「セブン-イレブン」にまつわる記事

【朗報】毎日10万円が当たるキャンペーンやってるゾォーーー!!! 『オムニ7』に会員登録して応募するだけ!!!

当たり前のことだが、欲しいものがあっても金がないと買えない。金金金ェーッ!と、金ばかりを追いかけるのもどうかと思うが、確実にいえることはないよりあった方がいい、絶対。

現在、セブン&アイのショッピングサイト『オムニ7』にて、毎日1人に10万円が当たる超絶うれしいキャンペーンが実施されている。10万円あったら……アレもコレも買える!!!

続きを全部読む

【女子必読】男性にチョコを渡すベストな時間は12時8分!? 『セブン&アイ』が男性700人に聞いた「バレンタインの本音」がめちゃ興味深い!!

今年も、もうすぐあのイベントがやって来る。そう、世の男どもを一日中ヤキモキさせる「バレンタインデー」である。毎年のことなのに、しかももういい年齢のオッサンなのに、2月14日が近づくとそわそわしてしまうのはなぜなんだろう。

こんなに意識するのはもしかして自分だけなのか、と思い悩んでいるところへ、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)から、「2017バレンタイン発表会」の招待状が届いた。

セブン&アイは昨年11月、10~50代の男性700名を対象に、「バレンタインの本音」を大調査。その結果が発表されるという。男性たちのバレンタイン心理やいかに……イベント会場に潜入したゾ!

続きを全部読む

【待ってた】ブタメンが巨大化! セブン系列限定「ブタメンBIG」を食べてみた

コンビニの駄菓子コーナーで販売されているブタメン。「なぜカップ麺の棚に置かないのか?」という疑問はさておき、70円前後のミニカップ麺の中では最強クラスのウマさを誇るのではなかろうか。

ぶっちゃけ「金を出すからもっとデカいサイズを!」と願った日々もあった。しかし、所詮は叶わない夢……と思いきや、普通にコンビニで売っていてビックリ仰天。喜びに震えながら購入し、通常サイズと食べ比べてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【嬉しい注意喚起】セブン‐イレブンのカフェラテに待望の「Lサイズ」が登場!! いつもの調子で「R」を押さないように!

私はセブン-イレブンのカフェラテが大好きだ。セブンに立ち寄ることがあったら絶対にカフェラテ。冬であろうともアイスカフェラテ。夏ならなおさらセブンのカフェラテ。あの絶妙な甘さが東南アジアを思い出させてくれて、実に最高なのであ〜る。

それはさておき、つい先ほど。いつものようにセブンでカフェラテの容器を手に取りレジに行き、いつものようにコーヒーマシンにセットして、何も考えずに「R」を押した。すると……なんかコーヒーの量が少ない!! いったいなぜ? ──と思ったら!!

続きを全部読む

【マッハで売り切れ】超レア東京限定商品『東京牛乳ラスク』が激ウマすぎる / 買えるのは多摩地区、杉並区、世田谷区、中野区、練馬区、板橋区のセブンのみ

誰にでも、ひとつやふたつくらいは「見かけたら即ゲット!」という商品があるだろう。そんなことを書いている当の私(羽鳥)には無かったのだが、人生初の “発見次第即ゲット商品” ができてしまった。それこそが、幻の『東京牛乳ラスク』である。

マジうまい。本当に激ウマ。牛乳の美味しさとラスクのカリカリが絶妙にマッチ! しかも濃厚! 超絶ミルキー!! こんなにウマいラスクは食べたことないッ!!……ってレベルである。ところが、なかなか売っていない。ゆえに「幻(まぼろし)」なのだ。

続きを全部読む

【期間限定】セブン-イレブン×進撃の巨人のWEB動画が秀逸 / ギリギリで壁を越えられない巨人の姿に泣いた

漫画から始まり、テレビアニメ、映画など、いずれも爆発的ヒットを飛ばした作品と言えば諫山創先生の『進撃の巨人』である。圧倒的な力を持つ巨人とそれに対抗する人間とのバトル、手に汗を握る展開から目が離せない!

これまでにもさまざまなコラボレーションを展開している『進撃の巨人』だが、5月22日(金)からセブン-イレブンとのコラボフェア、キタァー! そして、そして、このフェアのために制作されたWEB動画がこれまた秀逸なのだ!

続きを全部読む

【めちゃカワ新発売】こんなの可愛すぎて食べられない! セブンの「ことりのむーすけーき」と「ぶたさんむーすけーき」を買ってみた / 結局食べた

本日2015年2月27日、全国のセブン-イレブンで、「ことりのむーすけーき」と「ぶたさんむーすけーき」が新発売となり、早くもその可愛さが話題となっている。筆者もさっそくセブンで2匹を購入し、お味はどんなもんじゃい! と、袋から取り出すも……。だ、だめだ……! あまりの可愛らしさに、どこから手をつけていいのかわからない……。

この愛くるしい眼差しのこの子たちに、フォークという刃を向ける気になるまで、5分少々かかった。結局、この愛くるしい姿を画像に残そうと、とにかく撮影しまくった後、満足した筆者はさっそく頂戴した。お味やいかに……!

続きを全部読む