「ジョジョの奇妙な冒険」にまつわる記事

【映画ジョジョ】山田孝之演じる「アンジェロ」のビジュアル解禁! これまで発表された全6キャラクターまとめ

2017年に公開予定の映画作品の中で、良くも悪くも注目を集めているのが実写版ジョジョ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』だろう。熱狂的な原作ファンが多いうえに、漫画の実写化そのものに対するアレルギー反応は強く、ネガティブな意見が多いようだ。

これまでに主要5キャラクターのビジュアルが解禁されてきたが、2017年2月23日に解禁となったのが、山田孝之さん演じる “アンジェロ” こと「片桐安十郎」である。その仕上がりは、や……山田孝之さんそのものではないか……!

続きを全部読む

【悲報】ジョジョ実写版映画『広瀬康一』のビジュアル公開 →「コレジャナイ感」がエゲツないと話題

製作が発表されて以来、実写映画版『ジョジョの奇妙な冒険』に批判的な声が多い。一部では「楽しみ」という声もあるものの、大多数は「やめておいた方がいい」「なぜわざわざコケに行くのかわからない」……などと、ネガティブな反応が多いようだ。

そんな中、神木隆之介さん演じる「広瀬康一」と、小松菜奈さん演じる「山岸由花子」のビジュアルが公開された。ある意味で最も再現が難しい康一くんのビジュアルは、やはりというべきか、「コレジャナイ」という声が相次いでいるのでお知らせしたい。

続きを全部読む

ハリウッド版『進撃の巨人』の噂が急浮上! しかし講談社が速攻で噂を否定しファン落胆……

何かと話題になる、漫画原作の映画化。今年は、大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が実写化される予定だ。きっとファンは心配で仕方がないのではないだろうか。2015年の『進撃の巨人』を観た私(佐藤)は、あの時の悪夢が繰り返されないか、気が気でならない……。

その進撃の巨人が、ハリウッド版でリメイクされるとの噂がある。これが本当なら、あの日本版2部作の悪夢を葬り去ることができるのではないか!? ぜひとも実現して欲しい! ところが、講談社は……。

続きを全部読む

グレートだぜッ! 海外ヘアコンテストでファイナリストに残った作品が「ジョジョ」すぎる!!

連載開始から30年以上が経つ人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(以下ジョジョ)。「スタンド」を駆使した迫力あるバトルもさることながら、各キャラクターの個性あふれるファッションも魅力の一つで、その斬新なデザインはもはや芸術のレベルである。

そんなジョジョの世界を彷彿させるヘアメイクアーティストが話題だ。その名もLisa Farrall(リサ・ファラル)さん。どうやってスタイリングしたのかわからないような作品は、どれもグレートだぜッ! スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃!!

続きを全部読む

『実写版テラフォーマーズ』を振り返り『実写版ジョジョ』で猛烈に心配になること3つ

2016年9月28日、大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部が実写映画化されることが発表された。かねてから噂になっていたことなのだが、実際に発表されてみると、昔から読んでいる読者のひとりとしては、不安しかない……。

監督は実写版『テラフォーマーズ』を手掛けた三池崇史監督なのだとか。テラフォーマーズ(以下:テラフォ)を劇場で見た私(佐藤)は、ますます不安が増すばかり。テラフォで感じた違和感が、そのままジョジョでも再現されるのではないか、気が気でない。そこで心配になることを考えてみた。

続きを全部読む

【マジかよ】ジョジョの奇妙な冒険『ダイヤモンドは砕けない』がまさかの実写映画化決定!

荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)先生が手掛ける超スペクタクル作品、ジョジョの奇妙な冒険。男性のみならず女性からも、そして子供たちだけではなく大人からも絶大な人気を誇る漫画である。

中でも独特の世界観で人気を博すのが、第4部『ダイヤモンドは砕けない』だ。その『ダイヤモンドが砕けない』がまさかの実写映画化決定! 単なる映画化じゃない…… “実写” 映画化だ……!! こいつはグレートですよぉぉおおお!

続きを全部読む

【ジョジョファン必食】イタリアンの名店「アミーチ」が再びトニオさんの再現コースの提供を開始ーーーッ!!

現在絶賛放送中のアニメ、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』。漫画作品では第四部に当たるこのシリーズ。作品に登場する個性的なキャラクターのなかでも、イタリアンシェフのトニオ・トラサルディーは絶大な人気を誇っている。

それは彼が作り出す料理が、とても美味しそうであることが理由に挙げられるかもしれない。実在するならぜひ一度食べてみたいと思っている人も多いだろう。その夢が叶うぞ! 以前も再現コースに挑戦した、茨城県の「アミーチ」が再び提供を開始するのだ!! 前回逃した人は、今度こそ食べるべきーーーッ!

続きを全部読む

【朗報】ジョジョの「英語の教科書」第2弾発売決定! 海外でも名ゼリフを決めてスタンド並みにオーラを出すぞォォオオ!!

落ち込んだ時や勇気が出ない時、自分を奮い立たせる言葉が1つや2つ誰にもあるだろう。それは偉人たちの言葉だったり、漫画のセリフだったりもする。中でも「ジョジョの奇妙な冒険」は子供に限らず、大人もハッとさせられる名言が数多いことでも有名だ。

そんなジョジョの名言を「英語」で喋れたら……ワクワクしないか? 日本のみならず海外でも「バァーーンッ!」とカッコいいセリフを言いたい! そんな夢を叶える本『ジョジョの奇妙な冒険で英語を学ぶッ!』の第2弾の発売が決定したぞ! こりゃ買うしかねェェーーッ!!

続きを全部読む

本日6月3日より渋谷タワレコで「ジョジョカフェ」スタート! 各階エレベーターも見逃すなーーッ!!

2015年6月3日、東京のタワーレコード渋谷店でテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』とコラボレーションした、TOWER RECORDS SHIBUYA meets ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダースがスタートした。

もしやファンが殺到するのでは!? と思い、私(佐藤)は8時30分に同店に駆けつけたところ……。あれ? まだ2人しか並んでない。良かった! 長蛇の列になっているかと思ったら、全然楽勝だった。ということで、早速コラボカフェに行ってきたぞ

続きを全部読む

【検証】ジョジョの奇妙な冒険フェイスパックを試してみた / その気はなくても気付けば「ジョジョ立ち」してる破壊力ゥゥゥウウーーッ!!

以前の記事で一心堂本舗の「歌舞伎フェイスパック」をご紹介した。フェイスパックとしてのクオリティの高さはもちろんのこと、手軽にプロレスラー「AKIRA」にも変身できてしまう超優れもので、2014年大きな話題を呼んだのも頷ける完成度であった。

そんな一心堂本舗から、2015年1月末に『ジョジョの奇妙な冒険フェイスパック』が発売されるとの情報をキャッチ! ――というわけでさっそく試してみたところ……。今回も完成度は別格ゥゥウウ! 別格ゥゥウウウ!! であったのだッ!!

続きを全部読む

【画像あり】可動式フィギュア『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ第4部写真集!「これはグレートだぜ……!」

以前ご紹介した、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の可動式フィギュア、超像可動シリーズ。その完成度の高さは、「第3部 スターダストクルセイダース写真集」でご覧いただいたが、3部があるということはもちろん4部もある……!

そこで今回は、ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」のフィギュア写真集をお届けしたい。改めて言うまでもなく、「グレートだぜ……!」なフィギュアたちを目に焼き付けてほしい。

続きを全部読む

【画像あり】可動式フィギュア『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズがハンパないクオリティ!「最高に “ハイ” ってやつだァァァアア!!!!!」

主にアニメやゲームのキャラクターを立体化したものが「フィギュア」であるが、その種類は大きく分けて2種類がある。「可動式」か「非可動式」である。以前ご紹介した、キン肉マンのフィギュアは非可動式であるから、造形そのものの美しさが求められる。

一方の可動式は、パーツごとの造形美と可動範囲の広さがポイント。より広く可動することで、自由度の高いポージングが可能になり、持ち主の好きなように動かせるのだ。そんな可動式フィギュアでここ数年メチャメチャいい出来なのが、メディコスの「超像可動」シリーズである。

続きを全部読む

【WF2014夏】その可愛さは世界一ィィィ!! まさかの “もふもふキュート” な「ジョジョの奇妙な冒険・空条承太郎」が激写される

2014年7月27日に行われた造形物の祭典ワンダーフェスティバル2014[夏]。ロケットニュース24では、フィギュアをはじめとする造形物以外にも、「かわい子ちゃんな女性コスプイヤー」に「会場のオアシス状態だった男性コスプレイヤー」を紹介した。

・完全にモフれそうな空条承太郎

そんなコスプレイヤーとは別に、会場に「完全にモフれそうな『ジョジョ』の空条承太郎」がいたので報告しておきたい! 空条承太郎は、『ジョジョの奇妙な冒険 ~第3部~』の主人公であり、硬派なイメージが強い。そんな承太郎が、もふもふキュート状態であり、全く何を言っているのか、わからねーと思うが、俺も何を見たのか本当にわからなかった。 

続きを全部読む

【ジョジョファン必見】ジョージアエメマン20周年を記念してジョジョのデザイン缶とAR缶型スピーカーが発売してるぞーッ!

現在放送中のアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』(TOKYO MXなど)。この作品は1987年に週刊少年ジャンプで第1部の連載が開始されて以来、現在までシリーズが続いている長寿漫画のアニメーションだ。長寿作品であるだけでなく、いまだにその人気は衰えることがない。

同じく缶コーヒー市場で長らく愛されている「ジョージア」が、ジョジョとタッグを組んだ! 作品のデザイン缶と缶型スピーカーセットの販売を開始したのである。しかもこのスピーカー、専用アプリをインストールしたスマホをかざすと、ARでスタンドが飛び出してくるのだ。実際に試してみたところ、ドギャーン! と缶から飛び出してきたぞ、ドギャーン! と。

続きを全部読む

【ジョジョファン必見】作品の雰囲気をグラスで楽しめる『ジョジョの奇妙な冒険』アイストレー登場ッ!! ディ・モールト良いぞーーッ!

暦はまだ6月だというのに、暑い、かなり暑い。梅雨の湿気でジメジメしてイマイチ気分も冴えない毎日が続いている。そんな時はカキーンッ! と冷えた氷を浮かべた冷たい飲み物で喉を潤したくなってしまう。

これから続く暑い夏を、気持ち良く乗り切るのに打ってつけのアイテムをご紹介したい! それは現在放映中の人気アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』をモチーフにした、アイストレイだ。これをグラスに浮かべれば、普通の飲み物もただならぬ雰囲気になること間違いなしだ!! ネット通販サイトのラナタウンで取り扱い開始ィィイイイッ!

続きを全部読む

【ジョジョの奇妙な冒険】日本トップクラスのピッツァ職人に「ブチャラティが食べたピザ」を再現してもらった

人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』で描かれた料理でもっとも有名なのが、第4部に登場したイタリア人シェフ「トニオさん」のフルコースだ。

それを茨城県つくば市の人気レストラン『トラットリア エ ピッツェリア アミーチ』のシェフに再現してもらったところ、なんと400人を超えるジョジョファンが訪れるほどの大盛況。

期間中は店内がジョジョファンで埋め尽くされることも少なくなかったというが、それもシェフ自身が高い技術を持ち、自身もジョジョファンの一人だったからである。

続きを全部読む

【ジョジョ】トニオさんの再現コースを食べてみた / 断言できる「トニオさんが実在したらこうなった!」と

今までにおいしいものを食べて、涙を流したことはあるだろうか。料理からそこはかとなく伝わる、優しさや愛情を感じ取って、気づけば涙が流れている。人生のうちに1度あるかないかの、貴重な体験なのかもしれない。それを「至福」と呼んでも良いだろう。

・原作と料理に対する「賞賛」と「敬意」

記者(私)は最近そんな素晴らしい体験をすることができた。先日の記事で紹介した、名作漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するトリオ・トラサルディー(通称:トニオさん)の料理を再現した、茨城県の「アミーチ」で食事をしたときのことだ。この料理はただの再現ではなく、原作と料理に対する「賞賛」と「敬意」をもってつくられた作品と言っても良いかもしれない。

原作者の荒木飛呂彦先生がアミーチの料理を食べたら、なんというか感想を聞いてみたい。

続きを全部読む

【神アプリ】撮った写真をジャンプ風に加工できる「ジャンプカメラ!!」が楽しすぎな件 / ついに俺が『週刊少年ジャンプ』の表紙に(笑)

すでに中年の域に達した記者(私)だが、少年のころから愛読しているのが『週刊少年ジャンプ』である。ジャンプのない人生なんて、もう考えられない……まあ、そこまで思い詰めているわけではないものの、毎週楽しみにしていることは確かである。

記者にとっては憂鬱な週初めのカンフル剤ともいえる『週刊少年ジャンプ』だが、撮った写真をジャンプ風に加工できるiPhone用アプリがあるという。

自分の写真をジャンプの表紙っぽくしたり、さまざまなキャラクターのフレームと組み合わせたりできるってか!!! まじかよ、やりてえ!!! ついに、ついに、この俺も『週刊少年ジャンプ』の表紙を飾る日がきたか……(泣)。

続きを全部読む

どう見てもポルナレフなバスケ選手が激写される

ポルナレフといえば、「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! 『おれは 奴の前で階段を登っていたと思ったら いつの間にか降りていた』。な…何を言っているのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった…」のセリフでおなじみの、人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターだ。

そんなポルナレフにソックリなバスケ選手が激写されたとして、海外のサイトに掲載されていたのでご紹介したい。問題の画像を確認してみると……

続きを全部読む

まるで『ジョジョ』の鉄塔男! 2年間一度も地面に降りることなく木の上で生活を続けた女性の話

人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部に登場する、鉄塔に住む男の話をご存じだろうか? その男(偽名:鋼田一豊大)はスタンドと呼ばれる特殊能力のために、鉄塔に住むことを余儀なくされた人物だ。

まさにその世界観を想起させるような女性が、アメリカに存在した。自然保護活動家の彼女はなんと738日、つまり2年間にわたって60メートルの木の上で生活したのである。その間、一度も地面に降りなかったというから驚かされる。一体なぜそのような暮らしを送ったのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4