「ディズニーシー」にまつわる記事

【インタビュー】コマ撮りアニメ『JUNK HEAD』堀氏の異色過ぎる経歴 / 制作から撮影まで独学で学び「ベストアニメ」を受賞していた!

2017年6月25日に東京・秋葉原のUDXで上映が決定している、コマ撮りアニメーションによる映画作品『JUNK HEAD』。この作品は、クリエイターの堀貴秀氏が手掛けたもので、ベースとなっている作品(JUNK HEAD1)は彼が4年間、ほぼひとりで制作にあたったそうだ。

世界最大級の短編映画の祭典でベストアニメーションを受賞した『JUNK HEAD1』は、堀氏の処女作でもある。4年もの長きにわたってほぼ1人で、なおかつ独学でコマ撮りアニメを学んだという彼。一体その原動力はどこからくるのか? そしてどのように映像を制作しているのか? その真実を探るために、彼のスタジオにお邪魔してお話を聞いた。

続きを全部読む

東京ディズニーシーに『アナ雪』エリアがクルー!! ランドには『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』とのプランを発表!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドが、2015年4月28日、今後10年間の開発構想を発表。その内容がとっても素敵なのだ! ディズニーランド(以下、ランド)はファンタジーランドを再開発し、規模を約2倍に大幅拡張する計画とのこと。そこには新たに『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』をテーマとするエリアが登場予定だというのだ!

デイズニーシー(以下、シー)には、8つ目となる新たなテーマポートを開発し、全体テーマを「北欧」とする方針だとか。そしてその中には、大注目『アナと雪の女王』をテーマとしたエリアも新設される予定とのこと!! 構想のイメージ画も公開され、早くも待ちきれない世界観が広がっている〜!

続きを全部読む

【コラム】アンチではないのに未だにディズニーシーに行ったことがないと「レア人間」扱いされるけどそれはそれで悪くない

2001年に東京ディズニーシー(以下、シー)が開業して以来、今年で14年が経つ。その間、来場した多くの人々に夢と希望を与え続けてきたことだろう。年に何度も通うほどのディズニーファンも、かなりいるらしいではないか。

だがしかし。なかには、未だに一度も行ったことがない人だっているはず。かく言う私(筆者)もそうである。そんなシー未体験の人は、14年の歳月が流れた今、そろそろ「レア人間」扱いされ始める時期に突入しているのだが、ふと「それも悪くないな」なんて思うのだ。

続きを全部読む

ディズニーファンがアニメコスプレイヤーに苦言「まともな人間ならばアニメ漫画のコスプレで(ディズニーランドに)入園しよう!とはならない」

ハロウィンのシーズン到来。街はハロウィン用の飾りつけでにぎわい、仮装をして楽しむ人もいるようだ。そんななかとあるインターネットユーザーが、仮装について苦言を呈している。

どうやらその人物はディズニーファンであるらしく、仮装してディズニーランドを訪れたアニメコスプレイヤーがいたことを知ったようだ。そのことについて、次のように Twitter に投稿していたのだ。

続きを全部読む

【速報】増税の影響でディズニーの入園料も値上げと報道! 本当に値上げするのかオリエンタルランドに聞いてみた

2013年10月1日、安倍晋三総理が消費税率を2014年4月に8%に引き上げると表明した。この増税対策に市民や企業からは不安の声も出ている。

そんななか、日本経済新聞が「ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドも増税後にワンデーパスポートの値上げを検討」と報じた。なんと世知辛い……! 夢と魔法の国・ディズニーリゾートにまで増税が影響を及ぼすのだろうか? オリエンタルランドに聞いてみた。

続きを全部読む

よくぞこの記事を読んでくれた! 絶対に女子にモテる最強スマホを紹介しよう!

ヤバい。マジでヤバい。「コレ持ってたら絶対女子にモテる」ってスマホ見っけた。マジでヤバいから黙ってようと思ったけど、少子化が心配だから教える。

・絶対に女子ウケするぞ(笑)
そのスマホは、ドコモから出た最新の『ディズニー・モバイル』。 やっぱイケてる男子なら「場所」だけじゃなく「物」もディズニー色出しまくって、「コレかわいいだろ?」って女子にドヤ顔でサラッと自慢したいよな(笑)。

続きを全部読む

【画像多数】30周年の東京ディズニーが幸せであふれすぎてて「夢と魔法と “幸せ” の国」になっていたぞーーッ!

幸せがあふれる場所。誰もが追い求める夢のような場所であり、魔法を使わない限りそんな場所は作れはしないだろう。しかしそのありえない「幸せがあふれる場所」を、記者(私)はついに見つけてしまった。そう、それは30周年を迎えた東京ディズニーリゾートである!

東京ディズニーリゾートは、東京ディズニーランド開園30周年を記念して、2013年4月15日から特別プログラム「ザ・ハピネス・イヤー」をスタートする! この「ザ・ハピネス・イヤー」は、2014年3月20日までの340日間にわたって行われる史上最大規模のプログラムであり、ディズニーファンたちから非常に大きな期待が寄せられている。

続きを全部読む

【ダッフィーとの旅】ディズニーに春がキターーッ! 可愛い花々が咲き誇るディズニーシーの高揚感が異常な件

みなさん、ついに来てしまった! そう、あれが来てしまったのである! 心躍る春が、とうとうディズニーに来てしまったのである!!

このたび東京ディズニーシーにおいて、3月18日からミッキーとダッフィーが主役を務めるスペシャルイベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」がスタートした。これはミッキーとダッフィーが、ミニーとシェリーメイに世界中の春を見せてあげるため船旅に出るという内容のイベントで、ディズニーシーはこれに伴って春一色に姿を変えるという。

昨年末からディズニーLOVEの記者(私)はディズニーに春が来たという情報を手に入れるや否や、ディズニーシーにすっ飛んで行った! そしてこれがもう……最高に可愛く、最高に楽しいのである!!

続きを全部読む

東京ディズニー初の公式アプリ「ハピネスカム」を使ってみた→可愛すぎて笑った! そしてハマった!!

今年2013年で30周年を迎え、大きな盛り上がりが期待される「東京ディズニーリゾート」。その東京ディズニーリゾートがこのたび30周年を記念して、なんと初の公式スマートフォンアプリを発表し、話題を呼んでいる。そのアプリとは、3月15日よりダウンロードができるカメラアプリ「ハピネスカム(Happiness Cam)」である!

これは撮影した写真に、ディズニーならではのデザインやアニメーションを加えられるというもので、このアプリを使えば、いつでも「夢の世界」が味わえちゃうのだ。昨年からディズニーLOVEになってしまった記者(私)は、居ても立っても居られず、早速この東京ディズニー初のカメラアプリを使ってみた!

続きを全部読む

前代未聞のプレゼント『ディズニーホテルミラコスタ30連泊』が凄すぎてネットユーザー驚愕! 「社会復帰できなそうw」

あるとんでもないプレゼントが、ネットユーザーに衝撃を与えている。

そのプレゼントとはズバリ「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ30連泊」! そう、信じられないかもしれないが、あの大人気ホテルに30連泊もできちゃうプレゼントなのだ! す、凄すぎだろーーッ!

続きを全部読む

『バケーションパッケージ』を使って小学生ぶりに夢の国へ行ってみた → 感想「ディズニー愛してるぜーーッ!」

多くの人を魅了してやまない、夢がかなう場所 『東京ディズニーリゾート』。今年で26歳になった記者(私)は、人生で一度しか東京ディズニーリゾートを利用したことがなかった。それも行ったのは自分が小学生だった家族旅行の時で、当時ディズニーシーなんてものは存在していなった。そう、当時入園したのはトゥーンタウンができたばかりの東京ディズニーランド。それ以来、一度も東京ディズニーリゾートを利用したことがなかったのだ。

しかし大人になった今でも、周りのあらゆる人から東京ディズニーリゾートの素晴らしさについて熱弁される。それを聞いて、記者はこう疑問に思っていた。「ディズニーリゾートの何が、ここまで人々を魅了するのだろうか?」と。

それでは、実際に行って体験してみよう。そして行くならとことん楽しもう! そう決心した記者は、泊まりながらディズニーが楽しめるという 『東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ』 を利用してみることに。その結果、記者の気持ちはこうなった。

続きを全部読む

ディズニーシーのファンカストさんたちのパフォーマンス動画がどれもこれもスゴイと話題に!

ディズニーランドやディズニーシーに行った時、思わず見とれてしまうのがお掃除スタッフさんの動きです。無駄のない動きに親切丁寧な心配り。さすがはディズニー、まったく隙がございません!

そんなお掃除スタッフのなかでも、いきなりパントマイムや効果音付きのパフォーマンスを始めてしまうのが「ファンカスト」と呼ばれる人たちです。どんな人たちなのかは、YouTubeにアップされた数々のファンカストさん動画を見ればよく分かるよ!

続きを全部読む

待ち時間が6時間40分!? ディズニーシーの新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」の人気ぶりが凄い!

2012年7月9日東京ディズニーシーに、注目を集めていた新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」がついにオープン! 前評判の高かったこのアトラクション、予想通りオープン当日の人気ぶりが凄い! なんと午前10時30分時点で、待ち時間が400分! つまり6時間40分待ちだったというのだ!

続きを全部読む

1人の女性を描いた東京ディズニーリゾートのCMが世界で大絶賛! 海外ユーザー「美しいコマーシャルだね」

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーなど最高のテーマパークで、最高のおもてなしを人々に届ける「東京ディズニーリゾート」。そのテレビCMが現在日本だけではなく、海外でも「素晴らしい!」と非常に高い評価を得ている。

その話題のテレビCMについて、東京ディズニーリゾート公式サイトには次のような説明が記されている。

続きを全部読む

お一人様ディズニーランドは男性と女性どっちが多いのか?

今日何かとお一人様が流行っていますよね。例えば、お一人様焼肉、お一人様カラオケ、お一人様鍋などなど…。最近筆者も東京ディズニーランドで、たくさんのお一人様を見かけました。結構いるみたいなんですよ、お一人様遊園地。

でも、いったいどれだけ「お一人様ディズニーランド」はいるのでしょうか。気になった取材班は、さっそく『ロケットニュース24』読者にアンケートを取ってみました! 気になるアンケート結果は以下のとおりです。

続きを全部読む

ミッキーマウスは1匹しかいない。それが公式として知られているルールである。よって、ディズニーシーとディズニーランドにミッキーマウスたちが登場したとしても、決して同じ時間帯に現れることはないというのだ。

つまり、ディズニーシーにミッキーマウスが登場しているときは、ディズニーランドにミッキーマウスは出てこない。ディズニーシーからミッキーマウスがいなくなると、ディズニーランドにミッキーマウスが現れるというわけである。

続きを全部読む