「コカイン」にまつわる記事

【激震】成宮寛貴さん、芸能界を引退 / 直筆のメッセージを全文公開

2016年12月、週刊フライデーによる薬物使用疑惑が取りざたされていた、俳優の成宮寛貴さんが9日、芸能界を引退することを発表した。所属事務所は法的手段に訴えるとも報じられていたが、まさかの引退発表にネット上は激震が走っている。

続きを全部読む

【コカイン疑惑】成宮寛貴さん、違法薬物使用を全面否定するもネットはカオス状態に / ネットの声「嘘だと信じたい」「火のないところに煙は立たない」

本日2016年12月2日に発売された『フライデー』で、人気俳優の成宮寛貴さんのコカイン使用疑惑が写真とともに掲載された。サンスポによると、成宮さんと事務所はすでに「使用を全面否定する旨」と「事実無根の記事を掲載したフライデーへ抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとる所存」を発表しているという。

今朝起きたら「フライデー発売 → コメント発表」までの流れがすでに終わっていたという人も多いだろう。そのせいか、ネットでは事の真偽について様々な声が飛び交っている状態だ。

続きを全部読む

【すでに死者50人】ネットで密かに売られている「ヘロインの7倍も強力な合成ドラッグ」に注意喚起 / 名前は「ピンク」「ピンキー」「U-47700」など

日本では、元女優の高樹沙耶容疑者が大麻所持で逮捕されたとのニュースが大きく取り上げられていた。一方で海外では、「ヘロインより700パーセントも強力な合成ドラッグ」がネットで売買されていると注意喚起され、大きな話題となっている。

すでに多数の死者を出しているとのことで、これを読んだら「むやみに違法薬物に手を出してはいけない」ということが、よ~く分かるのではないだろうか。

続きを全部読む

【豆知識】どれくらいコカインは体内に残るの!? 思った以上に「ドラッグを摂取した体は薬物フリー」になれないらしい

日本でも、都市部で脱法ドラッグが蔓延して問題になっていたが、コカインなどの薬物が、どれぐらい体内に残るのか読者の皆さんはご存じだろうか!?

ドラッグをキメてハイになれる時間が短いのに比べ、薬物が体内に残留する期間は、意外と長いのである。その日数を知ったら、一度違法薬物を摂取した体が簡単にドラッグフリーになれないことが、身に染みて分かるのではないだろうか。

続きを全部読む

パイナップルに入れたコカイン2.5トンの密輸方法が実に豪快! パッと見はシャーベットみたいで美味しそう~!!

ドラッグの密輸で巨額を稼ぐ麻薬組織は、なんとか税関職員の目を誤魔化してブツを密輸しようと、あれやこれやと試行錯誤を繰り返しているようだ。

そんななか、パイナップルに入れたコカインの密輸方法が、実に豪快だとネットで話題になっているので紹介したい。パッと見は、パイナップルを丸ごと固めたシャーベットのようで、なかなか美味しそうなのである!

続きを全部読む

美女2人が240億円分ものコカインと共に世界中をクルーズ! その豪遊っぷりを投稿したインスタがマジすごい!!

なにかと女性は、危険な香りがするバッドボーイに惹かれがちだが、男性だって魔性の女に弱いものである。

では、麻薬の運び屋をやっているモデル級の美女と出会ったら、世の男性の皆さんはどんな反応を示すだろうか!? 240億円相当ものコカインをバッグに詰めて、世界中をクルーズして豪遊していたという美女達が、ネットで話題をさらっているというので紹介したい。彼女達の美女っぷりがハンパないぞ!!

続きを全部読む

【実践】社内の薬物汚染が心配だったので、抜き打ちで「薬物検査(コカイン・ヘロインマリファナなど)」を実施してみた!

芸能界の薬物汚染が叫ばれて久しい。つい最近も、高島礼子さんの夫である高知東生容疑者が逮捕されたばかりだ。もしかしたら、薬物は遠い世界の話ではなく、すぐ身近にその危険が潜んでいるのかもしれない。

とても心配になった私(佐藤)は、編集部で抜き打ち薬物検査を実施することにした。検査の公平性を期すために、私自身も検査に参加。検査のために使用したキットでは、アンフェタミン・メタンフェタミン・コカイン・ヘロイン・マリファナの5種を確かめることができるという。果たしてその結果は……。

続きを全部読む

ある女性が警察にコカインを持参し ‟驚愕の質問” を投げかける 「アホすぎだろ!」とネットで話題に

警察は、犯罪を取り締まるエキスパートで庶民の味方だが、だからといって、どんな質問をして良い訳でもないし、100パーセント的確な答えを返せる保証がある訳でもない。

そんな警察に、自らコカインを持ち込み、‟驚愕の質問” を投げかけた女性がいるというので紹介したい。ネット住民から「アホすぎだろ!」とイジられても仕方ないほど、あり得ない質問をしてしまった珍事の全貌をお伝えすることにしよう。

続きを全部読む

【ラグビー】またの名をドラッグ・ラガーマン! 五郎丸選手のライバル「カーマイケル・ハント」とは

2016年2月26日より開幕した世界最高峰のクラブリーグ「スーパーラグビー」。今季から日本に本拠地を置くサンウルブズの加入、そしてオーストラリアのレッズで海外挑戦している五郎丸歩選手の存在もあり、これまでにない盛り上がりを見せている。

中でも注目はブーム真っ只中の五郎丸選手。日本代表、トップリーグのヤマハでは、定位置のフルバックが約束されているが、新参者となるレッズではどう戦っていくのか。そこに注目している人も多いだろう。ということで今回は、彼のライバル選手を動画と合わせて紐解いていきたい。

続きを全部読む

【動画あり】田代まさしさんが「鎖グループ」とコラボして超絶クールなラップを披露! マーシー「だいじょぶだあ」→ ネット民「大丈夫じゃない」

コメディアンの志村けんさんが、白塗りで殿さまに扮してコントをするお笑い番組「志村けんのバカ殿様」。私(中澤)は子供の頃、たまにしか放送されないこのスペシャル番組に胸をトキメカして待っていた。この番組の中で、なくてはならない存在だったのが家臣役の田代まさしさん(以下マーシー)である。

ボケ倒す志村さんと引き気味のマーシーのやり取りは軽妙で、何度もお腹を抱えて笑った。そんなマーシーが、ヒップホップグループ「鎖グループ」とコラボし、ラップしている映像が話題となっている。

続きを全部読む

【真似厳禁動画】「息子がコカインをやっている」とオカンに思わせるドッキリを仕掛けた結果 → オカンがブチ切れて息子ボコボコ

これから紹介するのは、息子が自分のオカンに仕掛けたドッキリ動画である。しかし、ドッキリ企画として美しい終わり方だったとは言い難い。何と言っても、やり過ぎてしまった。だからネタばらし後も、仕掛けられた方は怒ったままだ。

一体何をしたのかと言うと、息子がオカンに「コカインをキメている」ところを見せたのである。もちろん、ドッキリだから本物のコカインではないのだが、それを見たオカンは……怒り狂ってしまったのだ。

続きを全部読む

ドラクエの復活の呪文に「高部あい・麻薬・あぎり」と入力すると薬草所持数MAXの勇者が復活する!!

アニメ『キルミーベイベー』の呉織あぎり役でも知られる声優で女優の高部あいが、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕されたニュースに驚きを隠せなかった人は多いだろう。

このニュースで出てきたワードをドラクエの復活の呪文に「これでもか!」と入力したところ、薬草所持数MAXの勇者が当たり前のように出現したので報告したい!

続きを全部読む

コカインで書かれた詩がぶっ飛んでいる / インパクト満点の16行詩

今、1人の生徒が書いた詩が、海外で注目されている。その理由は、言葉がキレイだからとか、いかにも優等生が書きそうな内容だとか、そんな類いのものではない。むしろその逆。……ザックリ言うと、「ワイルドだから」である。実際の画像と合わせて、紹介しよう。

続きを全部読む

「700万円相当のコカインを飲み込んで密輸」しようとした男 → 飛行機内で意識不明になり緊急着陸の騒動に!!

遠い昔、動物密輸についての暴露マンガ記事をお伝えした。その中には、密輸業者が、ヘビを密輸しようとしてヘビに噛まれたという体験談も描かれてる。完全なる自爆であるが、おそらく薬物密輸の世界でも、同様のことが起きるのであろう。

ということで今回お伝えしたいのは、700万円相当のコカインを飲み込んで密輸しようとした男性が意識不明となり、飛行機が緊急着陸したという騒動である。“そこまでするか!?” と思ってしまう人は多い思うが、とりあえずコトの経緯をお伝えしたい。

続きを全部読む

図書館の人気書籍からコカインやヘルペスが検出される / 教授「ハイになったり感染するほどの量ではない」

本好きにとって力強い味方といえば、図書館だ。1冊何千円もする本だって、無料で借りられる。人気の本だって、予約待ち時間が多少かかるかもしれないが、ちょっと我慢すれば借りられる。大好きな本が無料で読み放題! なんて素敵な場所、図書館!!

というような、図書館大好き人間の読者にとっては衝撃的なニュースが海外で話題になっている。ベルギーの某図書館の人気書籍を調べてみたところ、なんと、コカインやヘルペスの陽性反応が出たというのだ……。

続きを全部読む

知られざる違法薬物の意外な効能

手を出したら最後、それがドラッグこと麻薬、違法薬物のたぐいである。「人間やめますか?」というキャッチフレーズのCMはあまりにも有名であるが、それら違法薬物も発見当初は「奇跡の治療薬」と言われ注目を集めていた。そして現在でも、それら薬物の一部は医療の現場で大いにその効力を発揮している。ということで今回は、海外サイト「ODDEE」に掲載されていた、知られざる違法薬物の意外な効能をご紹介したい。

続きを全部読む

「甘い食べ物」と「コカイン」の脳にもたらす共通点が明らかに?

甘いものや高カロリーな食べ物は、麻薬と同じように中毒性がある? イギリスの『telegraphl』電子版によれば、これらの食べ物を日常的に摂取している人の脳は、コカイン常用者の脳の働きに似通っているとレポートしています。いったいどういうことなのでしょう。

続きを全部読む

大富豪の娘であり、女優でもあるパリス・ヒルトンさんがコカイン所持で逮捕されたのは記憶に新しい。パリスさんの裁判は速やかに行われ、200時間の社会奉仕活動と2000ドルの罰金が言い渡された。もはやお騒がせ女優として有名になってしまったパリスさん。「あの子が社会奉仕活動なんて本当にやるの?」なんて声がアメリカ中からあがっていたようだが、パリスさんがマジメに社会奉仕活動をスタートさせた事が判明した。

続きを全部読む

アルコールはヘロインやコカインや大麻やタバコよりも有害であるという研究結果が、海外医学誌「Lancet」で発表された。

David Nutt教授をはじめとする研究チームは、数十種類の薬物を、死亡率、依存度、精神への影響、社会的影響、家庭的影響、経済的コスト、国際的存在……などのカテゴリに分けて、それぞれ数値化。さらに個人的に害のある薬物、社会的に害のある薬物としてまとめ、総合的にアルコールが最も有害であると結論づけた。

続きを全部読む