「スマホ」にまつわる記事

狩りの最中に「この茂みの中にライオンが潜んでいる」とスマホで撮った写真を日本人に送ってみたらこうなった / マサイ通信:第98回

スパ! みんな、スマホばっかり見てないか? はっきり言って目が悪くなるぞ。今すぐスマホなんて捨てちまえ。もしくはスマホを「マサイ通信を読む専用」にしろ。……とか言ってるオレはスマホをバリバリ見てるけどな。ハッハァ〜〜(Hahaaaa)!!

さて。そんな視力の話をするのも、今回紹介する1枚の写真がきっかけだったりする。先日、ゴー(羽鳥)に、「この茂みの中にライオンがいる」って言葉を添えて、この茂みの写真を見せたのさ。そしたらゴー、興奮して「どこ? どこっ?」ってな(笑)

続きを全部読む

さっそくAmazonで「iPhoneX」用ケースの販売が始まる

米国時間2017年9月12日午前10時(日本時間9月13日深夜2時)に開催されるAppleのスペシャルイベントでの発表が期待される新型iPhone。今回はiPhone誕生10周年ということで、10を表す “X” の文字を冠した「iPhoneX」発売の噂がささやかれている。

そんな中、さっそくAmazonで「iPhoneX」に対応したケースが続々と登場。Appleの正式発表を待たずして、新型iPhoneに関する噂が現実味を帯びてきている。

続きを全部読む

【アホやろ】スマホと “180分間にらめっこ” してアレを熟成できたら豪華商品プレゼント! どれだけ無謀なチャレンジか検証した結果

2017年9月4日、コカ・コーラシステムから新商品「熟成烏龍茶 つむぎ」が発売される。なんでも、丁寧に寝かせて熟成させた国産烏龍茶葉を100パーセント使用し、烏龍茶本来の華やかな香りを引き出しているのだとか。

文面からすでに上質感が漂ってくるが、そんな「熟成烏龍茶 つむぎ」のキャンペーンサイトがヤバすぎるのでお伝えしたい! というか、頭がおかしいとしか言いようがないのだ。それもそのはず、なんと180分間スマホと “にらめっこ” をしないといけないのである。ああ……ちょっと何を言っているのかわかりませんね。

続きを全部読む

SONYが発表した「新型Xperia」の新機能がヤバイ

2017年8月31日、ソニーが人気のスマートフォン「Xperia」シリーズの新機種『Xperia XZ1』と『Xperia XZ1 Compact』らを発表した。今秋から世界の各市場で導入予定だという。

新機種はハイスペックなだけでなく、ソニーが独自に開発した新機能が搭載されているというから見逃せない。そこで今回は、製品の紹介動画とともに詳細についてお伝えしたい。

続きを全部読む

ながらスマホ怖すぎ! 原付に乗ったまま操作していた男性が陥没した道路に気づかず落下

ながらスマホは、人にぶつかったり事故の原因になったりで、日本だけでなく世界中で大きな問題になっている。特に危険なのは、乗り物を運転しながらの操作。最悪の場合、人の命を奪ってしまう事故にも繋がりかねない。

そんななか、中国で道路が突然陥没する事故が発生。そこに、ながらスマホで原付に乗っていた男性が通りかかり、まさかの事態が起きていた。

続きを全部読む

日本にもはよ! スマホをゲームボーイに変身させる「SmartBoy」が米国で爆誕 / 本物のカートリッジが使えるぞ!

1989年に発売されて一世を風靡(ふうび)した携帯ゲーム機が『ゲームボーイ』だ。カートリッジを入れ替えることで様々なゲームがプレイできる画期的なシステムに加え、「スーパーマリオランド」や「テトリス」「ポケモン」などのタイトルが人気を博し、瞬く間に大ヒット商品となった。

そんなゲームボーイの機能を、スマホに追加できるアクセサリーが米国で発表され、話題沸騰中だ。このアクセサリー、ただ見た目が似ているだけではない。本物のカートリッジを差し込んで遊べてしまうというのだ。

続きを全部読む

ホノルルで「道路横断中の歩きスマホ」が禁止に! 10月25日以降にハワイに行く人は気をつけよう

日本だけでなく世界中で、歩きスマホや車の運転中によるスマホの使用で事故が起きるケースが多発して大きな問題になっている。

そんななか、ハワイのホノルルで「道路横断中の歩きスマホが禁止」になったという。知らずに道を渡っている時に、歩きながらスマホを見ていたら警察に捕まってしまうため、法が施行される10月25日以降にハワイに行く人は注意が必要だ。

続きを全部読む

暗闇でフラッシュ焚いて人物を撮ると予想外の恐怖写真になる / マサイ通信:第87回

スパ! 今やもう、全世界の人たちがカメラマンだよな。例えばよ、知らない人に一眼レフを渡して「ちょっと撮ってもらっていいですか?」って頼んでも、一眼レフをバリバリ操作できる人は限られている。でもスマホだったら……だいたいOKだろ。

だからこそ、スマホの撮影技術は知っておきたい。もっと上手く撮れるようになりたい。ということで、オレも自分でいろいろ研究してんだけどさ、ど〜もフラッシュを使いこなせなくてさ。だいたい「うわ」って写真になっちゃうんだ。まあ見てよ。

続きを全部読む

周りがまったく見えていない! ながらスマホがどれだけ危険なのかよくわかる動画

日常生活をする上で、なくてはならない存在となったスマホ。電話をはじめ、カメラやゲーム、音楽だって聴けるため、便利すぎる優れものだ。それだけに、常にスマホを触っていないと落ち着かないという人も多いだろう。

しかしつい先日、アメリカで14歳の少女が入浴中にスマホを使用して感電死する痛ましいニュースがあったように、スマホは危険を伴うことを忘れてはいけない。特に「ながらスマホ」は絶対にやってはダメだ。今一度どれだけ危険なのか、使い手は知る必要がある。

続きを全部読む

これは売れる! 身に着けるメモ帳「WEMO」が便利!! メモやスマホを持ち歩けない場面で重宝する

2017年7月5~7日の日程で開催している「国際文具・紙製品展(ISOT2017)」。この会場で、「これは売れる!」と思う製品を見つけたので紹介したい。通常メモを取るとなったら、メモ帳を利用するだろう。最近はスマホアプリでメモを取るという人もいるはずだ。

では、メモを取ることが難しい環境や、スマホを持ち歩くことができなかった場合、どうしているだろうか? 高所作業中の作業員や病院で看護にあたる人たちにとって、メモ帳は時に不便な場合がある。その問題を解決するのがウェアラブルメモの「WEMO」だ。これはペンさえあれば、メモの取れる優れモノ!

続きを全部読む

【検証】20代女子にスッピンで写真撮らせてと土下座した結果 → スッピンの方が可愛くて世界に衝撃が走る

スマホで撮影した写真をSNSに投稿する、というのがすっかり定着している今日このごろ。日常生活の中で見つけたステキなモノやコトはもちろん、かわいい自撮り写真だってすぐさまシェアできる。写真加工アプリもいろいろと登場しているし、楽しみがどんどん広がりますなぁ~!

そんな中、まさかの機能を持つスマホ、モトローラの『Moto G5』が登場した。なんと、スッピン女子でもキレイに撮影できる高機能なカメラを搭載しているらしく、写真加工アプリいらずだというのだ。スッピンでもキレイ……だと!? そんなことが本当に可能なのか、試してみることにした。

続きを全部読む

携帯番号「060」の開放準備が始まったってよ

2017年6月27日、朝日新聞によると高市早苗総務大臣は閣議後の会見で、携帯電話「060」の導入準備を始めたことを明らかにしたという。「090」と「080」については全て割り当て済みで、「070」も2590万番号しか残っていないらしい。

かつて「080」が導入された際は、一部で「090」にプレミアが付いたものだが、今や「080」どころか「070」も決して珍しい番号ではなくなった。果たしてこの流れは進み、「050」や「040」の時代がやって来るのだろうか?

続きを全部読む

【炎上5秒前】実は「違約金なしで携帯電話を解約できる方法」があったことが判明 → 大手三社は客にほぼ説明しておらず行政指導へ

携帯電話やスマホを契約する際、必ずと言っていいほど “縛り” がある。そう「2年契約~」「期間外だと違約金○万円~」という例の厄介なヤツだ。きっと「縛りのせいで機種変するタイミングを逃している」というユーザーも多いことだろう。

だがしかし、実は「違約金なしで携帯電話を解約する方法がある」と朝日新聞が報じたのだ。その方法については後述するとして、問題はドコモ・au・ソフトバンクの大手三社がその説明を客にほぼしていなかったことである。さらにドコモでは「客が自ら契約書の当該部分を指摘しない限り適用しない社内ルールを作っていた」というから悪質だ。

続きを全部読む

【コラム】スマホをいじりながら「公共のトイレ(大)」に立てこもる不届き者は地獄の業火に焼かれて欲しい

ここ数年、歩きスマホを筆頭に “ながらスマホ” が社会問題になりつつある。極論をいえば「スマホの中毒性に人類が負けている」ことが最大の理由だが、強めの罰則を設けるなどしなければ、残念だが ながらスマホは減っていかないだろう。

罰則が設けられた時点で人類の負けのような気がすることはさておき、今回はあまり話題にならないが、極めて悪質な “ながらスマホ” について触れていきたい。それはスマホをいじりながら公共のトイレ(大)に立てこもる『立てこもりスマホ』だ。

続きを全部読む

【爆売れ】Amazonで大人気のモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」を使ってみた

スマホにタブレット、携帯ゲーム機と手軽に持ち運びできるアイテムが増えている今、何かと心配になるのがバッテリー切れではないだろうか。例えば、出先で「スマホの電池がなくなる!」と慌てた経験のある方も多いハズだ。

そこで、ひとつ持っておくと便利なのがモバイルバッテリーである。今回は数ある製品の中でも、2017年3月30日に発売されてから間も無くAmazonで売り切れとなった、大人気のモバイルバッテリーをご紹介したい。

続きを全部読む

【新製品】タフすぎるスマホ「CAT S40」がついに日本上陸! 2017年5月下旬発売

現代人にとって必需品となったスマホ。プライベートはもちろん、仕事でもなくてはならない存在となっている今、心配なのが落下や水没などによる突然の故障ではないだろうか。

そこでご紹介したいのが、2017年5月下旬に日本でも発売されるスマホ「CAT S40」である。あまりにタフすぎて海外で話題を呼んだこの製品は、2015年に60カ国以上で販売され、耐久性のみならず便利な機能を搭載した優れものだ。

続きを全部読む

【動画あり】本体がほぼ液晶! ほとんどフチ無しのスマホ「サムスンGalaxy S8」が登場!!

2016年、製品の発火事故が騒がれたものの、現在も世界トップクラスの人気を誇るスマホメーカーが、「サムスン(SAMSUNG)」だ。そんなサムスンが先日、同社のフラッグシップモデルとなる新型スマートフォンを発表した。

新機種『Galaxy S8』は、シリーズ史上最大の大きさを誇りながら、スリムなディスプレイを搭載しているのが特徴だ。今回はプロモーション動画と併せて、新型スマホの内容をご紹介したい。

続きを全部読む

【動画あり】超集中してレースゲームしている時の「目」がいろいろとヤバイ

もはや今の世の中は20センチだ。いきなり何を言い出したんだと思うかもしれないが、もしもこの記事をスマホで見ていたとしたら、その距離は約20センチ。仮にスマホではなくパソコンだったとしても、だいたい目からの距離は40センチくらいかと思われる。

そして、ふと現実の世界に目をやると、よく遠くが見えなかったりする。こんなに世界は広いのに、至近距離ばかりを凝視しているからだ。そして、そんな生活をしていると、当然ながら目は疲れる。これは良くない。こんな世の中、絶対に良くない!!

続きを全部読む

【パケ死】スマホの「データローミング」をオンにして海外に行ってしまった結果 → 携帯会社「耳をそろえて払ってください」

この世でもっとも恐ろしいことは何か? それは無知である。「そんなこと知らないよ!」は社会では通用しないのだ。そして無知であることは、時としてとんでもない結果を招くことがある。今回、私(あひるねこ)はそのことを嫌というほど思い知らされた……。

スマホには「データローミング」という機能がある。これは設定を手動でオン / オフに出来るのだが、この設定をオンにしたまま海外に行ってしまうと、身の毛もよだつ恐ろしいことが起きてしまうのだ。悔やんでも悔やみきれない私の失敗談を、どうか聞いてほしい。

続きを全部読む

【皮肉全開】レッチリのギタリストが「スマホでライブを撮影しまくるファン」にウンザリ! ギターソロを放棄して “超傑作な方法” で不満を表現!!

アメリカを代表する人気ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下レッチリ)は、2016年6月に通算11枚目となるニュー・アルバム『ザ・ゲッタウェイ』をリリースし、現在はワールドツアー中だ。

そんなバンドのギタリスト、ジョシュ・クリングホッファーがスマホでライブを撮影しまくるファンにウンザリして、その気持ちをステージで表現した方法が傑作だと話題になっているのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 16