「デブ」にまつわる記事

【デブの味】松屋の新メニュー「鶏のバター醤油炒め定食」がにんにくビタビタで爆ウマ! 食い終わったら絶対に歯を磨けよ!!

世の中には数え切れないほどの食材が存在する。中でもトップに君臨するのが、畑界の絶対王者、にんにくだ。肉だろうが魚だろうがにんにく様と交わってしまえば、その圧倒的存在感の前にひれ伏すしかない。まさに “キング” と呼ぶにふさわしい食材といえよう。

そんなにんにく様の弱点は、自己主張が強すぎるため食べるシチュエーションを選ばざるを得ないこと。そして2017年8月22日、そのにんにく様が激しくアピッてくるとんでもないメニューが発売開始となったのでお知らせしたい。それが松屋の『鶏のバター醤油炒め定食』である。

続きを全部読む

【デブの日】「本気を出したらいつでも痩せられる」と思っているデブが言いがちなセリフ5選

本日8月8日は「デブの日」らしい。Webサイト「今日は何の日」によれば、大日本肥満者連盟(大ピ連)が、「8の字のふくよかなイメージと肥満体型こそ水着がよく似合うということ」から1972年に制定したそうだ。

そこで今回は、そんな肥満体型の人間、特に「本気を出したらいつでも痩せられる」と思っている肥満の人が言いがちなセリフを集めたので紹介しよう。もし身に覚えがあったら……あなたは確実に肥満ロードを爆走しているぞ。

続きを全部読む

【デブまっしぐら】ダイエット中に食べたら危険な料理ベスト10

ダイエット中のみんなァ、痩せたいか〜ッ!?(おお〜!) そう、ダイエット中の人たちは、100%の確率でデブには絶対なりたくない。よって、デブまっしぐらな食べ物は、地雷と見なして避けるべき。知らずに食べたら……お腹の中でビックバンだ!!

ということで今回は、筆者を「イイ体」に導きつつ「食」の知識も教えてくれた、世田谷フィジコのダイエットコーチ・大橋幸蔵氏による『ダイエット中に食べたら危険な料理ベスト10』をコメント付きで紹介したい。ダイエッターは絶対に必見だぞ!

続きを全部読む

なんと体重27キロ! 超おデブな猿が強制ダイエットをさせられることに!!

最近は、栄養タップリなエサを与えられるうえに運動不足がたたり、超肥満な犬や猫などのペットがネットを賑わせることが多い。

そんななか、海外から衝撃的なニュースが飛び込んできた。ペットではなく野生で生活している猿が激太りし、健康に害が及ぶほどの超肥満体型に! しかも、強制ダイエットをさせられることになったというのである!

続きを全部読む

【デブ歓喜】米マクドナルドでビッグマックより巨大な「グランドマック」発売決定! 日本にも早く上陸しろォォオオオ!!

やあ、みんな! 今日も食いまくってるかい? 体調管理も大切だけど過剰なダイエットは体に良くないぜ? 特に男性なら小食よりはガツンと食べられる方が絶対にモテる。食いっぷりの良さは女心をキュンキュンさせちまうものなのサ☆

例えばマクドナルドなら、ハンバーガーをチマチマ食べる男より、ビッグマックを豪快に喰らう方が絶対にモテる。そういう意味ではビッグマックこそ “最強のモテバーガー” だったんだが、なんとアメリカのマクドナルドで、ビッグマックよりデカい『グランドマック』っつーメニューが登場するらしいじゃねえか……これはモテ期到来待ったなし!

続きを全部読む

【衝撃動画】動けるデブを超越した「動けすぎるデブ」が超キレキレ! 常人離れした身体能力は太っていても関係なし

だらしないというイメージがあるデブだが、実をいうとその種類はさまざま。直球でデブとしか言いようがないデブがいれば、動けるデブ、海外にはベッカム級のフリーキックを蹴るデブなんてタイプもいたりする。

そんな彼らはデブの希望(ほし)でもあるのだが、新たなデブが彗星のごとく現れていたのでご報告したい。一体、どんな新星なのかというと……ズバリ、動けるデブを超越した「動けすぎるデブ」である!

続きを全部読む

【ダイエッター必見】デブ時代の写真を公開したダレノガレ明美に称賛の声「ここまで人は変われるのか」「師匠と呼んでいいですか?」など

モデルとしてタレントとして、テレビや雑誌で大人気のダレノガレ明美さん。きりっとした顔立ちと抜群のプロポーションに憧れる女性も多いに違いない。そんなダレノガレさんにも、なんとデブだった時代があるという……マジか。

2017年1月5日、彼女は自身のツイッターに67キロもあった時代の写真を投稿。その姿は今のダレノガレさんと大きくかけ離れているが、女性たちを中心に称賛の声が相次いでいるのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【禁断の料理】トーストに「バター+クリームチーズ+ハチミツ+コショウ」をのせて食べると美味すぎ

よく「身体に悪い物は美味い」という。当然 “身体に良い物も美味い” のであるが、たしかにラーメンやポテトなどは、どう考えても身体に良くはないけど、やっぱり美味い。たまに食べるくらいだったら大丈夫だろ……と、ついつい食べてしまう。

しかし、今回ご紹介するレシピは非常に危険。なぜなら罪深いほど美味いのに、家で簡単に作れるので、“たまに” どころか週に1度、いや、3日に一度は食べたくなってしまう禁断の料理だからだ。もしも毎日食べたらデブ確実。作り方は以下のとおり。

続きを全部読む

【デブの日】デブ歴44年のデブ「シェーキーズでピザばっか食ってるヤツは偽りのデブ! 意識高いデブはパスタとポテトが主食!!」

本日8月8日は『デブの日』である! これは1978年に「肥満者への差別をなくそう」をテーマにする「大日本肥満者連盟」が制定したものだ。8月8日が記念日になったのは、8の字のふくよかなイメージと「肥満体型こそ水着がよく似合う」というところから来ているという。

それはさておき、『デブの日』ならばデブに話を聞くのが一番! ということで、記者の知人のデブ歴44年のデブに話を聞いたところ、デブの知られざる努力とこだわりを垣間見ることが出来たのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【ミニストップ始まった】「焼きそば・ナポリタン・担々麺」が一つになった『得盛麺サンド』登場! あまりの男らしさに惚れ惚れした!!

ミニストップといえば、ソフトクリームがメチャメチャ美味しい大手コンビニエンスストアの一角だ。ハロハロなどに代表されるように、どちらかというと「女性が好むコンビニ」というイメージもあるかもしれない。だがしかし……。

そんなミニストップが、ついに野郎どもに照準を絞り始めたらしいのだ。その理由は、ミニストップが現在発売している『得盛麺サンド』にある。焼きそば・ナポリタン・担々麺が具となったサンドイッチとは……これはミニストップ始まったか!?

続きを全部読む

【衝撃動画】重力仕事しろ! 桁違いに回るデブが激撮される!!

異能力バトルアニメなどで定番である「重力を操る」能力。ものにかかる重力を変えるということは、地球上では重さを変えることとほぼ同じ。それによって空を飛べたり、逆に相手を地面に縛れるのはバトルにおいて大きなアドバンテージになる。ああ、一度でいいから重力を操ってみたい。

だがしかし、それはあくまでフィクションの話。現実には「重力を操る」能力なんて存在するわけがない。……と、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。今回ご紹介する動画の男性を見たら、みんな驚くことだろう。ぽっちゃり体型から繰り出される動きの数々は「動けるデブ」なんてレベルじゃない。完全に重力を操っている

続きを全部読む

【衝撃動画】信じられないほど飛ぶデブが激撮される

飛ばねぇ豚はただの豚だ! 現在、そんな言葉が聞こえてきそうな動画がネットで人気になっている。一体、何があったのかというと……いくら何でも飛びすぎだろっていうデブが激撮されたのである!

動画のタイトル「Flying Fat Mexican」を直球で訳すならば「空飛ぶメキシカンデブ」。無慈悲な感じもするが、スゴいとしか言いようがない光景が収められているので、ぜひご覧いただきたい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】ベッカム級のフリーキックを蹴るデブ

近年、ぽっちゃり系という言葉が流行っているように、太っている人を表現するにもさまざまな言い方が存在する。ふとっちょ、丸々、アンコ型……探せば探すほど見つかるが、ド直球で言えば「デブ」である。

そしてデブの中には必ず「動けるデブ」がいるものだが、世界は本当に広い。なんと超絶サッカーがうまいデブがいたのでご報告だ。驚愕のプレーは、動画「Size Doesn’t Matter – Insane Skills!」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【デブまっしぐら】日本の感覚でアメリカのデニーズに行ったらジャンクすぎるメニューしかなくてビビった

アメリカといえばピザであり、ハンバーガーでありつつも、タコベルのタコスは美味かったという感じであるが、特にビックリしたのが『デニーズ(Denny’s)』である。日本の感覚でアメリカのデニーズに行ったら大ヤケドするから要注意だ。

というのも……店に入ってからメニューをパラリをめくったら、どいつもこいつもアメリカン! 毎日こんなの食べていたらデブまっしぐら的なジャンクフードのオンパレードであり、メニューを眺めるだけでお腹いっぱいになること請け合いなのである。

続きを全部読む

【コラム】「ハゲ」とか「デブ」や「年収」なんか序の口! どんな男でも女性がコレを言うと絶対にドン引きする

友達でも恋人でもない、しかし発展しそうな気配のあるカップルにとって、会話でのささいな一言は重要である。より深く発展するのか、それともこれ以上距離が縮まることはないのか、小さな一言が大きく左右する。

そんな関係にあって、女性が絶対に言ってはいけない一言がある。それを聞くと大抵の男性がドン引きする言葉だ。「ハゲ」とか「デブ」とか外見に対する言葉ではない。また「年収は?」とか「元カレが……」とかステータスに関するものでもない。その一言とは「ちょうだい!」だ。別の言い方であれば、「それください」とか「それ欲しい」になる、すぐに「欲しい」アピールをすると、もれなく男はドン引きする。

続きを全部読む

【衝撃格闘GIFアニメ】デブい格闘家が全体重を拳に乗せてパンチを放つとハンパないことになる

ひとくちに格闘家といっても、様々な体格の格闘家がいる。ブルース・リーのような細マッチョ型に、より細いボクサー体型、ムキムキのゴリマッチョタイプもいれば、ボブ・サップのように鎧のような筋肉を身につけた選手もいる。

だが、ナメてはいけないのが「アンコ型」だ。平たく言えばデブであるが、彼らと対峙した時には絶対にナメてはイカンのである。なぜなのかは、今回ご紹介するGIFアニメを見れは一発で理解できるだろう。

続きを全部読む

ぽっちゃりパパに朗報! 「赤ちゃんはマッチョよりもぽっちゃり体型の男性を好む」との研究結果

一般的に、赤ちゃんは男性よりも女性を好むと言われる。パパママ以外の男女が赤ちゃんを抱こうとすると、女性のときはあまり嫌がらないのに、男性だとなぜか急に泣き出してしまったりする。男性には酷な瞬間である。

だが、男性のなかでも、赤ちゃん好みのタイプとそうでないタイプがいるようだ。最新の研究で、赤ちゃんは筋肉ムキムキマッチョの男性よりもぽっちゃり体型の男性を好むことがわかったそうだ。これはぽっちゃりパパには朗報である!

続きを全部読む

【神業動画】信じられないほどボール扱いが上手いデブがいたと話題

ぽっちゃり、ふとっちょ、アンコ型……など、日本には様々な「太った人」を意味する言葉が体型レベルごとに存在するが、最もシンプルかつダイレクトな言葉といえば「デブ」であろう。言葉をオブラートに包みたいが、「どう見てもデブ」というデブは確実に存在する。

そんななか、「信じられないほどボールの扱いが上手いデブ」がいたとして大きな話題になっている。動画のタイトルは「Fat Guy Has Amazing Football Skills」だ。

続きを全部読む

次々とペットボトルをぶった斬る太った男がカッコイイと話題に

なにごとも「どうだ!」とばかりに自信をもってやることが大切だ。人はその圧倒的な迫力に押され、たとえどうしようもないことでも「お、おう……」としか反応できなくなったりもする。そんな芸当ができる男は、男も惚れる男であり、尊敬に値する。

ということで今回ご紹介したいのは、ペットボトルやウォーターボトルを様々な武器で一刀両断する男、ウィル・キースさん(Will Keith)である。「太っちょ」のレベルより遙か上の、どう見ても太っている男性なのだが、彼のプレイはカッコイイの一言に尽きる。

続きを全部読む

「太っている人はどんなに頑張って痩せても過去のネガティブなイメージを払拭できない」という研究結果

肥満を克服すべく日々ダイエットに励む方には悲しすぎる研究結果が報告された。

英マンチェスター大学、米ハワイ大学、豪モナシュ大学の共同研究によると、太っている人はどんなに頑張って痩せても、過去のネガティブなイメージを拭い去ることはできないというのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2