「ハンター」にまつわる記事

アフリカで有名なライオン「セシル」を無残に殺したハンターに非難殺到! 狩りに支払った報酬は680万円

以前にも、アフリカで殺したキリンの横に寝そべり、笑顔で記念撮影した女性についてのニュースをお伝えしたことがある。娯楽や個人的な利益のために、希少動物を狩るハンターがいまだに存在することが残念だが、またしても居たたまれない出来事が起きてしまった。

アフリカで有名なライオン ‟セシル” が、狩猟を趣味とするアメリカ人に殺された。しかも、その人物は、ライオンを狩るために680万円もの報酬を支払っていたというのだ!

続きを全部読む

【悲報】ジャンプに『HUNTER x HUNTER』次号休載の告知! ファンから「次は3年後かな?」と不安の声

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』には、人気連載漫画『HUNTER x HUNTER』が掲載されている。この作品はたびたび長期休載をすることでも知られており、最近は、約2年間の休載を経てようやく連載を再開し、多くのファンが歓喜した。

続きを全部読む

【中国】少女が湖畔をお散歩 → カモメと戯れる → と見せかけてカモメを捕獲!→ 袋につめて持ち帰り

先日、中国の雲南省である驚きの光景が激写されたと話題になっている。雲南省は中国の南に位置し、現在多くのカモメが越冬のために訪れているのだという。

・カモメと戯れる少女……と思ったらカモメを捕獲していた!

昆明市にある湖では、現在、カモメを見るために多くの観光客が現地を訪れているのだが、そこで2人の少女がカモメと戯れる姿が激写されたそうだ。2人ともニコニコ笑顔でとても楽しそう。……と、思ったら甘かった!! おもむろにカモメに手を伸ばし、カモメを捕獲していたのである!

続きを全部読む

【中国】新婚カップルが結婚写真で白いハト100羽を放つ → 「食べ物だ!」と住民殺到 → ハトほぼ全滅

夫婦になる幸せな2人の姿を写すウエディング・フォト。最高の1枚を撮るために、ドレスや小道具など準備も周到に行われるものである。

中国で、あるカップルが「ほかにはないウエディング・フォトを撮りたい!」と、白いハト約100羽と共に写真を撮ったそうだ。ところが、撮影が終わりハトを放したところ、付近の住民が殺到! 「食べ物だ!」とハトを捕獲しに来たというのだ。

続きを全部読む

【衝撃映像】本気を出したハエトリグモがデカいハエを一瞬で捕まえる動画がカッコよすぎると話題

家の中をチョコチョコと可愛らしく歩いているクモといえば「ハエトリグモ」だ。得意技は文字通り「ハエ捕り」であるが、英名は「Jumping Spider」(ジャンピング・スパイダー)。驚異的なジャンプ能力を強調した名前となっている。

……そう! ハエトリグモの知られざるカッコよさ、本気を出したときに発揮する瞬間移動レベルのジャンプ&ハンティング! どんだけスゴいのかは動画「JumpingSpiderKillingFly」を見れば一目瞭然であるッ!!

続きを全部読む

AKB48河西智美が握手会やテレビ出演から逃走しすぎてファンがブチギレ!番組からは逃れてもハンターから逃れられたことは無い

人気アイドルグループ『AKB48』のメンバー、河西智美さんが、以前から握手会やテレビ出演から逃走しすぎているとファンから怒りの声があがっている。

最近だとテレビ朝日の番組『いきなり!黄金伝説。』の企画「芸能人節約バトル1カ月1万円生活」をすぐにリタイアしたことが話題となったが、河西さんの逃走前科はそれだけではない。

続きを全部読む

美しすぎる女ハンター「メリッサ・バックマン」の殺傷能力がハンパない!

東北・北海道地方では、冬になると夏季に行っている農業を休み、山で狩猟を行う人々がいる。これを「マタギ」と言うそうなのだが、狩る獲物によっては、自らの命を危険にさらすことになる。たとえばクマを狩る場合には、一瞬でも判断を誤ると襲われる可能性もあるのだ。

その昔であれば、冬の食糧を確保するために、命がけで男たちが山に入って行き、猛獣と生死をかけた闘いをしたに違いない。海外であれば狩猟を行う人々を「ハンター」と呼ぶわけだが、狩るための道具は日本よりも規制がゆるい。また近年は道具も進歩しており、昔に比べれば安全に行うことができるようだ。

海外ネットユーザーから注目を集めている女性ハンターは、男も顔負けの腕前を持っており、過去の獲物の画像を見ると、その殺傷能力の高さに驚かされる。

続きを全部読む