「ニシキヘビ」にまつわる記事

覚せい剤精製所で飼われていたニシキヘビが薬物依存症のためリハビリ施設に入院 / 更生に7カ月もかかる

人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』により、世界中に知られるところとなった薬物メタンフェタミンは、覚せい剤の一種で精製の際に有毒なガスが発生する。

そんな、メタンフェタミンの精製所で飼われていた2メートルもあるニシキヘビが、その煙を吸い込んだため依存症となり、リハビリ施設で更生する事態になったというのである!

続きを全部読む

【悲劇】 インドネシアで7メートルもあるニシキヘビの中から村人が発見される

ヘビが大好きだという人は多くないと思うが、特に何メートルもの大きさにもなる大蛇を目の前にしたら、ほとんどの人が逃げ出したくなってしまうのではないだろうか。

時に、巨大ヘビが牛や羊を丸飲みにしたとのニュースが話題になることがあるが、インドネシアで、7メートルもあるニシキヘビの中から村人が発見されるという痛ましい出来事が報じられた。

続きを全部読む

【超難問クイズ】写真の中にいる「1.8mの巨大ニシキヘビ」を見つけられるかな?

コアラやカンガルー、羊などがで有名な国「オーストラリア」だが、ある危険な生物の生息地として昔から世界に知られている。それは『ヘビ』だ。

今回は、様々な場所にヘビが出没するオーストラリアならではのクイズをご紹介したい。同国のヘビ捕獲業者がFacebook上で公開した写真がクイズの題材なのだが、これが超難問! さあ、あなたは隠れたヘビを見つけれられるだろうか?

続きを全部読む

マレーシアで「体長7.5メートルもの巨大ニシキヘビ」が捕獲されるも謎の死を遂げる

犬や猫、ウサギなど毛がフワフワして人懐っこい動物はカワいいものだが、あまり遭遇したくない動物もいる。特に毒を持っていたり、襲いかかられる可能性がある動物との鉢合わせは避けたいところだが、そんな経験をしてしまった男達がいるので紹介したい。

なんと、マレーシアの工事現場で作業員達が仕事に勤しんでいたところ、体長7.5メートルもの巨大ニシキヘビが出現! しかしその後、ヘビは謎の死を遂げてしまったというのである。

続きを全部読む

【マジかよ】フリマの商品の中にヘビ皮っぽい何か → 超巨大ニシキヘビだった! 消防も出動して買い物客騒然!! 

フリーマーケットは思わぬ掘り出し物が見つかったり、お値打ち物を格安でゲットできたりするので、お宝探しに頻繁にフリマに通っている人もいるだろう。

だが、あるフリマで掘り出し物どころか、トンでもない物体が出現! なんと、展示されている衣類の中から超巨大ニシキヘビが姿を現し、買い物客が騒然となったというのだ!!

続きを全部読む

【閲覧注意動画】飼っているニシキヘビと赤ちゃんを一緒に遊ばせる映像が恐ろしすぎる

世の中には様々な “癒し系動画” があるが、赤ちゃんモノとペットモノは定番の2トップと言えるだろう。そんな最強2トップによるコラボ、例えば赤ちゃんと犬が戯れる動画は、多くの人を無条件でほのぼのさせる。

しかし一方で、「ペットが赤ちゃんに危害を加えないだろうか?」「一緒に飼って大丈夫なのか?」と心配になる人もいるに違いない。特に、大型犬と赤ちゃんが急接近している映像を見ると、ヒヤヒヤしてしまう人は少なくないはず。いくら飼い主が「ウチのコは噛まないから大丈夫!」と言ってもだ。

今回紹介する動画もそんなケース。飼い主は、「絶対に安全だ!」と言いきっているのだが……その様子は、見ている人を間違いなくヒヤヒヤドキドキさせる。なぜなら、そのペットとはヘビ! 巨大なニシキヘビが室内で飼われており、赤ちゃんと一緒に遊んでいるからだ。……実際の映像「Baby Plays With Python」は、もはや閲覧注意レベルである。

続きを全部読む

【奇跡の瞬間】ニシキヘビに絡み付かれて絶体絶命の犬が死の淵から舞い戻るまでの救出劇

ニシキヘビは獲物を狙うと、胴体を巻き付け、強い力で締め上げて窒息死させる。日本ではそう見かけない光景だが、世界各地で被害情報は数多い。そしてこの度、被害があったのはインドのカルナタカ州だ。

ニシキヘビに締め上げられていた犬が助けられるまでの奇跡の救出劇が、カメラでとらえられていたのでご紹介しよう。その一部始終は動画「Dog Escapes from Deadly Python」で確認可能である!

続きを全部読む

【衝撃動画】巨大ヘビを何匹も体にのせて行う「大蛇マッサージ」がとにかく凄い!!

日々の疲れを癒してくれるマッサージ。そんなマッサージを、あるトンデモない動物にしてもらえる動物園が存在する。その動物とは……なんと、巨大なヘビ! しかも、1匹だけではなく、何匹も体に巻き付けて行うのだ!!

大蛇マッサージの様子は、動画「Adrenaline Junkies Have Snake Massage」でも確認できるが、登場するヘビはどれも予想を遥かに越えるビッグサイズ! 爬虫類が苦手な人には拷問レベルの衝撃的な内容となっている。

続きを全部読む

【不思議体験】○○嫌いを克服できる!? 「部屋で放し飼いなんてやめてや!」と思ってたのに、見ていたらどんどん愛着がわいてくる1匹の○○の写真

ご飯中のみなさん失敬。

この記事を読む(いや、見る)ことで最初のうちはご飯がノドを通らなくなってしまうかもしれないが、それは最初のうちだけ。可愛いモノが好きな人であれば、見ているうちに、きっと愛着が沸いてくるであろう、グロきゃわゆい写真をお見せしたい。

※もちろん感じ方は人により差があるので、閲覧はみなさんのご判断でお願いします。

続きを全部読む

肥満客は事実上料金2倍!?』など飛行機に関連するびっくりニュースで世間騒がしているが今度はオーストラリアのカンタス航空で14日、ボーイング737機内の空輸中のニシキヘビが機内で行方不明になったことを明らかにした。

機内に乗せるときには12匹いたスティムソン・ニシキヘビの赤ちゃんが、目的地に到着すると8匹の姿しかなく、残り4匹はどこを探しても見つけることができなかったというのだ。管理者の話によると、ヘビは袋に包装され、さらに空気穴が小さく開けられた発泡スチロールの箱に厳重に包装されていたというから、脱走したのが不思議でならないと首を傾げている。

続きを全部読む