「ニルヴァーナ」にまつわる記事

現代キッズに『ロック界の帝王ニルヴァーナ』を聴かせたらこうなったって実験動画に興味深々! メロディだけでなく変わった歌詞にも注目していたぞ!!

今までに当サイトでは、ゴスの神様マリリン・マンソンや、人気ロックバンドのガンズ・アンド・ローゼズを現代キッズに聴かせたらこうなったという動画を紹介してきた。

そして今回は、ロック界の帝王ニルヴァーナを聴かせたらどうなるかという実験が行われた。さて、2000年代生まれのキッズ達は一体どんな反応を示すのだろうか!?

続きを全部読む

【大迫力】1000人のミュージシャンが一斉に「ニルヴァーナ」のヒット曲を熱演する動画が話題!

ロックミュージックの歴史に多大なる影響を及ぼした伝説のバンド、ニルヴァーナ。1994年にボーカル・ギターのカートコバーンがこの世を去り解散となってから約23年が経つが、未だにその人気は衰えていないようだ。

なんと、1000人以上ものミュージシャンが一斉にニルヴァーナのヒット曲を演奏する様子がネットで公開され話題となっているという。今回は、その話題の動画「Smells Like Teen Spirit – Rockin’1000 That’s Live Official」をご紹介したい。

続きを全部読む

ニルヴァーナ名盤『Nevermind(ネヴァーマインド)』ジャケットの赤ちゃんが25歳に! 本人が今の姿で写真を再現

1991年に発表された、ニルヴァーナのセカンド・アルバム『ネヴァーマインド(Nevermind)』。そこに収められた楽曲だけでなく、ジャケットデザインもロック史に残る伝説的な存在となっている。

そう、赤ちゃんがプールの中で1ドル札を追っている例のジャケットだ。あの赤ちゃんも、今や大人。そしてこの度、『ネヴァーマインド』25周年を記念して、同じ “赤ちゃん” が同じように泳ぐ画像が発表されたというではないか!

続きを全部読む

【売れているのに】ロックバンド「ニッケルバック」が過小評価されている理由を研究者が分析

カナダを代表するバンドで、全世界で5000万枚以上のアルバムを売り上げているニッケルバック。モンスターバンドも言えるほどの人気を誇っている彼らだが、音楽通に「ニッケルバックの大ファン」だと言うと、なぜか冷たい反応が返って来ることが多いのも事実……。

大ヒットを飛ばし続けているのに、なぜ一般的に彼らが過小評価されているのか、その理由を研究者が分析しているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

カート・コバーンの「髪の毛」と「カーディガン」がオークションに登場! 合わせて約280万円スタートだから死ぬ気で競り落とせ!!

1990年代のアメリカを代表するロックバンド、ニルヴァーナ。その中心人物であるカート・コバーンは、ショットガンで自殺をしたことで世界中に衝撃を与えた。名前くらいは聞いたことある人も多いはずだ。

今なおカリスマであり続けるカート・コバーンだが、なんと彼の「髪の毛」がオークションに登場したというのだ! 一体どこで入手したものなのか? しかも、カートが着ていた「カーディガン」まで出品されているぞ。マジかよ! これは胸が熱くなるぜ……!!

続きを全部読む

音楽史に革命を起こしたニルヴァーナ「カート・コバーンの子供時代の家」に買い手がつかず値下げに!! 値を吹っかけ過ぎたことが原因か?

洋楽ファンでなくとも、米ロックバンド、ニルヴァーナの名前や曲を耳にしたことがある人は、結構多いのではないだろうか。1990年代初めにリリースしたアルバム「ネヴァーマインド」は、全世界で3000万枚を売り尽す大ヒットを記録。“グランジ・ロック” と呼ばれる音楽ムーブメントで世界中を席巻したニルヴァーナは、音楽史に革命を起こした異端バンドだ。

音楽界に多大な影響をもたらしたバンドのボーカルだったカート・コバーンは、カリスマ的な存在となるものの、27歳の若さでショットガンをくわえて自殺。そんな壮絶な死を遂げた彼の子供時代の家が売りに出されるも、買い手がつかずに値下げされたというのだが、どうやら値を吹っかけ過ぎたことが原因らしい。

続きを全部読む

【動画】ミュージックビデオの音楽を抜いたら意味不明のシュールな映像になって笑った

音楽と映像を融合したミュージックビデオを、世に広めたのはマイケル・ジャクソンである。音楽専門チャンネル「MTV」のアイコン的な存在になり、ミュージックビデオをうまく活用してシーンに大きく貢献した。

音楽あってのミュージックビデオ、そこから音楽を抜き取ったとしたら、どうなってしまうのだろうか? 実際にその試みに挑んだネットユーザーがいる。投稿されている映像を見ると、非常にユニーク。味気ないものになるのかと思いきや、意味不明のシュールな映像に大変身!! なんじゃこりゃぁああッ!!

続きを全部読む

史上最強の “歌ってみた” 誕生か! ケイティ・ペリーの人気曲を20組のアーティストのスタイルで歌う男が話題 「ニルヴァーナ」「クイーン」や「メタリカ」など!!

もしかしたら、史上最強の「歌ってみた動画」が誕生したかもしれない! 先日、ある男性が米国の歌姫ケイティ・ペリーの大ヒット曲『ダークホース』を歌った動画を投稿して大きな話題となっている。

彼の “歌ってみた” の何がスゴイのかというと、その歌声とスタイル。なんと彼は、でケイティ・ペリーのヒット曲『ダークホース』を、たった1人で20組のアーティスト風に歌い上げたのである!! これがまた素晴らしい。どれくらい似ているか、動画「Katy Perry – Dark Horse (Sang in 20 Styles) Ten Second Songs」で確認だ!

続きを全部読む

カート・コバーンの死から20年 / シアトル警察は再調査で見つかった未発表の写真を公開

27歳の若さでこの世を去った、ロックのカリスマ、カート・コバーン。彼は「ニルヴァーナ」のギター・ボーカルとして活躍し、ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーおよびギターリストにそれぞれランクインしている。

1994年4月8日に、ショットガンで頭部を撃ち抜き亡くなっているところが発見された(死亡推定日4月5日)。彼の死について、当初さまざまな憶測が飛び交い、他殺説もささやかれていた。あれから20年が経とうとしている。最近になってシアトル警察は、これまで明かされることのなかった写真を公開したのである。

続きを全部読む

【動画】ラストアルバム発売から20周年の「ニルヴァーナ」が謎のビデオクリップ公開! 9月にアルバム再発を発表

1990年代のロックシーンに多大なる影響を与えたバンド「ニルヴァーナ」。1994年にギターボーカルのカート・コバーンが自殺を図り、わずか数年で彼らの活動のすべてが幕を閉じた。

・20周年でデラックスエディション発売
活動期間はそう長いものではなかった。しかし彼らは、世界中の若者から絶大な支持を集め、影響を受けたアーティストの数は数えきれない。その彼らについて新しい情報が発表された。サードアルバム『イン・ユーテロ』の発売20周年を記念して、デラックスエディションが発売されるという。それにともないYouTubeには謎のビデオクリップが公開されているのだ。

続きを全部読む

ニルヴァーナの未発表曲が無料で試聴&ダウンロードできるぞ!

以前、伝説のバンドとして語り継がれている「ニルヴァーナ」のトリビュートアルバムが無料でダウンロードできるとお伝えしたのだが、彼らの未発表曲の試聴・ダウンロードが可能であることが判明したのでお伝えしたい。

続きを全部読む

カート・コバーンの生まれ変わりか!? ロシアのストリートシンガーが話題に

以前、世界的なロックシンガーとして活躍し1991年にエイズで亡くなったフレディ・マーキュリーにそっくりなカナダのバンドマンについてお伝えした。フレディの死から20年を経て、「生まれ変わり」と思われるほどそっくりな歌声を持つ男性に、世界中のインターネットユーザーが度肝を抜かれたのだが、それに負けないくらいのシンガーがロシアにいることが判明した。

このシンガーは、いまや伝説として語り継がれるニルヴァーナのギター・ボーカル、カート・コバーンに大変似た声色を持っている。海外のネットユーザーはまたしても「生まれ変わりか!?」と興奮している様子なのだ。

続きを全部読む

ニルヴァーナのトリビュートアルバムが無料でダウンロードできますよ

いまや伝説のバンドとして語り継がれる『ニルヴァーナ』。1994年にギターヴォーカルのカート・コバーンが自殺するまでの間、世界の音楽シーンに多大なる影響を与え、いまだに彼を崇拝するミュージシャン・音楽ファンは数多くいる。

シーンで彼らの存在を確固たるものにした2ndアルバム『NEVER MIND』の発売から今年で20年。それを記念して、アメリカの音楽誌が、この作品のトリビュートアルバムの無償提供を開始した。

続きを全部読む

チェロ2本でロックの名曲を演奏する2人がカッコ良すぎ! はっきり言って惚れるレベル

今年1月、カーボンチェロ2本でマイケル・ジャクソンの『Smooth Criminal』を演奏し、世界中から注目を集めたクロアチアのチェロ奏者、ステファン・ハウザーとルカ・シュリック。イケメン2人の類稀な演奏に、世界中が圧倒された。

その2人が最近、新作を発表したのである。その曲とは、高い人気を誇るロックバンド、ガンズアンドローゼズのデビュー曲『Welcome To The Jungle』だ。原曲を凌駕するほどの圧巻な演奏は、「カッコ良すぎ!」と言わざるを得ない

続きを全部読む