「スピード」にまつわる記事

【対決】「220万円のスーパーバイク」と「8500万円のスーパーカー」ではどちらが速いのか?

自動車に比べて維持費が安く、マシンとの一体感が得られることで人気なのが「バイク」だ。コンパクトで重量も軽いため、自動車に比べてスピードが出やすい点も特徴と言える。ただ、どれほど優れているのか、明確に知っている人はそういないだろう。

そこでお届けしたいのが、スーパーバイクの代表格「BMW・S1000RR」と、スーパーカー「ポルシェ・918スパイダー」のスピード対決動画である。果たして、どちらが勝利を収めるのだろうか?

続きを全部読む

【速すぎ】ホンダ「新型シビック TYPE R」がFF車の最速タイムを更新! 公開された動画が大迫力!!

2011年に惜しまれながらも日本での販売が終了した(限定車を除く)、ホンダの人気車「シビック TYPE R」。そのニューモデルが今年2017年の夏頃、日本を含む世界各国で発売される。

6年ぶりとなる日本での発売再開にファンから歓喜の声があがっている中、その新型シビック TYPE Rがなんと、世界的なサーキットで最速記録を更新したというのだ。そこで今回は、スピード感溢れる動画と併せて記録の内容をお伝えしたい。

続きを全部読む

【世界最速】2000馬力にチューンナップされた「フォードGT」の衝撃の加速力がこれだ!

技術の発達が目まぐるしい現代で、世界トップクラスの自動車を作り出すことは容易ではない。そんな中、停止状態から1マイル(約1600m)先のゴールを目指す競技で、あるマシンが世界最速記録を更新したという。

そのマシンとは、米国のカスタムショップ「M2K MOTORSPORTS」がチューンナップした『フォードGT』だ。今回は、驚異的な加速力を備えたモンスターマシンが爆走する様子を、動画とともにお届けしたい。

続きを全部読む

【速すぎる】3億円の超高級スポーツカー「ブガッティ・シロン」が本気を出すとこうなる

昨年2016年春、“スーパーカーの祭典” の異名を持つジュネーブモーターショーで、ひときわ注目を集めたクルマがある。その名前は、『ブガッティ・シロン』だ。

世界最速の市販車として名高い「ブガッティ・ヴェイロン」の後継車として登場した同車の価格は……なんと約3億円! しかも500台のみ販売される限定車だ。今回は『ブガッティ・シロン』の驚異的な性能がひと目でわかる動画をご覧に入れたい。

続きを全部読む

【動画】速いのはどっちだ?「ホンダ・新型NSX」vs「ランボルギーニ・アヴェンタドール」

ホンダが最新の技術を詰め込んだ究極のスーパースポーツカー「新型NSX」が、いよいよ2017年2月27日に日本で発売される。価格は税込2370万円と、性能のみならずプライスも日本車としてはトップクラスだ。

世界中から注目されているこの新型NSXだが、ではもし、さらに高額なスーパーカー「ランボルギーニ・アヴェンタドール」と対決したらどちらが勝つのだろうか? 今回はその結果を動画とともにご報告したい。

続きを全部読む

【動画あり】世界が注目! 地上爆速バイク「Kawasaki Ninja H2」に超カッコイイ120台限定の特別仕様車が登場!! 価格は約335万円

10月5日から5日間にわたってドイツ・ケルン市で開催されている世界最大級のバイクショー 「インターモト 2016」にて、日本のバイクメーカー「カワサキ」が台数限定のスペシャルマシンを発表して注目を集めている。

そのマシンの名前は、『Ninja H2 Carbon(ニンジャ H2 カーボン)』だ。このNinja H2 Carbonは、2014年9月にカワサキから発表され世界中で脚光を浴びた、モンスターバイク「Ninja H2」の2017年モデルの特別仕様車。全世界で120台のみの限定販売となっている。

続きを全部読む

高級車アウディのCMが「スピード=興奮」を連想させるとしてイギリスで放送中止に / 視聴者から「スピードの出し過ぎを助長している」と声が挙がったため

ドイツの自動車メーカーであるアウディは、オリンピックマークを連想させる、輪が4つ重なったロゴがトレードマークである。高級車として知られるアウディは、走行性能も評価が高く、品のあるデザインも好評を博しているだけに、そのCMも洗練されていて美しいと評判だ。

ところが、そんなアウディのコマーシャルが、イギリスで放送中止になってしまったというのである! パッと見ただけでは、一体どこに問題があるのか判断がつきかねるのだが、読者の皆様はお分かりになるだろうか!?

続きを全部読む

【必聴】大人になったSPEEDが歌い直した『熱帯夜』が鳥肌レベルにカッコイイ……! 歌声は当時のまま実力が200%アップしてる!!

自民党より参議院選挙に出馬する意向を正式に明らかにした、SPEEDの今井絵理子(32)。SPEEDといえば、小・中学生でデビューし、ミリオンセールスを立て続けに連発した4人組みのダンス&ボーカルグループとして、その存在と歌声はいまだ鮮明に記憶に残っている人も多いのではないだろうか。

とはいえ、SPEEDの全盛期からは早くも20年近く経過してしまった今日、「最近SPEEDの曲聴いてなかったな〜」という人々に、是非とも見て欲しい……いや、聴いて欲しい動画がある

大人になった彼女達が改めて録音し直した、当時の大ヒット曲の数々が……とにもかくにも素晴らしいのだ。せっかく当時のSPEEDを知っているのに、今のこの歌声を知らないとしたらあまりにもったいない!! 

続きを全部読む

「世界の “早業” を集めまくった動画」が衝撃的! カート回収からポスティングまで……人間ってスッゲーんだな!!

世界は広い! 世界にはスッゲー奴がいっぱいいる!! 世界一のスピードで後片付けをする店員から、世界一のスピードでタイピングする男性まで、ま・じ・で世界はスッゲー奴ばかりだ。

ということで今回は、世界の早業を詰め込みまくった動画集『PEOPLE ARE AWESOME (FAST WORKERS EDITION)』をご紹介しよう。ケバブのトッピングから皿洗いまで、その手際の良さ&発想の素晴らしさに思わずニッコリしてしまうこと間違いなしだ!

続きを全部読む

【衝撃動画】最高時速263km! ロケットエンジン搭載の自転車が速すぎると話題

いま、一人の最速チャリンコ男が大きな注目を集めている。彼の名前はフランソワ・ギシ。ロケットエンジン搭載の自転車で、最高時速263kmを叩きだしたフランス人だ!

ロケットエンジン搭載の自転車での最速記録に挑戦したのは2013年5月19日。撮影場所はフランス東部ミュルーズだ。そのもようは動画「ミュルーズで時速263km、世界最速の自転車」(意訳)にて確認できる。

続きを全部読む

【名人芸】たった21秒でスイカを「カットスイカ」にする男が話題

スイカの季節まであと数カ月。だが、スーパーマーケットに行けば、あらかじめ一口サイズにカットされた「カットスイカ」が売られている。パッケージを開けて、楊枝などで刺して一口パクリ。シャクシャクと美味しい! なにより手が汚れない!

そんなカットスイカを、たった21秒で作ってしまう男が話題になっている。動画のタイトルは「Watermelon 30 seconds or less (ORIGINAL)」だ。

続きを全部読む

「動きの遅いナマケモノが高速で進むモーターボートに乗るとこうなる」という動画

ゆっくりとした動きからその名が付いたと言われるナマケモノ。英語ではsloth(「怠惰」「ものぐさ」という意味)と呼ばれ、「動きのノロい怠けた動物」という印象は万国共通のようだ。

そんなナマケモノが高速の世界を体験したら一体どうなるのか……。その反応を捉えた動画「World’s slowest animal Sloth marvels at the joy of a speedboat ride」が話題だ。おそらく、これまで生きてきたなかで最速のスピードを体感しているであろうナマケモノの驚くべき反応に、海外ユーザーたちも衝撃を受けているようだ。

続きを全部読む

酒好き必見! 「どんな形のグラスで飲むかによって飲酒ペースが変わる」実験により明らかに

お酒を飲んでいるとき、「なんだか今日は普段よりも酔いやすいな……」と感じることが誰しもあるだろう。体調や疲労などが原因であることが多いが、もしもすこぶる元気なときにそう感じたらそれは飲んでいるグラスのせいなのかもしれない。

最新の研究によると、「どんな形のグラスで飲むかによって飲酒のペースが変わってくる」ということがわかったそうだ。にわかには信じ難い話だが、これは一体どういうことなのか。

続きを全部読む

【中国速度】たった360時間で30階建てのビルが完成! / しかもM9.0クラスの地震にも耐えられる構造

中国の、いや世界の建築に革命が起きた!

中国の建設会社がわずか15日間、時間にしてたった360時間で30階建てのホテルの建設に成功したそうだ。

しかも特筆すべきはスピードだけではない。このビルはマグニチュード9.0クラスの地震にも耐えうる構造であり、なおかつ、一人の怪我人も出さずに建てられたというのだ。その建築中の動画が話題となっている。

続きを全部読む

イスで爆走! 最高時速は35キロ、ドイツの「オフィスチェアチャンピオンズシップ」開催

ドイツの平和な街の一角で、ちょっと変わったレースが開催された。そのレースとは、改造したオフィスの椅子にまたがって、険しい坂道を一気に滑走、そのスピードを競うものだ。その名も「ドイツ オフィスチェアチャンピオンズシップ」。58人の一般市民が参加した。

三度目の開催となる今大会。記録された最高時速は35キロメートル。日本における原付バイクの法定速度30キロをもぶっちぎる、なかなかのハイスピードである。

続きを全部読む