「ステーキ丼」にまつわる記事

シズル感がハンパない! 肉バル『Salt』のSBPボウルは食べるのが惜しいほどフォトジェニックッ!! 東京・中目黒

「シズル感」という言葉がある。これは英語の「sizzle」(肉などを焼くときのジューという擬音)が元であり、それが転じて、購買欲や食欲を刺激するという意味の言葉として、用いられるようになった。

言葉だけだと何のことなのかわからないのだが、「こういうの!」と言われたらわかるはず。たとえば、東京・中目黒にある肉バル『Salt』のレアステーキ丼「SBPボウル」を見れば、シズル感がわかるはずだ。これはシズってる! シズりまくってるッ!!

続きを全部読む

【爆盛り】総重量1kgのステーキ丼はデカすぎてフタが浮くほどのわがままボディ! 「超高級焼肉が福岡一安い!!」という激アツ店が福岡市の『ニクゼン』だ

高級ステーキをドカンとご飯の上に並べたら……もちろん絶対美味しいに決まっている。もちろん絶対に美味しいと決まっているから、デカい方がいいのだ。デカければデカい方がいいに決まっている!

というわけで今回は、食べる前から激ウマ確定 & ダイナマイト級のボリュームを誇る最強ステーキ丼を食べてきた。総重量はなんと1キロ、わがままな欲求を満たすべく、限界寸前の大食いバトルを繰り広げてきたので、さっそくご覧いただきたい!

続きを全部読む

【いい肉の日】東京厨房 三田店の「カイノミレアステーキ丼」が激ウマい!! 今日くらいウマい肉食おうぜ!

お~い! 肉~ッ!! 今年もやって来たぜ「いい肉の日」(11月29日)。普段はわびしい食事をしていても、今日くらいはいい肉食おうぜ! だって、いい肉の日だもの。

という訳で肉好きの私(佐藤)は、いい肉を食ってきたぞ。訪ねたお店は「東京厨房」だ。そこまで特徴のない洋食屋なのだが、三田店には極上の肉メニューが存在した。それは、カイノミのレアステーキ丼だ! 肉200グラムの特盛が2080円!! 結構いいお値段だけど、いいじゃないの。いい肉の日だもの!

続きを全部読む

全国にたった6店舗しかないセブン&アイのハンバーグレストラン「ぐーばーぐ」でステーキ丼を食す

セブン&アイグループといえば、セブンイレブンやイトーヨカドー、デニーズを思い浮かべる人が多いはず。では、このグループのハンバーグレストランはご存じだろうか?

それが「ぐーばーぐ」である。全国に6店舗しかないハンバーグレストランだから、名前さえ知らないという人がほとんどかもしれない。東京・四ツ谷三丁目の店舗は結構前からあるのに、全然話題にならないのだが、実際に行ってみると、さすがセブン&アイと思わせるお店と判明した。

続きを全部読む

【肉好き必見】丼を埋め尽くす肉に笑いが止まらん! 東京・蒲田「the肉丼の店」のローストビーフ丼が最強すぎる!

肉好きにとって、肉はエネルギー、パワーの源である。思う存分美味しい肉を食う、コレぞ幸せの極み! 私(佐藤)は2015年、存分に肉を食ってきた訳だが、2016年もバリバリと肉を食いまくって行きたいと思う。

新年1発目の肉はコレだ! 東京・蒲田に15年末にオープンしたばかりのお店、その名も「the 肉丼の店」である。これ以上シンプルな店名があるだろうか。肉好きは必ず1度、いや2度3度と通うべきお店だ。実際にお店に行き、名物のレアローストビーフ丼を食ってみたぞ!

続きを全部読む

【沖縄パネェ】290円でステーキ丼が24時間食べられるってマジかよ!那覇市『どん亭開南店』

沖縄といえば「二次会でステーキ」も当たり前というほど、ステーキが大好きということで知られている。そんな沖縄県にはステーキハウスがたくさんあるのだが、なんと290円という破格の値段でステーキ丼が食べられるお店が存在する。

それは、東京都にもお店のある『どん亭』という牛丼チェーンの「開南店」だけらしい。農連市場という古くからある市場のすぐそばにあるお店は24時間営業しており、沖縄県民たちも愛用する人が多いのだとか。はたしてどんなステーキ丼が食べられるのか、実際に行ってみた。

続きを全部読む