「コカコーラ」にまつわる記事

【天才かよ動画】自宅で簡単にドリンクバーを作る方法

ファミリーレストランを中心に設置されており、自分好みの飲み物を選ぶことができる「ドリンクバー」。セルフ方式ではあるものの、なぜかその存在は大人のテンションさえも上げてしまう。

原価はいくらなのか気になったり、飲み放題ならできるだけ飲もうとするのもひとつの楽しみだが、なんとドリンクバーは自宅で簡単に作ることができるらしい。って、マジかよ!

続きを全部読む

【衝撃検証動画】100万円分のコーラでプールを作ったらこうなった

1886年に生まれ、今では世界中の人に愛飲されている『コカコーラ』。ファストフードとのコラボは定番で、毎日飲んでいる人も多いことだろう。その消費量は1日に換算すると、15億杯とも言われている。

そんな子供から大人まで年齢を問わないほど大人気のコーラだが、壮大すぎる検証を行った海外の男たちが注目を集めている。なんと彼らはコーラのプールを作成! そこに飛び込み、思う存分コーラを浴びまくっているのだ!

続きを全部読む

【衝撃検証動画】1000リットルのコーラにメントスを入れたらマジでヤバいことになる

コーラの中にメントスを入れたらどうなるか、皆さんはご存知だろうか。そう、突発的に反応を起こし、爆発したかのように噴出するのである。まるで噴水とも言える現象は、日本で「メントスコーラ」、海外では「メントスガイザー」と呼ばれる。

そんな「メントスコーラ」にロマンを抱く人は後を絶たないが、先日海外で前代未聞の実験を行った連中がいた。なんと彼らは1000リットルのコーラを用意! あまりに壮大すぎる検証をやってみたというのだ!

続きを全部読む

【コカ・コーラ愛好家必見】酷評されている家庭用の炭酸飲料マシン『コールド』に秘められた20の魅力

先日、米キュリグ社(Keurig)が満を持して炭酸飲料マシン『コールド(KOLD)』を発売した。しかし本体価格が370ドル(約4万5000円)と、高めな値段設定にアメリカでは「これ、売れるの?」と懐疑的な意見が続出してしまった。

確かに4万円以上する値段に私も「ちょっと高いよな」と思っていた。ところが……私は気がついてしまったのだ……コールドの隠れた魅力に!! そこで今回は、私が見つけたコールドに秘められた20の魅力を明かしていきたい。

続きを全部読む

【検証】コカコーラにどれだけ砂糖が入っているのか一発でわかる動画がコレだ!!

世界中の人に愛飲されている『コカコーラ』。ファストフードとのコラボは定番中の定番で、毎日のように飲んでいる人も多い。だが一方で、コカコーラにどれだけの砂糖が含まれているのかを具体的に知っている人は少ないと思われる。

おそらく気にせずに飲んでいる人がほとんどだろう。ということで、それを知るべくコカコーラに含まれる砂糖の量を検証した動画「Coca Cola vs Coca Cola Zero – Sugar Test」をご紹介しよう。一体どのような方法で検証したのかというと……。

続きを全部読む

東京スカイツリーに『コカ・コーラ ゼロ』1000本オブジェがキター! 秘密を解けばゼロ7本もらえるかも!! 7本飲んでもゼロ(笑)

「東京スカイツリーにやってキターー!」という人にGOODニュース。『コカ・コーラ ゼロ』が無料で7本もらえるかもしれないぞゴルァァアア! これはすごい「無料速報」ですね!

『コカ・コーラ ゼロ』(日本コカ・コーラ)は、映画『007 スカイフォール』とのコラボキャンペーンを2012年10月1日よりスタートしており、ジェームス・ボンドのシルエットを配した限定デザイン缶を全国で販売している。10月13・14日の両日、東京スカイツリーにその限定デザイン缶1000本を使った巨大オブジェが登場ッ!

・謎の解明で先着100名に合計700本!
その巨大オブジェには「秘密」が隠されており、その謎を7秒以内に解明すると、先着100名に(2日間で)合計700本の『コカ・コーラ ゼロ』がプレゼントされるという。先着『コカ・コーラ ゼロ』キターーー! キミには、巨大オブジェに隠された秘密がわかるかッ!? 詳細は以下の通りだッ!

続きを全部読む

【コーラ革命】世界に先駆け中央アメリカで「ビニール袋」入りのコカコーラ販売開始

中央アメリカのエルサルバドルでは、コカコーラをビニール袋で購入しているという。店舗には瓶で陳列されているのだが、それをわざわざ袋に移し変えてもらい、買っていくのだとか。なぜそのようなことをするのか? 瓶で買うと容器代を取られてしまうからだ。返却すると瓶の代金は返ってくるのだが、貧困な人々は少しでも節約するために、袋を利用する。このことを知ったコカコーラは、袋で購入する人のために、コカコーラのロゴ入りビニール袋の提供を開始したという。

続きを全部読む

チュニジアで売られている『コカ・コーラZERO』が意味不明だけどカッコイイ件

世界中で愛されている飲料水といえば『コカ・コーラ』シリーズだが、特に人気があるのは『コカ・コーラZERO』だ。従来製品の美味しさを保ったまま、カロリーがほとんどないという神のようなコーラである。

そんな『コカ・コーラZERO』は国によって缶やボトルのデザインが違うのだが、チュニジアの『コカ・コーラZERO』が異様なまでにカッコイイらしい。実際にチュニジアに行って確かめてみたのだが、確かにカッコイイ! 何が書いてあるのか意味不明でわかんないけどカッコイイ!

続きを全部読む

北海道だけの限定コカ・コーラ『スマボ』があるらしい! スマホなら知ってるけどスマボってなんだ(笑)

なんと! 北海道でしか売られていないコカ・コーラ商品が存在し、さらに、そのCMのギャグがかなりユニークだという。北海道限定販売でCMも北海道限定でやってるのか?

マジかよ!しかも北海道でしか売ってないんでしょ?いったいどんなコカ・コーラ商品なのか? もしかして長万部コーラとか!? それは……!

続きを全部読む

コカ・コーラ ロンドンチャレンジがスタート! 今からでも無料でロンドンに行けるかもしれへんぞ~ッ!!

ロンドンオリンピック開幕まで残り約110日。それに先立ってコカ・コーラのイベント『ロンドンチャレンジ』がスタートした。この催しは全国8箇所で行われる体験型イベントだ。

実はあまり知られていないのだが、一般公募のダンスコンテスト「My Beat Contest」で上位5組(25名)に選出されると、ロンドンに行けるかもしれないぞッ! 渡航費、宿泊費、食費はすべて日本コカ・コーラ株式会社が負担してくれるという。まだ募集に間に合うエリアもあるので、これはぜひともチェックして頂きたい~ッ!!

続きを全部読む

総重量3トンの「コカ・コーラ ゼロ入りの氷塊」登場! TAKE FREEって書いてあるけど凍ってて素手じゃ缶取れねぇよッ!!

あのね、「TAKE FREE」って言葉はね、「持っていっていいよ」って意味の言葉なんですよ。持っていけないものを「TAKE FREE」とは言えないでしょッ。

先週末(2012年2月18日)に六本木ヒルズに、コカ・コーラ ゼロが大量に入った『コカ・コーラ入りの氷塊』が登場するっていうから、わざわざ六本木まで足を運んだのに、素手じゃ1本も取れやしねえ。しかも寒くて腰痛が悪化したっつーのッ! どうしてくれんだよッ!!

続きを全部読む

【動画あり】デーブ・スペクターさんの「リチャードギアのモノマネ」がそっくり過ぎてヤバイ / 琉球トムも本人に激似

2011年10月6日に、巨大な「コカ・コーラ ゼロ」が東京・渋谷駅のどこかに登場するとお伝えした。当日、どこに現れたのかと探しに出かけた人もいるかもしれない。ボトル828本を積み上げた巨大ボトルは、なんと駅の真正面、渋谷駅ハチ公口に現れたのである。その高さはなんと3メートル以上。想像を超える大きさに駅に急ぐ人々も、思わず足を止めてしまうほどのインパクトであった。

この日は16時から、イベントも行われ、ゲストにテレビのコメンテーターとして活躍するデーブ・スペクターさんと、トム・クルーズそっくりさんとして知られる「琉球トム・クルーズ」こと村山靖さんが登場した。大勢の人が見守るなか、デーブさんは駅前のハチ公像を見て突然一発芸を披露。映画『HACHI 約束の犬』で主演を務めたリチャード・ギアのモノマネをしたのだ。デーブさんの真似がびっくりするほど似ており、驚きのあまり観衆は絶句していたのである。

続きを全部読む

10月6日渋谷のどこかに828本のボトルを積み上げた巨大な「コカ・コーラ ゼロ」が出現するぞ!

発売開始から5年を迎える「コカ・コーラ ゼロ」と、2011年12月に公開を控えている映画『ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル』(以下:M:I 4)が夢のタッグを組んだ。現在、世界30カ国以上でグローバルタイアップキャンペーンが始まっており、日本でも10月3日よりオープンプロモーションが展開されている。

また10月5日よりテレビCMも開始されており、すでにご承知の方も多いかもしれない。しかし、まだ多くの人に知らされていない、驚きのプロモーションが10月6日に行われることが判明した。そのプロモーションとは、コカ・コーラ ゼロのボトルを828本も積み上げて、巨大なボトルを作るというもの。東京・渋谷のどこかに出現するとのことだが、その場所とはいったいどこなのか?

続きを全部読む

ペプシコーラとコカコーラを混ぜるとマッタリとして美味しい

ペプシコーラとコカコーラを混ぜると美味しいのをご存知だろうか? 普通のコーラ同士を混ぜても美味しいし、カロリーゼロ系のペプシNEXとコカコーラZEROを混ぜても美味しい。

もちろんそのまま飲んでも美味しいが、両者を混ぜることにより美味しさが増す場合があるのだ。特にオススメなのが、ペプシNEXとコカコーラZEROを混ぜて飲む方法。両者を同量同じコップに入れて飲むことにより、いつもよりマッタリとした風味と刺激のコーラになるのである。

続きを全部読む

世界中で約6億人もの登録ユーザーを有するFacebook。日本でも少しずつ浸透しつつあるのだが、実名登録の敷居が高く、他のソーシャル・ネットワーキング・サービスに留まっているという人も多いようだ。海外では、数千万人が参加する企業ファンページも数多く存在し、活用しない方が損をする可能性さえある。日本と海外では、随分と利用実態に開きがあるようだが、果たしてどのくらいかけ離れているのだろうか。海外企業と日本企業、それぞれのファンページ参加者の数を比較してみたいと思う。

続きを全部読む

みんな大好きコカ・コーラ! 水分補給とともにスッキリサワヤカな爽快感を味わえるので、風呂あがりや仕事の合間に飲んでいる人もいるのではないだろうか? 2010年には、瞬間氷結コカ・コーラが登場して大きな話題となった。これからも、定番の味を守りつつ、もっと新しい味が登場するかもしれない。

そんなコカ・コーラのトリビアをひとつご紹介したいと思う。皆さんは、いつも飲んでいるコカ・コーラと、テレビコマーシャル(CM)のコカ・コーラに違いがあるのをご存知だろうか? よくわからない? では、いま手元にコカ・コーラを持っているならば、ちょっとチェックしてほしい部分がある。

続きを全部読む

メキシコ産のコカ・コーラが美味い理由

今や世界中で飲むことのできる、コカ・コーラ。そんな中、アメリカのコークマニアの間で本場アメリカのコーラより、メキシコ産のコーラが断然おいしいと評判になっています。

その理由は甘味料の違いです。アメリカのレギュラーコーラ(ダイエットなどではないクラッシック)の甘みはとうもろこし由来の果糖ブドウ糖液糖が使われています。一方、メキシコ産のコーラは、さとうきびからできる純粋な砂糖が原料です。この甘味料の違いがコーラマニアがメキシコ産のコーラに熱くなる理由です。

続きを全部読む

世界的なブランドの企業価値を調査する会社が大規模なブランド価値調査を実施し、上位100の企業を発表した。さすがにトップ10は日本人にもなじみのある世界的に有名な企業が並んでいるが、これについて『Yahoo! Korea』ニュースにてソウル新聞の記者が「韓国企業は100位にすらランクインしなかった」とコメントし、現実を悲しんでいるようだ。

ブランド価値は総資産だけではなく、前年からの伸び率も加味されており、さまざまなポイントにおいて評価した結果である。

10位 ネルソン(494億ドル)
9位 ボーダフォン(537億ドル)
8位 GE (597億ドル)
7位 チャイナモバイル(12億ドル)
6位 Apple (631億ドル)
5位 マクドナルド(665億ドル)
4位 IBM (666億ドル)

続きを全部読む