「バイク」にまつわる記事

【気分爽快】バイクで海上を爆走する動画が見ているだけで超気持ちイイ!

映画「007」のバイクアクションから、凱旋門の上からの危険なジャンプまで、幅広いシーンで活躍する人気スタントライダーが「ロビー・マディソン(Robbie Maddison)」だ。

2015年には、カスタムバイクで世界で最も危険と言われるサーフポイントの巨大な波に乗り、世界中の注目を浴びたマディソン。しかし、それだけでは飽き足らず、今度は別の海で新たな3つの記録を打ち立てたというのだ。

続きを全部読む

【神業動画】思わず二度見! ロードバイクで「仮面ライダー乗り」をした選手が集団後方からまさかの白熱デッドヒートを演出!!

圧倒的なスピードで疾走し、順位を競うスポーツといえば「ロードレース」。バイクのタイヤやハンドルを見てわかるように、いかに空気抵抗を少なくして速く走れるか。そこに重点が置かれているのは説明するまでもないだろう。

まさに極限状態とも言える状況でレースは行われるのだが、常軌を逸した乗り方をした選手が海外で話題だ。なんとシートの上に腹を乗せてスーパーマンのようになって運転! いわゆる「仮面ライダー乗り」をしてしまったという。

続きを全部読む

【マサイ通信】第61回:マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その12

スパ(SUPA)! ルカだ。マサイ族のルカだ。オレは最近、本気だぞ。ロケットニュース24のライターって仕事(副業)に対して、ちょっと本気を出し始めたぞ。ライターっつーか写真家みたいなことになっちまってるけど、本気でやろうと。

ということで今回お伝えしたいのは、恒例の企画「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作だ。

続きを全部読む

【ガチャ】これは凄い!「ホンダスーパーカブコレクション」が鬼燃費すぎる天才クオリティ!!

パワフルなのに燃費最高、日本のみならず今なお世界中で活躍する小型オートバイが「ホンダスーパーカブ」である。その誕生は1958年というから、半世紀以上に渡り世界中の高度成長期を支え続けてきた “鬼燃費マシン” といえるだろう。

そんなスーパーカブが、1 / 32スケールのガチャガチャとなって登場した。それがアオシマの『ホンダスーパーカブコレクション』である。今回は全6種類をアオシマからお借りしたので、余すことなくその全貌をご覧に入れたい。

続きを全部読む

【動画あり】9万円のインド製110ccバイク「ホンダ・NAVI」が日本で人気沸騰中! その理由とは!?

今や中国を追い抜き世界最大のバイク王国となった、インド。そんなインドで製造・販売されているホンダのバイクが日本に平行輸入され、一部のバイクファンから人気を博しているという。

人気のバイクの名前は「NAVI(ナビ)」だ。これは、インドの「Honda Motorcycle&Scooter India」が2016年に同国で販売を開始した製品。もちろん、現時点(2017年2月17日)での日本での正規販売は行われていない。

続きを全部読む

【衝撃映像】インド国境警備隊の「バイクスタント」がハイレベルすぎィィイイ! 中国雑技団がマッハで土下座するレベル!!

突然だが、1月26日はインド人にとって重要な祝日「インドの共和国記念日」だということをご存知だろうか? この日になると同国では至るところで祭典が開かれ、世界中から観光客が詰めかけるという。

そんな中、祭典で毎年注目を集めているのが、インド国境警備隊のバイクスタントだ。今回は驚くほどハイレベルなそのスタントの様子を動画と併せてご紹介したい。

続きを全部読む

【奇跡の生還】急ブレーキを踏んだ車にバイクが衝突 → 大破するもライダーは車に飛び移って無傷

猛スピードで走っている車が急ブレーキをかけ、後ろからバイクが衝突……そう聞けば、誰もが「死亡事故」と思うだろう。それもそのはず、バイクは頭部以外が守られていないため、事故を起こそうものなら一大事。十中八九で命に関わるからだ。

ただ、この世の中には普通の物差しで計れないこともある。例えば今回ご紹介する動画「Motorcycle wrecks into car, winds up sitting on trunk」がそう。交通事故を起こしたにもかかわらず、無傷で「奇跡の生還」をすることだって起こりうるのだ。

続きを全部読む

バイクレース最年少世界王者 “マルク・マルケス” の「雪山を爆走する動画」が超カッコイイ!

モータースポーツファンの方ならご存知の方も多いかと思うが、スペイン出身の「マルク・マルケス(Marc Márquez Alenta)」は今、世界で注目を集めるバイクレーサーのひとりである。

5歳頃からバイクに乗り始め、20歳を迎えた2013年にはロードレースの最高峰「MotoGP」で史上最年少優勝を飾ったマルク・マルケス。今回ご紹介するのは、そんな若き王者がレーシングマシンでスキー場を爆走する動画だ。

続きを全部読む

車用のタイヤを使った自転車が超インパクト大! 思わず『ダークナイト』のバットポッドを連想しちゃうチャリンコが話題

最近ではエコな生活を目指して、車ではなく自転車に乗る人が世界的に増えているようだ。なかには、カスタムメイドでカッコ良く仕上げた自転車に乗る人もいるが、な、なんと、車のタイヤを使用した超~ゴッツい見た目のチャリンコを作ってしまった人が、ネットで注目を集めている。

パっと見が、映画『ダークナイト』に登場するバットマン愛用のバットポッドのチャリンコ版といった趣で、なかなかクールなのである!

続きを全部読む

爆走しながらウィリーにジャックナイフ! 世界的バイクメーカー「KTM」の新作プロモーション動画が超カッコイイ!!

オフロードバイク界で、その名を知らぬ人はいないほど有名な老舗バイクメーカーが「KTM」だ。ここ数年は、オフロードのみならずオンロードモデルも意欲的に発表している同社。多くのモータースポーツファンから一目置かれるバイクメーカーである。

今回はそんなKTMのラインナップの中でも、街乗りやツーリングに適した「DUKE(デューク)」シリーズの新作動画をご紹介したい。爆走しながら技を繰り出すライダーの超絶テクニックとマシンの驚異的な性能を、ぜひご覧あれ。

続きを全部読む

【待ってた】ホンダがついに “倒れない” バイク「Honda Riding Assist」を初公開!

2017年1月5日から米ラスベガスで開催されている大規模な最新テクノロジーの祭典「CES2017」で、日本が誇る乗り物メーカー「ホンダ」が夢の機能を搭載したバイクを初公開した。

そのバイクの名前は「Honda Riding Assist」である。これは同社がASIMOなどで培った独自のバランス制御技術を応用したもので、ライダーが乗っているいないにかかわらず、なんと倒れずに自立するというのだ。

続きを全部読む

【動画多数】2016年に公開し「度肝を抜かれた乗り物」5連発!

たくさんの出来事があった2016年。筆者(K.ナガハシ)は、グルメや芸能ニュース、新型ガジェットの紹介やスピーカーの音質検証などなど、様々なジャンルに渡って記事を執筆してきた。

その中でも今回は、今年筆者が書いた “乗り物” の記事にフォーカスを当て、印象に残っているものを5つご紹介したい。記事を振り返るとインパクトの強い乗り物がたくさん登場していて、本当にどれにしようか悩んだが、なんとか選出してみたのでご覧いただけると幸いだ。

続きを全部読む

【怖すぎ冤罪】警察の「ウソ調書」によって大麻取締法違反で逮捕された事件についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

いま日本は薬物がらみの事件に関心が集まっているが、大麻関連の事件も地味に多い。自分には関係のない話……と思うなかれ。なんら大麻にゆかりのない誰しもが、突然「大麻取締法違反」で逮捕される可能性があるという事件を今回は紹介したい。

毎日新聞や神奈川新聞によると、大麻取締法違反(所持)の罪で逮捕・起訴された男性(25)が、2016年12月12日の判決で無罪になる可能性が高いという。一体なぜ無罪になりそうなのか? そのあたりを、毎度おなじみのアノ人に聞いてみよう!

続きを全部読む

【マサイ通信】第43回:マサイ族のバイク事情 / ケニアの荒れ地はスカイゴー125

スパ(Supa)! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。月末なので飛ばしていくぞ。突然だけど、バイクは危険だ。事故ったら死ぬから飛ばしちゃダメだ。だけどバイクは最高だ。なにより便利だし、気持ち良いからな。

みんなはバイクに乗ってるか? オレたちは乗っている。日本のサムライが馬に乗っていたように、オレたちマサイの戦士は、ときにバイクに乗ったりする。ということで今回は、知られざるマサイのバイク事情をお伝えしたい。日本のバイカー必見だ!!

続きを全部読む

【欲しい】シンガポール発「1時間の充電で60km走れる超小型電動バイク」が日本先行発売へ

駐車スペースが確保しやすく維持費も安い、手軽で便利な乗り物がバイクだ。長距離のツーリングのみならず、ちょっとした距離の移動にも重宝されているバイクだが、その中でもさらに短距離での使用に最適な製品が発表されたのでご紹介したい。

シンガポールを拠点とする企業「Vanda Electrics」が発表したのは、全長約1メートルの超小型電動バイク『Motochimp』だ。なんと世界に先駆けて、まず日本で販売を開始する予定だという。

続きを全部読む

【動画あり】こりゃスゲぇ! BMWから “カーボン使いまくり” のレーシングバイク「HP4 RACE」が登場!!

イタリアのミラノで2016年11月8~13日、世界最大級の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー「EICMA」が開催された。

今回は、世界中のマシンが集うEICMAの中でもひときわ注目を集めたバイクをご紹介したい。そのバイクはBMWが満を持して発表した “カーボン使いまくり” のレーシングバイク『HP4 RACE』である!

続きを全部読む

【動画】ヘリコプターと同じ「タービンエンジン」搭載バイク『Y2K』のエンジン音が凄すぎ!

この世の中には様々な乗り物があるが、今回は世界的にみても珍しい驚きのモンスターマシンを動画とともにご紹介したい。

動画を再生すると、まるでジェット機のような「ゴォォォオオオーーー!」という爆音が聞こえてくる。やがて画面の左側から登場したのは……な、なんと、バイクではないか!!

続きを全部読む

【嘔吐レベル】自転車泥棒に悪臭発射! U字ロック「スカンク ロック」がマジ最強!!

破壊すると強力な悪臭を放つという、驚異のU字ロック『SKUNKLOCK(スカンク ロック)』が、クラウドファンディングサイト、インディゴーゴーで出資者者募集中だ。

自転車の盗難防止によくU字ロックが使われているのはご存知の通りだが、手慣れた泥棒なら一瞬の隙にロックを壊してしまう可能性もあるだろう。そんな時、強い味方になってくれるのがこのSKUNKLOCKなのだ。

続きを全部読む

【動画あり】スズキのスポーツバイク「GSX-Rシリーズ」にまさかの125ccモデルが新登場! 小さくても妥協無し!!

ここ数年、排気量125ccのバイクの人気が高まっているという。車税が安いうえに車検もないなど、維持費が安い点がその理由のようだ。また経産省は、それらの人気とさらなるバイクの普及を念頭に、125ccバイクの運転免許をより簡単に取得できるよう規制緩和まで検討しているというから驚きである。

そんな125ccバイクに、日本のバイクメーカー「スズキ」が同社の人気シリーズ『GSX-R』の名を冠したスーパースポーツバイクの投入を発表して大きな話題を呼んでいる。では、スズキが新たに発売する125ccのスーパースポーツバイクとはどんなものなのだろうか。

続きを全部読む

【スリル満点】一歩間違えたら大惨事! マウンテンバイクでダウンヒルを疾走する視点映像が恐怖すぎ!!

スポーツは危険と隣り合わせ。これはプロアマ問わずによく聞く話だが、中には本当にヤバいものも存在する。例えば今回ご紹介するダウンヒルレースもそのひとつ。マウンテンバイクに乗ったライダーが、急斜面を猛スピードで疾走する姿は見ている方が恐怖することもしばしばだ。

まさにガクブルという言葉がピッタリだが、即チビってもおかしくない映像が先日行われたイベントで撮影されていたのでご覧いただきたい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Dan Atherton Sends It Down the Hardline MTB Track | Red Bull Hardline: GoPro View」である!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8