「スタジオ」にまつわる記事

体験者が語る『タトゥーを入れる前に知っておくべきコト』色々 「酔っぱらった時にタトゥーを入れない」など

最近は日本でも、ファッション感覚でタトゥーを入れる欧米諸国の影響を受け、「刺青=やくざ」というイメージが変わりつつある。とはいえ、一度肌へ刻むと一生消せないタトゥーを入れるとなると、体験者にアドバイスを請いたいところだろう。

そこで、海外掲示板サイトRedditのユーザーが、「タトゥーを入れる前に知っておくべきコト」について語っているので、いくつか紹介することにしよう。

続きを全部読む

【独自取材】人気グラドル今野杏南出演の「晴のどごし」ウェブ限定ムービーの撮影現場に潜入! 完ぺきな美ボディに思わず見惚れる

「北風と太陽」といえば、誰もが知っているイソップ童話のひとつである。北風と太陽が競って、旅人の服を脱がせようとするあの話、実は紀元前6世紀にアイソーポス(イソップ)が作ったとされる。これを現代風にアレンジするとどうなるのだろうか?

キリンの限定醸造商品「晴のどごし」のウェブ限定ムービーでその世界観を見事に表現している。北風と太陽、ふたりの神がサイバーパンクな姿でむちゃくちゃカッコイイ! 一方、上着を脱がされる女性には人気グラビアアイドルの今野杏南さんを起用しており、その美ボディに思わず見入ってしまう! これはいい動画ですね~(しみじみ)。

続きを全部読む

ガチのオッサンが花魁体験したらヤヴァイことになった

突然だが私(中澤)はガチのオッサンだ。タバコを買う際にはもちろん年齢確認なんてされないし、仕事終わりには体臭が気になる。街で私とすれ違った人はみんな、見るまでもなく雰囲気でオッサンと判断しているだろう。

しかし、オッサンだって夢を見る。「美しくなりたい……」と。ああ、なぜ私はこんなにも醜いのか……美しくなりたいったら美しくなりたい! どんな手を使っても!! そんな衝動を抑えきれなくなった私は浅草に向かった。目的地は以前、佐藤記者が侍になった変身スタジオ七色だ。

続きを全部読む

実物と写真を比較してわかった! ホスト専門スタジオの撮影技術の高さ / 実物を軽々と凌駕している!

東京・新宿歌舞伎町は日本でも屈指の歓楽街である。さまざまな業種のお店が軒を連ねており、その商売の営業を支えるお店も少なくない。そのうちのひとつにホスト専用撮影スタジオがある。以前の記事で、私(佐藤)GO羽鳥が特別に撮影してもらい、その威力のほどを確かめてみた。

改めて撮影時の様子を振り返り、実物と写真を見比べてみたところ……。完全に実物を凌駕していて笑った(笑)。

続きを全部読む

【大変身】ホスト専門スタジオで撮影したら狩野英孝か西城秀樹みたいになった! でも「昭和の大スター」感は出ていて大満足!!

男に生まれてきた以上、一度くらいはギラついてみたい。ギンギラギンにさりげなく、ホストみたいな格好をしてみたい! ということで、上下セット約1万円の激安スーツ(白)を通販サイトで購入し、ついでに派手なシャツも3枚ほど用意した。

ひとり自宅でファッションショーをしてみたところ、まるでホストっぽくなりゃしない。こうなったらもう、以前に佐藤記者が利用した「ホスト専門スタジオ」のお世話になるしか道はない! 美容室でヘアメイクをした後、ホスト風の撮影に挑戦してみた!

続きを全部読む

【オススメ】外国人観光客に人気の変身撮影スタジオで「侍」に挑戦! 想像以上にカッコ良く撮れて自分でもビビった!!

佐藤です。近年外国人観光客が増えている。思わぬところが観光名所になっているらしいのだが、そこで外国人たちはどんな風に日本を楽しんでいるのだろうか? ちょっと気になったので、東京・浅草に向かった。

・外国人に人気の変身撮影にチャレンジ

浅草といえば、浅草寺や雷門をはじめ見どころいっぱいだ。なかでも絶大な人気を誇るのが、変身撮影なのだとか。花魁や芸者、忍者、侍に扮して撮影を行うことができるという。そこで私も撮影してもらったところ、これは日本人も撮ってもらった方がいいと確信した! なぜなら、来年の年賀状にもってこいだからだ!!

続きを全部読む

【衝撃動画】ロサンゼルスで地震発生! その時テレビ番組のキャスターがハンパなくビビっていたと話題

言うまでもなく、日本は地震国である。小さい地震だったら頻繁に起きる。それゆえ、ちょっと揺れた程度では「ほとんどビビらない」という人も多いだろう。

しかし、日本と海外では事情が違う。場所にもよるが、日本ほど地震が頻発する地域は少ない。なので、「地震が起きた!」となれば、規模に関係なく海外の方にとっては非常にショックが大きいもよう。YouTubeで紹介されている動画を見れば、そのショックのデカさが一発で分かるぞ!

続きを全部読む

カメラマン大注目!
モデルなどを本格的に撮影する時、必要になるのが撮影スタジオ。 レンタルスタジオを利用するのが一般的だが、これさえあれば、もう借りなくてもよくなるかも? 商品名は「IPS(Inflatable Photo Studio)」。たった3分、空気で膨らむ携帯スタジオだ。

続きを全部読む