「サンボマスター」にまつわる記事

【百獣の王】武井壮さんの「プロフェッショナルすぎる花輪」を見て感心した

陸上・十種競技の元日本チャンピオンで、“百獣の王” を目指し日々奮闘中のタレント、武井壮さん。今やテレビで見ない日はないほど売れっ子の武井さんだが、その理由が垣間見えるプロフェッショナルすぎるシーンを目撃したのでお知らせしたい。

それは2015年11月29日、東京のZEPP ダイバーシティで行われたロックバンド・サンボマスターの「3×ボ = 15 ANNIVERSARY サンボマスターとキミ TOUR 2015」でのこと。多くのお祝いの花が届いていたのだが、武井さんが贈った花は一際異彩を放っていたのだ。

続きを全部読む

【俺のヘビロテ】男はロック! 暑苦しくたっていいじゃないか!! P.K.サンジュンのヘビロテ曲ベスト10

たかが1曲、されど1曲。どんな人でも、“お気に入り曲” が、1曲や2曲、いいや10曲くらいはあるはずだ。そして、あまりにもその1曲が好きすぎて、延々とループして聞いてしまう人も多いだろう。それすなわち、ヘビロテ(ヘビーローテション)……。

そんな「ヘビロテしてしまった曲」を、ロケットニュース24編集部員たちが自慢気にベスト10形式で紹介するのが、『俺のヘビロテ』である。GO羽鳥、DEBUNEKO、に続く第3弾は、わたくしP.K.サンジュンの “ヘビロテ曲ベスト10” をご紹介したい。

続きを全部読む

【直接インタビュー】正直その人気の理由がピンと来ないから「氣志團」ファンに一体何が魅力なのか聞いてみた!

「氣志團(きしだん)」の曲で『One Night Carnival』(ワンナイトカーニバル)しか思い出せない人は多いのではないだろうか? いわゆる “一発屋” だと思っている人もいるはずだ。しかし2014年9月には5万人規模の野外フェス「氣志團万博2014」を3日間開催するなど、ブレイクから10年以上経った今でも精力的に活動している。

一体なぜ、こんなに人気があるのだろう? ということで、つい先日の5月下旬に赤坂ブリッツで行われた「サンボマスター」との対バンライブ開始前のファンたちに氣志團の魅力を聞いてから、その後実際にライブに参加してみたぞ!

続きを全部読む