「ハト」にまつわる記事

【奇跡】ナイキすぎる鳩が激撮される

最近では、動物にオシャレをさせることも珍しくない。ワンちゃん用の洋服を扱う店もあるし、首輪やリードもファッション性が高いものが多いようだ。ただ、それはあくまで「飼われている動物」に限ったことで、オシャレな野生動物など存在しないと思われていた。だがしかし……。

なんと、超1流スポーツファッションブランドの「ナイキ」をまとった野生の鳩がいるというではないか。 鳩が……ナイキだと? サッパリ意味がわからない方は、どうか以下の画像をご覧になっていただきたい。

続きを全部読む

【そうだったのか】街で見かける鳩「ドバト」の知られざる生体が話題

“平和の象徴” とされつつも、何かと恐れられがちな鳥、それがだ。鳩レースなどの愛好家がいる一方、「ちょっと怖い」「不気味」などと鳩が苦手な人も多いことだろう。街でよく見かける鳥であるにもかかわらず、我々は鳩のことをあまり知らない……。

そんな鳩の知られざる生体を描いたイラストが、いま話題になっている。このイラストを見れば鳩に愛着が湧く……かもしれないぞ。

続きを全部読む

埼玉県のハトが超強そう

所ジョージさんの出身地として知られる埼玉県。「海がない」「ダサイタマ」とネタにされることも多いが、東京・神奈川・大阪・愛知に次いで、人口第5位を誇る巨大都市だ。「西武ライオンズ」や「浦和レッズ」の本拠地も埼玉県にあり、スポーツの盛んなことでも知られている。

そんな埼玉県には、他県の人間には考えられない「超強そうなハト」がいるという。噂を聞きつけJR川口駅に足を運んだところ……確かにこれまで見たことがないほど、超強そうなハトがそこにはいた。

続きを全部読む

かつてないほどの不安に駆られる「オレンジレンジ」のMVがヤバい! でもなぜか繰り返し観てしまう……

皆さんは覚えているだろうか? この世でもっとも不安をかき立てられるCMのことを。そのCMとは、愛知県の害虫駆除業者「株式会社雨宮」のものである。1度見たら忘れることができない、強烈なインパクトだった。

これに匹敵する、言い表しがたい不安に駆られるミュージックビデオが存在した。その映像は、オレンジレンジが2015年8月に発表した『SUSHI食べたい feat. ソイソース』である。実際に見てみると……、何だかソワソワしてしまうというのに、繰り返し見てしまう……。なんだろう、このソワソワする感じは……。

続きを全部読む

【衝撃動画】いまだかつてないほど不安を掻き立てられるCM「ハトに困ったら雨宮~♪」がヤバイ

CMの影響力は計り知れない。最近では、マクドナルドルミネのCMがネット上で何かと話題になった。

そんななか、愛知県の害虫駆除対策を行う会社、株式会社雨宮がYouTubeに公開したCMが注目を集めている。このCM、一度見ただけで忘れることができないほどのインパクトがある。正直、ちょっと怖い……。

続きを全部読む

【中国】新婚カップルが結婚写真で白いハト100羽を放つ → 「食べ物だ!」と住民殺到 → ハトほぼ全滅

夫婦になる幸せな2人の姿を写すウエディング・フォト。最高の1枚を撮るために、ドレスや小道具など準備も周到に行われるものである。

中国で、あるカップルが「ほかにはないウエディング・フォトを撮りたい!」と、白いハト約100羽と共に写真を撮ったそうだ。ところが、撮影が終わりハトを放したところ、付近の住民が殺到! 「食べ物だ!」とハトを捕獲しに来たというのだ。

続きを全部読む

鳩が日本からカナダへ太平洋横断! 保護したカナダ鳩団体が交尾させ最強レース鳩を作る計画 / 日本での声「辛坊より凄い」「鳩山より凄い」

日本国内で飛び立った鳩が、嵐や強風などの天候によってルートを乱され、太平洋を渡ってカナダに渡っていたことが判明した。この件について多くのインターネットユーザーらが驚きを隠せずにいる。

続きを全部読む

通勤・通学時に聞こえる「ホホー・ホッホー」という謎の鳥の鳴き声の正体

皆さんは通勤・通学時に ホホー・ホッホー ホホー・ホッホー ホホー・ホッホー ……という、謎の鳥の鳴き声に聞き覚えがあるだろうか?

どこからか聞こえるんだけどそれらしき鳥も近くにいないし、ちょっと不気味だなと思っている人に今回はその正体をお教えしよう。

続きを全部読む

パンのネックレスをした「ハト」あらわる!

パンのネックレスをしたハトが現れ話題になっている。これは、8日、イギリスメディア「Mail Online」が報じたもので、「パンのネックレスをしたハト」というタイトルで紹介している。

続きを全部読む

1998年のアメリカ映画「ドクター・ドリトル」は、動物と会話ができる超能力を持つ男性が主人公。でも、現実世界にそんな不思議な力を持つ人がいるのでしょうか。イギリスでは、「もしかして動物と話せるの?」と話題になっている人物がいます。

19日付けの英「デイリー・メール」電子版によると、その人物とはブリストルのエマーソングリーンに住むナイジェル・マクファーさん。傷ついた犬やネコ、うさぎなどを見つけては助けており、地元では「ドリトル先生」として知られています。

続きを全部読む