共演して『CCCPダンス』を披露

ピコ太郎の旋風が止まらない。流行語大賞の候補に「PPAP(ペンパイナッポー アッポーペン)」が名を連ねたかと思えば、大晦日の紅白歌合戦にも企画枠で出場する見込みとまだまだ絶好調だ。

ピコ太郎が動けば世界が動く。まさにそんな現象が起きているが、新たなコラボが “かわいすぎる” と騒ぎになっている。なんと女性誌『CanCam』とのコラボが実現! ピコ太郎と美人モデルたちが「CCCPダンス」を披露しているのである!!

続きを全部読む

ピコ太郎が “世界的大物” と共演!『セサミストリート』のエルモ&クッキーモンスターとの「コラボ動画」が激カワと大・人・気!!

快進撃が止まらないピコ太郎。この度も「どこまで行くんだ、ピコ太郎!」と叫ばずにいられない事態が起こった。なんとあの “世界的大物” と共演し、『PPAP(ペンパイナッポー アッポーペン)』をコラボしたというのだ。

その大物とは……『セサミストリート』の2大巨頭エルモ&クッキーモンスター!! 公開されるやいなや、ネット上でもその激カワっぷりが話題になっている。

続きを全部読む

【知ってた?】ピコ太郎が「PPAP」以外に発表している曲まとめ / 注目は「KASHITE KUDASAIYO(貸して下さいよ)」だ!

国内外問わず、大ブームを巻き起こしているピコ太郎の『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』。動画は公開から約3カ月で 8500万回以上も視聴されており、間違いなく2016年を代表するアーティストの一人と言えるだろう。

そんなピコ太郎の新曲『ネオ・サングラス』は以前の記事でお伝えしたが、他に4曲ものオリジナル曲があるのをご存知だろうか? 公式YouTubeで確認できるのだが、一体どんな作品なのか。まとめてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【ピコ太郎】ついに『PPAP』がトランプ次期米大統領の孫までも夢中にさせる

日本のみならず世界でも大フィーバーを巻き起こしているピコ太郎の『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』。アメリカビルボードチャート77位にランクインしたかと思えば、ギネスに認定……さらにはYouTubeの再生回数8000万回超とその勢いはまだまだ止まらない。

日本ではマッハの勢いでカフェまで作られたが、さらなる異常事態が起きている。な、ななな、なんと! お次はトランプ次期米大統領の孫までも夢中にさせてしまっているのである!!

続きを全部読む

【泣き歌化】ピコ太郎の『PPAP』をクリスマスカバーする強者が登場! ガチすぎて逆に本家より面白い件

YouTube の再生回数8000万回オーバー、アメリカビルボードチャート77位にランクインするなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのピコ太郎。私(中澤)は公開当初から、『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』の何が面白いのかずっとわからない。

だが、そんな私が笑ってしまったのが『PPAP』のクリスマスカバーである。「オ~オ~ペンパイナッポアッポーぺェ~~ン」と、イケメンが切なそうに歌い上げる姿が印象的なこの動画。タイトルの最後には「泣き歌・クリスマスソング」と書かれているが、ガチすぎて本家より面白くなってる気がするんですが……。

続きを全部読む

【動画あり】PPAPに続けるか? ピコ太郎の新曲「ネオ・サングラス」が再生回数1100万回を突破

2016年、PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)を引っさげ彗星のように現れたピコ太郎。PPAPの再生回数は8000万回オーバー、アメリカビルボードチャートにもランクインするなど、その勢いはとどまるところを知らない。

そんなピコ太郎は、歌手なのか芸人なのかイマイチわからないところがあるが、歌手として見た場合、大切なのは “ネクスト曲” である。実は10月6日公開されたPPAPに次ぐ新曲『ネオ・サングラス』が、ひっそりと再生回数1100万回を突破していることをご存じだろうか?

続きを全部読む

今すぐやってみろ! Siriに「ペンパイナッポーアッポーペン」と話しかけると衝撃の対応をしてくれると判明!!

iPhoneに搭載されている音声認識型のアシスタント機能アプリ「Siri」。どんな言葉にも対応し、様々な要望にも応えてくれるスグレモノの機能だが……。

なんと、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」と話しかけると……多用な返答をしてくれるのである! 流行にも敏感とはさすがSiri! さあ、いますぐ試してみよう!!

続きを全部読む

古坂大魔王が1年前にブログで『ピコ太郎』の成功を暗示していた!?「単独でもやったキャラ…本格的に始動しようとしてます!」

世界的にブレイクし、歌番組などへの出演も果たしたピコ太郎。いうまでもなく、彼は『ペン・パイナッポー・アッポー・ペン(PPAP)』で脚光を浴び、東京スカイツリーに期間限定でカフェまでオープンするに至った。ゆるキャラがブレイクした場合でも、これほどのスピード感で物事は展開しない。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍である。

そのピコ太郎本人ではないか? と噂されているタレントの古坂大魔王のブログに注目が集まっている。彼は1年前の投稿で、リズムネタを考察すると共に、文末にある宣言をしていたのだ。まさか1年以上前から、ピコ太郎ブレイクを狙っていたのか!?

続きを全部読む

【マジかよ】デスノートの死神リュークが踊る「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が公開! 無駄にクオリティ高すぎてヤベェェェエエ!!

日本のみならず、世界を席巻をしているピコ太郎の『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』。ビルボード全米100入りした「もっとも短い曲」としてギネス認定もされ、おそらく2016年の流行語大賞にもノミネート確実だろう。

そんなPPAPを漫画「デスノート」に登場する死神・リュークが踊る動画が、YouTubeに投稿され話題になっている。映像では、ピコ太郎の振り付けや腰つきなどを完璧に再現していて、驚きのクオリティだ。まさか死神まで魅了するとは……PPAP旋風おそるべし!!

続きを全部読む

【ピコ太郎公式】ペン・パイナッポー・アッポー・ペン(PPAP)カフェが期間限定オープン! リンゴとパイナップルが乗っただけのメニューがズラリ!!

ビルボード全米100入りした曲のなかで、もっとも短い曲としてギネス認定された『Pen – Pineapple – Apple – Pen』。そのアーティスト、ピコ太郎さんの公式カフェが期間限定でオープンした。

日本だけでなく世界的にブレイクしたとはいえ、カフェまでできてしまうとは、アーティストとしては極めて異例。まるでゆるキャラのような扱いではないか! とにかくオープンしたばかりのPPAP CAFEに行ってみたぞ!!

続きを全部読む

【閲覧注意】インド版『ペンパイナッポーアッポーペン』がハイセンスすぎてヤバいと話題

現在、世界中で旋風を巻き起こしているピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』。あのジャスティン・ビーバーが絶賛ツイートをして一気に拡散されると、日本でも老若男女を問わずに知られるほど大フィーバー。もはや知らない人はいないレベルだろう。

そして YouTube でも閲覧回数世界1位を獲得したことで真似をする人が後を絶たない状況が続いているが、インドのとある動画が話題となっている。そう、インド版『PPAP』が秀逸すぎてヤバいことになっているのである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2