「セルフィー」にまつわる記事

【奇跡の1枚】ブルース・スプリングスティーンのライブでファンの美女が撮った「自撮り」が完璧すぎる

アメリカンロックのカリスマ、ブルース・スプリングスティーン。1975年のアルバム『明日なき暴走(Born To Run)』で大ブレイクをはたし、御年67歳になった現在もスタジアムを満員にする人気ぶりだ。

今回ご紹介する画像は、ある美女が彼のライブを見に行った際に写した自撮り画像である。カメラは熱狂する会場の様子をとらえているのだが……オォーッ! まさに「このタイミング!!」と叫びたくなる、奇跡のようなショットになっているのだ。

続きを全部読む

【注目】格安の「スマホケース型自撮りドローン」登場!  800万画素カメラ&高性能ブレ防止スタビライザーを搭載

続々と新製品が発表されている自撮りドローン市場に、注目すべき高性能ドローンが登場した。その名は『SELFLY Camera(セルフライ・カメラ)』である。

自撮りドローンはこれまでも多数発表されているが、価格と性能のバランスが取れている機種は少ないのが現状だ。そんな中、超小型軽量で安定した飛行を実現していながらも1万円以下(2017年1月27日時点)だというから、これは期待せずにはいられない。

続きを全部読む

【動画あり】スパイ映画かよ! スマホケースに収納できる「自撮り専用小型ドローン」がついに登場!!

高性能化はもちろんのこと、もの凄いペースで小型化されていくドローン。持ち運びやすさを考慮すれば、小型化するのは自然の流れなのかもしれない。そんな中、スマホユーザーなら誰もが1度は使ってみたくなる夢のドローンが登場した。

今回ご紹介するのは……なんと、スマホサイズの自撮り専用ドローンである! 2016年11月25日現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter 」で出資者募集中の製品だ。

続きを全部読む

ワニと自撮り撮影しようとした男性バックパッカーが昼寝してたワニの背中に落下し腕を噛まれる

最近では、SNSでたくさんの ‟いいね!” をゲットしたいばかりに、危険な場所で自撮り撮影をして事故を起こしたり、常識を疑うような行為に走ってしまう人がいる。

以前、「毒ヘビと自撮りして噛まれた挙句、2000万円の治療費を請求された男」のニュースをお伝えしたことがあった。そして今度は、ワニと自撮り撮影しようとして、「昼寝中だったワニの背中に落下した」男性が出現! ご多分に漏れず、彼も痛っ~い目に遭ってしまったのである。

続きを全部読む

また変な流行りが……1人でハイタッチしながら自撮りする写真がネットでトレンドに! 意外に成功させるのは難しい模様

‟自撮り” という言葉が使われだしてから久しくなるが、危険な場所でポーズを取ったり、変わった自撮り写真で注目を浴びようと、まだまだ自撮りブームは去る気配はないようだ。

そんななか、1人でハイタッチをしながら自撮りする写真が、ネットでトレンドになっているというので紹介したい。また変なコトが流行り出したな……という印象は否めないが、1人ハイタッチの自撮り撮影は、意外に成功させるのが難しいようなのだ。

続きを全部読む

【動画】マジで使える「自撮り専用ドローン」がついに日本上陸! 簡単操作&ポケットサイズ&4Kカメラ搭載だぞ!!

インスタグラムやフェイスブックなどのSNSでよく見かける自撮りの写真やムービー。スマホのカメラが高画質になり、簡単に綺麗な映像が撮れるようになったものの、やはり自分の手を伸ばして撮るとなればアングルにも限界はあるだろう。

そこで登場したのが、これからご紹介する小型の自撮り専用ドローンだ。ポケットサイズでありながら本格的な撮影が行えるというその自撮り専用ドローンは、これまで自撮りをあまりしていなかった方も思わず欲しくなる逸品となっているぞ。

続きを全部読む

【動画あり】ネットで話題の「自撮り専用ドローンカメラ」が有能すぎる件 / 早く日本でも発売してくれー!

ホビーの枠を超え、最近ではプロの空撮用のツールとしても広く知られるようになったドローン。以前よりも飛行が安定するようになったとはいえ、やはり高速で回転するプロペラが人体に接触してしまうと、ケガに至る可能性も大だ。

しかし今、そんな安全上の問題を解決した「自撮り専用ドローン」がネットで話題を呼んでいる。1度見たら欲しくなること間違いなしのそのドローンの詳細を、ぜひ動画と共にご覧いただきたい。

続きを全部読む

自分の逮捕写真が気に入らなかった男が「自撮り写真」を警察に送りつける → 勘違いなキメキメっぷりが妙に哀愁漂う件

誰でも、人生においてセカンドチャンスを与えられるべきかもしれないが、どう転がっても無理な場合もある。そんな良い例が転がり込んで来たので、ぜひ紹介したいと思う。

ある男が逮捕され、警察でマグショット(逮捕写真)を撮られたのだが、写真写りが気に入らないと、なんと、後になって代用の自撮り写真を警察に送りつけてきたというのだ! 「もっとカッコいいマグショットを!」とセカンドチャンスを望む気持ちがアリアリとうかがえるが、その写真の勘違いなキメキメっぷりが最高にシュールで、哀愁すら漂っているのである。

続きを全部読む

自撮り写真を完璧に! ビヨンセのスタイリストが写真をきれいに撮れる「光るスマホケース」を生み出して注目の的に!!

SNSやネットで自撮り写真を見かけることが本当に多くなった。なかには肌のトーンをきれいに見せたり、写真をアーティスティックな仕上がりに加工できるアプリを使用している人もいるだろう。

だが、いちいち写真を加工するのは結構面倒だ。そんななか、世界の歌姫ビヨンセのスタイリストが、「光るスマホケース」を生み出して注目を浴びているというので紹介したい。このスマホケースを使えば、写真をアプリで加工しなくても、きれいな仕上がりになるというのだ!

続きを全部読む

海外で自撮り写真を切手にできる「マイ・スタンプ」サービスが話題!! オリジナルな切手で受け取り人をサプライズできちゃうかも!?

近頃はメールでのやり取りが主流となり、手紙を出す機会がめっきり減ってしまった。よって、切手を買うことも少なくなっているが、それでも次々と記念切手が発売され、コレクターは切手収集に勤しんでいる。

そんななか、インドでは自撮り写真やペットなど、オリジナルの写真を切手にできる「マイ・スタンプ」サービスが話題を呼んでいるというのだ。何それ面白そう! このサービスのおかげで、コレクターは切手収集に奔走することになるかもしれない!!

続きを全部読む

【物議】出産中の妻を背に自撮り! SNSに投稿した夫にネット住民の反応は……

一人の女性が生涯のうちに出産する機会はごくわずか。特に、第一子の誕生とは、まったく未知なる世界への興奮、そして感動があるものだ。そんな、人生に一度きりの最高な瞬間を、記憶と共に記録に残そうという風潮は年々強まっているが……

出産シーンの撮影に関しては、賛否両論。当人たちにとっては美しい世界であっても、赤の他人からしたら必ずしも気分のよいものとは限らないのが現実だからだ。苦痛に歪む表情だって、人には見られたくないのが心情。しかしこの度、妻の出産シーンを背景に自撮りし、SNSに投稿したパパが物議を醸(かも)している。

続きを全部読む

カッコよく写っているかい!? 「自撮り写真を評価してくれるTwitterアカウント」が登場! SNSに投稿する前にチェックできるぞ

自撮り写真や、セルフィーという言葉が一般的に浸透するようになったが、自分で自分を撮った写真を客観的に見るのは案外難しい。自分ではカッコ良く写っていると思っても、他人が見たらそうでもない……なんてことはよくある話だ。

写り具合を確認したくて友達に感想を求めたとしても、正直に答えてくれるとは限らない。そんななか、Twitterに自撮り写真を正直に評価してくれるボットが登場して、注目を集めている。ボットとは、自動でタスクを実行するアプリケーションソフトのことだが、FacebookやInstagramに自撮り写真を投稿する前に、ボットの客観的な意見を聞いてみてはどうだろうか!?

続きを全部読む

【そこじゃない】「ヤギとの記念写真」なのに全然違う “箇所” に注目された青年

「ちがう、そこじゃない」。人と人とのコミュニケーションにおいては、時として想定外の捉え方をされてしまうことが、しばしばある。例えば、画像共有サイト「imgur」に自撮り画像をアップした この青年のように……。

この青年は、ランニング中にヤギと遭遇。そして、そのヤギは飼い主に捕まえられるまでの約3.2キロ、ひたすら彼についてきてしまったようだ。そんなヤギさんと、記念にパチリ。そして写真をネットに投稿したところ……本人の意図とは全然ちがう箇所に注目が殺到! ヤギどころの騒ぎじゃなくなってしまったようだ。

続きを全部読む

【注意喚起】自撮り撮影絡みで起きた死亡事故は「サメに襲われて死亡した人数」よりも多いことが判明!

つい先日、「自撮り棒で撮影しながら運転したらこうなっちゃうぞって動画」を紹介し、自撮りに気を取られていると、危険な目に遭いかねないことを注意喚起したばかりだ。

そんななか、なんと自撮り撮影絡みで起きた死亡事故は、サメに襲われて死亡した人数の約2倍との事実が発覚したというのである! 手榴弾を持って自撮り撮影中に、手榴弾が暴発して死亡した青年もいるとのことで、冗談では済まないぐらい自撮り撮影は危険なようだ。

続きを全部読む

【自撮り】クマとセルフィーしたがる人が多すぎてコロラド州の公園が閉鎖

‟自撮り” や ‟セルフィー” という言葉が聞かれるようになってしばらく経つが、いまだにその人気は衰える気配がない。それどころか、少しでも刺激的な写真を撮ろうと危険な場所やポーズで撮影して、事故につながるケースも増えている。

そんな人達が、アメリカの国立公園でクマと自撮り写真を撮りたがるため、なんと公園が一時的に閉鎖してしまったというのである!!

続きを全部読む

【注意喚起】自撮り棒で撮影しながら運転したらこうなっちゃうぞって動画

手軽に自撮り写真が撮影できる自撮り棒は便利だが、東京ディズニーランドなどをはじめ、多くの観光地や美術館でも使用が禁止されるようになった。

邪魔になったり、怪我や事故の原因にもなり兼ねないからだが、それがよ~く分かる動画「Jeep GoPro Selfie Fail & Aftermath」を紹介したい。 自撮り棒で撮影しながら運転したら、こうなっちゃうぞ!! という、良い例を教訓にして頂けたらと思う。

続きを全部読む

【まさか】事故原因は自撮り棒? 自撮り棒を持ってハイキング中の男性が雷に打たれて死亡する事故が発生

自撮り棒があれば、撮影を頼める人がいなくても記念写真が撮れるというもの! 旅行の際は必ず携帯している人もいるのではないだろうか?

しかし、環境によっては自撮り棒は、かえって危険な存在になるようだ。登山中の男性が雷に打たれて死亡する事故が起きたのだが、「持っていた自撮り棒に雷が落ちたのではないか」と言われているのである。

続きを全部読む

撮り方だけでこんなに変わる! ボディをかっこよく見せる自撮りテクが話題

バレない程度にお腹をへこませて……パシャリ! ──自撮りをするとき、もしくは誰かに自分の写真を撮られるときに、ちょっとでも自分をスリムに見せようと そうやって “頑張った” 経験がある人は多いのではないだろうか。

そんな人に、今ネット上で話題を呼んでいる「簡単に見た目の印象を変える自撮りテク」を紹介したい。実際に撮った写真を見比べると……確かに違う! 表情が変わっているから顔の印象が違うのは当然にしても、ボディがなんかカッコイイ! ダイエットのビフォーアフター写真みたいになってるやん!!

続きを全部読む

ゾウにバナナをあげていたら珍事が発生!! 長~い鼻でカメラをを奪い取って「自撮りしちゃったゾウさん」がキュートだゾウ!

自分で自分の写真を撮影するセルフィー(自撮り)が大流行してからしばらく経つが、まだまだ人気が衰える気配はない。そして、セルフィーを楽しんでいるのは、どうやら人間だけではないらしい。

というのも、ある観光客がゾウにバナナをあげていたら、ゾウが長~い鼻でカメラを奪ってセルフィー写真を撮影してしまったというのだ!! アングルも表情も最高にかわいらしい、究極のセルフィー写真に仕上がっているゾウ!

続きを全部読む

【その発想はなかった】雑技団かよ!? 中国の「自撮り技」がナナメ上すぎる / 本当に使えるか試してみたらこうなった

自分で自分の写真を撮ることを「自撮り」。そんな自撮りのウィークポイントはというと……やはり、片手がふさがってしまうことだろう! また、写真に手や自撮り棒が写りこんでしまうと、なんとなく恥ずかしいものだ。

そんな自撮りの弱点をカバーする「神技」が、中国女子の間で定着しつつあるらしい。その技とは、足の指にスマホを挟んで自撮りするというもの。なん……だと……? アイヤーッ、その発想はマジでなかったわ! 詳しいやり方は以下の通りである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3