「バミューダトライアングル」にまつわる記事

バミューダトライアングルは「世界の股間」説 / 股間の画像いっぱい☆ 誰の股間か分かるかな?

世の中には、私たちの知らない記念日がまだまだたくさんあるようだ。例えば、本日12月5日が『バミューダトライアングルの日』とされていることを、一体どれだけの人が知っていただろうか?

もし仮に知っていた人がいたとしても、「そもそも何をしていいか分からない」という人がほとんどだろう。そこで……だ。私(筆者)は思うのだが……股間をじっくり見てはどうだろうか。

続きを全部読む

【ざっくり解説】船が “突然消える” 魔の三角海域「バミューダトライアングル」とは何なのか?

今日12月5日は何の日かご存知だろうか? 何を隠そう本日は、飛行機や船が突然消えてしまうなど、数々の怪奇現象が起きると言われている海域「バミューダトライアングルの日」なのだ。

そこで今回は映画やテレビ、そして小説などにも度々登場している、このバミューダトライアングルとはいったい何なのか、そしてどんな伝説が語り継がれているのかを、ざっくり解説していきたい。

続きを全部読む

世界最大のミステリー「魔のバミューダ海域」の謎がついに解明!? 原因は海底にある “アレ” らしい……

そこを通過した船や飛行機が忽然(こつぜん)と消息を絶つ、あるいは乗員のみが姿を消してしまう……。こんなゾッとするエピソードが満載で、昔から「魔の海域」と恐れられているのが、かの有名な「バミューダ海域」である。

数々の映画や小説、漫画の題材にもなってきたバミューダ海域だが、なんでも最近、その謎を解明し得るかもしれない重要な発見があったようだ。人々に恐怖を与えてきた世界最大のミステリーの1つに、ついに終止符が打たれるのだろうか……!?

続きを全部読む

【衝撃映像】マジか!? バミューダトライアングルの海底に水中都市の跡が発見される!

空を飛んでいた飛行機や海上を進んでいた船が “突然消えてしまう” 伝説の三角地帯、それがバミューダ海域にある通称「バミューダトライアングル」である。なぜ消えてしまうのかについては、ブラックホール説や宇宙人による誘拐説、時空が歪んでいるための「タイムスリップ説」など、諸説ささやかれているが真偽の程は定かではない。

そんななか……カナダの科学者夫妻がロボット潜水艇を使いバミューダトライアングルの海底を調査していたところ、キューバの海岸近くの海底にて古代の巨大都市と思われる遺跡を発見したという。水深700メートルに眠っていたものは、ピラミッドにスフィンクス、文字の刻まれた建物などなど!

続きを全部読む

フロリダ半島の先端、大西洋にあるプエルトリコ、そしてバミューダ諸島を結んだ三角形の海域を「バミューダトライアングル」という。この海域では遭難事故が多く、別名「魔の三角地帯」としても有名だ。

1945年にアメリカ海軍TBMアヴェンジャー雷撃機(フライト19)が突然消息を絶ったのはあまりにも有名である。昔から船や航空機、もしくは、その乗務員のみが、まるでブラックホールに吸い込まれるかのごとく、こつ然と姿を消してしまうという噂があるのだ。

続きを全部読む