「ジャグリング」にまつわる記事

【芸は身を助く?】警察から飲酒を疑われた男がジャグリングのおかげで検査をせずに即釈放

車を運転するドライバーが絶対にやってはいけないのが「飲酒運転」だ。それもそのはず、飲酒してから運転することは事故の原因となる大罪中の大罪。自分だけならまだしも、他人の命を奪いかねないからである。

だからこそ今日もまた、警察は世の治安を守るために目を光らせているのだが、海外で珍しい飲酒検査があったという。なんでも警察に一度は止められたドライバーが、検査をすることなく釈放となったらしい。

続きを全部読む

【神ワザ炸裂】ジャグリングの達人たちの「超絶パフォーマンス映像集」がこれだ!

ボールなどの道具を使って数々の技を披露する、ジャグリング。古代エジプト王墓(おうぼ)の壁画には、複数の球を投げ上げる女性が描かれていたことから紀元前2000年頃から存在したとされているようだ。

古くから親しまれているジャグリングだが、近頃では人に見せるという目的ではなく “スポーツ” として楽しむ人も増えているのだとか。そんな中、今回ご紹介するのは、ジャグリングの大技の数々を収録した動画である。ぜひ、この動画でジャグリングの “今” をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【衝撃演奏動画】ジャグリングしながら激テクジャズドラムを叩くオッサンが何度見ても面白い

音楽ジャンルの中でもひときわ高度なテクニックを要求されるジャズ。複雑な理論と即興演奏の応酬は、生半可な鍛錬でできるものではない。そう、ジャズには音楽の醍醐味がすべて詰まっているといっても過言ではないのだ。

現在、とあるオッサンの超絶ドラムプレイ映像が話題となっている。映像を見てみると、なんとこのオッサン、激テクジャズドラムを叩きながら、あろうことか3本のスティックをジャグリングし出す。腕は2本しかないのにそのチャレンジ無謀じゃね!?

続きを全部読む

【衝撃ラグビー動画】海外リーグで創造性溢れるトリックプレーから劇的なトライが生まれる

2019年のW杯が日本で開催予定であり、先日に開催都市が発表されたラグビー。最近、何かと話題になることが多い同スポーツだが、激しいぶつかり合い以外にも見どころはたくさんある。

ということで今回は、キラリと光るプレーを動画と共にご紹介したいのだが、その内容は至ってシンプル! 17秒の動画「Rangi Chase magic」に収録されているのは、世界最高峰の「スーパーリーグ」で見られた相手を出し抜くトリックプレーだ。

続きを全部読む

【ビックリ人間動画】ピンポン球を口でジャグリングする中国人男性

世の中には不思議な力を持った人々が存在する。彼らは他の人に真似できないようなことが可能で、巷では「ビックリ人間」と呼ばれることが多い。そして先日、ビックリ人間の宝庫とも呼べる中国で、新たな才能が発掘されたのでご紹介しよう。

一体どのようなことをやってのけるのか。その詳細は、中国の「CCTV」公式チャンネルがアップした動画「New Guinness record? Playing ping-pong with your mouth」で確認可能だ!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】驚異の反射神経! 世界屈指のゴールキーパーの練習がスゴい!!

ゴールキーパーはサッカーで唯一手の使えるポジションであり、最後の砦だ。プレーの一つ一つが勝敗に直結するだけに、彼らはどんなシュートにでも対応できるよう常日頃から過酷な練習で反射神経を磨いている。

極めて地道であることが多いキーパー練習だが、ある世界屈指のゴールキーパーの練習がスゴいと注目を浴びている。そこで今回は、その様子を動画「The ULTIMATE goalkeeping drill…with Petr Cech」と共にご紹介するぞ!

続きを全部読む

まるでボールが生きているみたい! ジャグリング日本一のパフォーマンスがスゴ過ぎてヤバイ!!

お手玉のように複数のモノを投げたり取ったりして “浮かし続ける” ことをジャグリングという。ボールだけではなく箱や棒、ジャグラーたちが取り扱うものは様々で、そのスタイルも様々である。そんなジャグリングの日本一を決める大会「JJF2012チャンピオンシップ」の映像が世界で話題になっているのでご紹介したい。

YouTubeにアップされている動画のタイトルは「JJF2012 Championship」だ。登場するのは本大会の男子個人優勝者の「やなぞー」さんである。彼は特別賞も受賞しており、そのパフォーマンスは圧巻のひとこと!

続きを全部読む

これはスゴイ! ジャグリングをしながらトライアスロンを完走した男

「トライアスロン」と「ジャグリング」、どちらもある程度の訓練を必要とし、そう簡単にできるものでないことは経験者の方ならおわかりだろう。どちらかひとつをできるようになるだけでも大変なことなのだが世界にはこのふたつを同時にやってのけた男がいる

続きを全部読む