「ニコニコ動画」にまつわる記事

2013年に続いてロックバンド「人間椅子」が再びオズフェストに参戦決定! レアなアニメソングカバー映像も公開

活動歴25年にしていまだ衰えを知らず、ますます勢いを増すロックバンド「人間椅子」。彼らの最近の活躍の追い風になったのが、2013年のオズフェストである。これは世界的ロックシンガー、オジー・オズボーンが創設したロックイベントだ。

2015年11月に開催することが決まり、日本開催初回に続いて再び人間椅子が参戦することが発表された! 実はその発表動画で、元レイジ・アゲンスト・ザ・マシンのギタリスト、トム・モレロが人間椅子をこう紹介しているのである。

続きを全部読む

【ニコニコ超会議2015】これ考えたヤツはアホだろ! スマホにパイルドライバーをかけられるビニール人形「ヨシヒコ」がヤバいッ!!

千葉・幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2015」。企業も多数出展しており趣向を凝らした企画を展開しているのだが、そのなかでもズバ抜けてブッ飛んだ商品を販売しているブースを発見した!

それは会場のほぼ中央に位置する「超プロレスリング」である。リング上で白熱した試合が行われたり、ゆるキャラのプロレスが行われているなかで、ひっそりと怪しい商品を販売しているのだ。それがスマホアクセサリー「ヨシヒコスマホパイルドライバー」だ! これ考えたヤツ、マジでアホだろ!?(良い意味で)

続きを全部読む

ニコニコ超会議2015で数量限定販売されていた「あんこ入りパスタライス」の見た目がヤバい! でも意外とアリだった

2015年4月25・26日の両日、千葉・幕張メッセで開催している「ニコニコ超会議2015」。毎年さまざまな企画と共にフードコートで提供される商品が話題になるのだが、今年もやってくれた!

・あんこ入りパスタライスの衝撃!

数量限定で提供されている商品のひとつがマトモではない!! その商品とは「あんこ入りパスタライス」である。パスタとあるので麺料理であることに間違いはないのだが、そこにライス + あんこが入っているのだ。これ、食えるのか?

続きを全部読む

【号泣会見】野々村竜太郎議員が完全にネタにされていることが判明! YouTubeやニコニコ動画でおもちゃにされてるぞ

2014年7月1日、兵庫県の野々村竜太郎県議は政務活動費不自然な支出について、釈明会見を行い大きな話題になった。3時間にもわたる会見で野々村議員は、記者の質問に対して取り乱して号泣したのである。

2日経ってもこの会見の様子は話題になっており、お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志さんは番組でモノマネを披露。ネット上では野々村議員の発言を題材にして、動画を制作するネットユーザーが相次いでいる状況である。号泣会見はネットユーザーに対して、かなりのインパクトを与えたようだ。

続きを全部読む

【人狼】必見! あの究極の心理戦ゲームがついに小説化! 『人狼ゲーム ~人事の悪夢~』が話題

心理戦ゲームと言えば『人狼ゲーム』。今や個人で楽しむゲームの枠にとどまらず、ニコニコ動画ではプロ棋士による人狼のゲーム実況が回を重ねて行われたり、テレビ番組や舞台、はては映画化など、今や「知らない人の方が少ないのでは?」というほどの人気ぶりだ。

・大人気ゲームがついに小説化

最近では「人狼ゲームを新卒採用選考に導入する」いったニュースも出るなど、もはや国民的ゲームと言える勢いだが、なんと今度は『人狼ゲーム』を題材にした小説『人狼ゲーム ~人事の悪夢~』(1200円 / 大和書房)が登場した。

続きを全部読む

自分で作った動画に好きなアーティストの曲を入れたい! どうしたらいいのかJASRACに聞いてみた

最近では、フリーで使える楽曲もたくさんあるが、やはり好きなアーティストの曲を入れたいときもある。

しかし、ここで気になるのは著作権の問題だ。CDに入っている曲をそのまま使いたいとき、個人としての利用でも難しい手続きや使用料が発生するのだろうか。どうしたらいいのか日本音楽著作権協会(JASRAC)に聞いてみた。

続きを全部読む

【脚本・ひろゆき】五感を使い「ニコニコ本社」を爆弾魔の手から守れ! 体験型謎解きイベント『ニコニコ本社爆発』がスタート!

最近人気の『脱出ゲーム』。制限時間内に散りばめられたアイテムや暗号、パズルなどを解き、それらを組み合わせて謎を解決していく体験型のイベントだ。

テレビでも視聴者参加型のゲームが放送されるなど、何かと話題の『脱出ゲーム』だが、この度「ニコニコ動画」に関わるメンバーが集結し、五感を活用したまったく新しい体験型の謎解きイベント『ニコニコ本社爆発』を開催した。脚本はなんと西村ひろゆき氏。「これは参加するしかない!」ということで、早速参加してきた。

続きを全部読む

超美人なのに下ネタのダンスをする「ある女の子」がマジでカワイイ / ネットユーザー「残念な美人」

キターァァァァァァーーーー!!!!! カワイイィィィィーー!!!  どうしてこうなったァァァァーーーーー!! そう叫びたくなるような動画をニコニコ動画にアップしているのはキレのダンスで視聴者を楽しませる「風呂姉」

続きを全部読む

「食欲減退ブルーカレー」がどう見ても青い絵具! 激マズ汁3000円はマズすぎ(笑)

以前、青すぎる焼そば「痛焼そば」についてお伝えしました。この商品は麺が青いため、非常に食欲が失せる見た目をしていました。美味しかったけど。今回は、それに負けない驚きのフードメニューをご紹介しましょう。

すでにご存知の方もいるかもしれませんが、東京・原宿のニコニコ本社2Fカフェには「食欲減退ブルーカレー」というのが存在します。

続きを全部読む

衝撃的なシーンをとらえた動画がインターネット上で話題になっている。男性が年配タクシードライバーに対して、暴行をくわえているシーンが映されているのだ。無抵抗なドライバーを何度も殴りつけ、最後にはネクタイをつかんで放り投げている。

当初、問題の動画はYouTubeの運営局によって削除されたものの、他のユーザーによって繰り返しアップロードされており、収拾がつかない状態になっている。

続きを全部読む

動画配信サイト『ニコニコ生放送』で、驚くべき珍事が発生!? とあるユーザーが中継を切り忘れ、自慰行為の一部始終を放送してしまったかもしれないと話題になっている。他のユーザーがその様子を公開しているのだが、それを見るとたしかに自慰におよんでいるように見えるのだが……。

続きを全部読む

URLを入力すると「NyanCat」が画面いっぱいに駆け巡るサイト

2011年4月にYoutubeに動画が公開され、海外のインターネットユーザーを中心に話題となり2700万回も視聴されている「Nyan Cat」をご存知だろうか? これは、猫が夜空を駆け巡る8ビット風のアニメーション動画だ。アニメーションはアメリカ人が制作したものなのだが、楽曲はニコニコ動画発と言われている。

非常にシンプルな内容の映像なのだが、可愛らしく見ていてクセになってしまうのだ。最近、海外のネット上で話題沸騰となり、類似した猫が多数登場している。さらには、任意のURLを入力するだけで、どんなサイトにも猫を駆け巡らせることができるサイトまであらわれたのだ。

続きを全部読む

6月5日、動画共有サービスのニコニコ動画にある男性が、上半身裸で街を歩きマクドナルド(以下:マクナル)に入店したときの様子の動画を公開した。この動画はどうやらニコニコ生放送で配信していたと見られ、彼の非常識な行動が物議をかもしている。

続きを全部読む

ニコニコのソースが美味! 猫も手を出すうまさ

4月9日、ニコニコ本社がグランドオープンした。当日は小雨まじりの悪天候ながら、原宿に構えた本社には大勢のファンが詰めかけ、傘を片手に長蛇の列が。本社は1Fにサテライトスタジオ、2Fにカフェ、3Fにショップを併設しており、ニコニコユーザーのみならず、同サービスを知らない人でも楽しめる。

なかでもショップは他のお店にないような、ユニークな商品を多数取りそろえている。取り分け目を引いたのが、ニコニコブランドのソースだ。1本購入してコロッケにかけてみたところ、なんと猫まで手を出すほどのおいしさであることが判明した。

続きを全部読む

な、なんだこれはッ!?

現在テレビでも放送中の「Yahoo!モバゲー」のCMがニコニコ動画で流れていると思いきや、リズムと共に文字やバナーがズンズン!と振動。さらに「Y~ッ! M~ッ!」の掛け声に合わせてニコニコ動画のツールバーまでパキっと折れて「Y! M!」と踊り狂い、そしてCMが終わったかと思いきや、今度は「ニコ生Y!ドSHOW」の文字がドーンと表示! わずかこの間35秒。そんな今までに無い斬新な映像が、話題になっている。

続きを全部読む

週刊少年チャンピオンで連載中の人気漫画、『侵略!イカ娘』。その人気は漫画だけでなく、アニメでも放送されるほどだ。その『侵略!イカ娘』がゲームとなり、なんとゲームボーイカラーで発売されるのでは!?と、話題となっている。

話題の発端となったのは、動画共有サイト「ニコニコ動画」で公開されたユーザー投稿の動画からだ。

続きを全部読む

11月14日に開催された「日本エイサーpresentsザ・エンタのニコニコカーペット」。お笑い番組が軒並み姿を消す昨今、日本エイサー株式会社は、ニコニコ動画と協力し、「テレビで観られないならネットで観よう! ネットで観るのならエイサーのPCで観よう!」をコンセプトに芸人の勝ち抜きバトルを開催した。

当日、ステージに立ったのはオーディションを勝ち上がった10組と、敗者復活を果たした3組の計13組。優勝賞金100万円を懸けて、熱いステージを繰り広げたのだ。そして栄えある優勝を手にしたのは、安定した漫才を披露した「アメリカザリガニ」だった。

続きを全部読む

根強い人気を誇る『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作『スーパーロボット大戦K』(バンダイナムコゲームズ)に収録されているミュージックが、盗作なのではないかと『2ちゃんねる』や『ニコニコ動画』で大きな話題を呼んでいる。

『スーパーロボット大戦K』に使用されているミュージックが、スーパーファミコン用ソフト『エストポリス伝記II』の使用されているミュージックとウリ二つなのである。実際に聴き比べた人の多くが似ていると実感し、「これはひどい」「盗作というレベルではない。単なるコピーだ」とコメントしている人もいた。

実際に双方のゲームソフトを持っている当編集部の上田記者によると、「これはまるっきり同じに聴こえる」とのことで、よほど似ているようす。それにしても、よくスーパーファミコン時代のゲームのミュージックが、まだ発売されたばかりのゲームのミュージックとウリ二つであることがわかったものだ。ゲームファンはあなどれない。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2