2月15日、それは4年ぶりに大規模なソーラー・フレア現象が観測された。その影響で、各地でオーロラが観測され、中国の一部の地域などでは通信障害があった模様だ。幸いにして被害はそれほど甚大ではなかったようだが、この日のフレアはこれから始まる災害の兆しかもしれないと科学者たちは懸念している。

続きを全部読む