「ゼリー」にまつわる記事

【リアルすぎ】タイの犬ゼリーが逆に微笑めない

微笑みの国、タイ王国。タイに訪れたことがある人ならばご存じのことと思うが、空港に着いた瞬間から市街に至るまで、あちこちで笑顔に遭遇する “本気の微笑みの国” である。きっとあの笑顔に会うため、定期的にタイを訪れる人も多いことだろう。だがしかし……。

そんなタイで今、「逆に微笑めないゼリー」が話題になっている。というのも、ゼリーは犬の形をしており、口にするのがためらわれるほどリアルなのだ。

続きを全部読む

【神戸市民熱愛】学校給食で出てきたという「とくれん」を生まれて初めて食べた!

特定の土地の一定の世代にしか通じない言葉がある。それは流行語のときもあれば商品名や人名のときもある。同窓会などで昔の話をするときに出てくると盛り上がるワードがあるだろう。

そんなワードが兵庫県神戸市にもあった。その名も「とくれん」。神奈川県出身の私には何のことかサッパリわからなかったのだが、30歳以上の神戸市民のほとんどがこのワードを知っているらしい! 一体「とくれん」とはどんなものなのか?

続きを全部読む

【実験】「ゼリーの日」だから12リットルの『巨大ゼリー』を作ってみた

本日7月14日は『ゼリーの日』である! この日は元はというと、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が 「ゼラチンの日」として制定していたもので、この時期からゼリーの消費も高まるため、『ゼリーの日』としても改めて制定されたものだ。つ、ついでじゃないよ。

それはさておき、みなさんが目にしたゼリーで、一番大きかったのはどれくらいのサイズだろう? おそらく自宅で作るゼリーが最大級だと思うが、それでもせいぜい1リットルくらいに違いない。せっかくの記念日だから、とんでもないゼリーを作ってみたいぜ……!

続きを全部読む

【コココ】キングダムのコラボカフェ登場!「王騎のぷるぷるくちびるゼリー」は絶対に注文しなさい!!

全国に30店舗以上を展開するスイーツ食べ放題店、スイーツパラダイス。おっさんはともかく、若い女性ならばお馴染みのことだろう。そんなスイーツパラダイス池袋店が、期間限定で超人気漫画「キングダム」とコラボカフェをオープンするという。

キングダムが掲載されている “週刊ヤングジャンプ” の発売日である木曜日を心待ちにし、「三度の飯よりキングダム」をモットーにしている記者としては見逃すことは出来ない……! というわけで、スイーツパラダイス池袋店に足を運んだのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

前代未聞! 制服にマヨネーズ・ゼリー・焼肉のタレをぶっかける事件が続発

北海道・札幌市の西区と中央区で、前代未聞の事件が発生していることが判明した。このふたつの地域で2012年4~6月までの間に、制服の女子中学生に背後から、マヨネーズなどをかける事件が相次いでいるという。マヨネーズだけではなく、ゼリーや焼肉のタレをかけられる被害を受けている生徒もいるという。犯行は登校時と下校時に発生しているようだ。犯人の目的はいったい何なのか?

続きを全部読む

パウチ型ゼリー飲料『MOGFUL』がお手軽ウマい! カップ型と変わらない味わい

忙しい時の昼メシでも、絶対にスイーツは欠かせない! だけどカップのスイーツはいちいちスプーンを使わないといけないし、意外とメンドクサイと思っている人に朗報だ。

コンビニでもスーパーでも見かける、おいしいカップ型のフルーツゼリーでおなじみの『たらみ』が、新しくパウチ型のゼリー飲料『MOGFUL』を3月19日から発売したぞ!

続きを全部読む

ゼリーの商品紹介ページがギャルゲーにしか見えないと話題に

岡山県のとある農産物加工組合のホームページが、インターネットユーザーの間で注目を集めている。この組合の主力商品はゼリーなのだが、話題となっているページを見ると、どう見てもゼリーの商品紹介をしているようには見えない、どちらかと言えば、ギャルゲームの紹介ページのような印象を受けてしまうのだ。

このページについてネットユーザーからは「たまげたなぁ」や「ページ開いた俺、ポカーン」など、驚きをあらわにしたコメントが寄せられている。

続きを全部読む

将来のコンピュータメモリーはゼリー状になる

米ノースカロライナ州立大学の研究者らは、このほど今までにないコンピュータ・メモリ素子を開発した。それは、ゼリーのように柔らかく湿気に強いそうだ。

現在のメモリーは衝撃に弱いうえに、湿気や水分を嫌う。当然ながら、パソコンを落としたり濡らしたりすれば、壊れるだけでなく、メモリー内部も損傷を受けデータは消失してしまう。このメモリ素子が実用化した暁には、これら主な故障原因の影響を受けにくくなるようだ。

続きを全部読む