「パチモン」にまつわる記事

【中国】ニンテンドークラシックミニの収録タイトルを1本のカセットにぶち込んだ30in1ファミコンカセットが登場!!

2016年はレトロゲーム界隈が盛り上がるニュースが多かった。特にニンテンドークラシックミニ、いわゆる「ミニファミコン」の登場はお茶の間にも浸透したニュースであろう。

中国では早速海賊版本体が出ていたが、それよりも中国らしいアイテムを発見したので紹介したい! それはミニファミコンに収録されているゲームを1本のファミコンカセットにぶち込んだ30in1カセットだ!!

続きを全部読む

【中国】ニンテンドークラシックミニの海賊版がマッハで登場! なんと収録タイトル数は400本!

2016年11月10日にニンテンドークラシックミニ、いわゆるミニファミコンが発売された。ファミリーコンピューター本体のサイズがミニサイズになっており、懐かしのタイトルが30本収録されているアツいアイテムだ。

品切れ続出で定価の倍近くで転売されていることも問題となっているこの人気商品。なんと中国では発売日の翌日に海賊版が登場していたのである! しかも本家の10倍以上の収録タイトルという鬼畜っぷりなのだ!

続きを全部読む

【裏】任天堂のミニファミコンこと『ニンテンドークラシックミニ』発売の3日前に「手のひらサイズの海賊版ファミコン」を売った男が逮捕されていた

ついに本日2016年11月10日、手のひらサイズのミニファミコンこと「ニンテンドークラシックミニ」が任天堂から発売された。価格は税別5980円で、スーパーマリオはもちろんのこと、名作『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』や『つっぱり大相撲』など、マニア納得の厳選30タイトルが内蔵されているのが特徴。そんななか……

産経新聞や毎日新聞などによると、つい3日前の11月7日、中国から仕入れた「手のひらサイズの海賊版ファミコン」をネットで100個くらい売っていた男(51)が著作権法違反で逮捕されていたというのだ! ちなみに価格は2999円だったとのこと。

続きを全部読む

【中国】あの “パチモンGO” がひっそりタイトル変更していた / パチモンを卒業か

いま世界でもっとも有名なゲーム『ポケモンGO』! 爆発的なブームは落ち着いたかのように見えるが、その一連の流れを指をくわえて見るしかなかった国がある。ご近所で言えば、韓国、そして中国である。

そんな心を慰めるかのように、俗に “パチモンGO” と呼ばれる類似アプリがいくつか確認されている。そんなパチモンGOと呼ばれるなかで最初期にリリースされたモノが、こっそりタイトル変更。“パチモン” の称号を返上しようとしているようだ。

続きを全部読む

【これは許した】中国新種の “パチモンGO” が楽しげと話題! 世界が許すレベルの脱力クオリティ『山海経GO』!!

各国を席巻中の『ポケモンGO』! 日本でも配信され、世界的ブームにやっと波乗りピカチュウだ!! だが、よく見渡すとこの旋風を切なく指をくわえて見るしかない国がある。そのひとつが中国だ。

現地では、お金をつんで外国ユーザーからアカウントを購入するか、VPN で何とかするか、もしくはパチモンに甘んじるしかない絶望が続いている。そんななか、中国で新手の “パチモンGO” が発見されたというのだが、これは……!! なんという脱力クオリティ。しかし、なんだか楽しそうと話題になっているのだ!

続きを全部読む

めちゃくちゃ簡単にウソだと見破ることができるニセモノ18選

近年は「パクリ大国」である中国でも減少していると言われているニセモノ、別の名をパチモン。以前はまばたきする間にパクリが発生するほど、他国の追随を許さなかった中国の衰退は予想外だが、ニセモノ業者は絶滅したかというとそうではない。

まだ確実に生息しており、あの手この手で再起を狙っているはず……。たとえば今回ご紹介する18枚の写真を見てもそれがわかる。めちゃくちゃ簡単に見破れるが、ニセモノを作り出す人間たちの涙の結晶がそこにはあるぞ!

続きを全部読む

中国で激写された『サクラ大戦』が「間違っていないけどかなりおかしい」と話題

1996年にセガサターン用ゲームソフトとして発売された『サクラ大戦』。ゲームの続編だけでなくアニメや舞台化と、誕生から15年以上経った今でも多くのファンに愛されている作品だ。

海外でもアジアを中心に人気の同作だが、中国で激写されたという『サクラ大戦』のDVDがおかしいと話題になっている。パッケージに描かれた5人のキャラクターに統一感がない。それもそのはず。なんと人気アニメの「サクラちゃん」を5人集めてみたという壮大なジャケットなのである!

続きを全部読む