「クレープ」にまつわる記事

【罰ゲーム動画】イケメンの顔面に「熱々クレープ」をのせたらこうなった

神に選ばれしイケてるメンズ、イケメンたち。イケメンたるもの、寝起きだろうと変顔だろうとイケメンだ。イケメンがどんな危機的状況に陥ろうと、イケメンはイケメンでしかない。簡単に言えば、イケメンは何をされてもイケメンなのだ。だがしかし……。

もし万が一、熱々のクレープを顔面にのせられたとしても、イケメンはイケメンでいられるのだろうか? というわけで今回は、当サイトNo.1イケメンの顔面に『熱々クレープ』をのせてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【マジかよ】鹿児島県には「クレープの自動販売機」があるらしい → 西郷さんも買い占めそうな絶品スイーツと判明!

鹿児島グルメといえば、黒豚やさつま揚げ、芋焼酎などが有名である。いかにも屈強な九州男児が好みそうなラインナップと言えるだろう。そんな鹿児島県のド真ん中で発見したのが今回ご紹介する「クレープ自販機」だ。薩摩隼人が……クレープだと?

まさか鹿児島でお手軽にクレープが食べられるとは思っていなかったが、実はひそかに名物となっているらしい。というわけで、実際に購入して食べてみたぞ。

続きを全部読む

【激レア】全国3店舗のみ!「ロッテリア」と「雪見だいふく」の限定コラボスイーツを食べてきた

本日2016年12月1日、ハンバーガーでお馴染みの「ロッテリア」と、冬の名物アイス「雪見だいふく」のコラボスイーツが店舗限定で発売となった。販売店は銀座クリスタルビル店、神戸ハーバーランド店、小田急マルシェ玉川学園前店の3店舗のみだ。

コラボスイーツのメニューのラインナップは「チョコバナナクレープ雪見」と「いちごあずきクレープ雪見」の2種類だという。筆者はそのごく限られた店舗でしか食べられないスイーツを味わうために、都内のロッテリアへと足を運んだ。

続きを全部読む

【裏ワザ】鎌倉で大人気『コクリコ』のクレープを並ばないで食べる方法

連日多くの観光客で賑わう鎌倉の小町通りで、創業40年を超える老舗のクレープ店がある。その名を『コクリコ』といい、土日ともなると行列必至の人気店だ。地元の人にも愛されている名店で、名物・レモンシュガーの味に懐かしさを感じる人も多いだろう。

さて今回は、コクリコのクレープを並ばずに食べる簡単な方法を紹介したい。鎌倉に詳しい方ならご存知かと思うが、これからという方なら知っておいて損はないはず。さっそくご覧いただこう!

続きを全部読む

日本でもはよ!「チョコケバブ」が海外でブレイク中 / クレープ生地に生クリーム&チョコたっぷりで超うまそう!!

回転させながら焼いた肉をナイフで削ぎとり、野菜と一緒にピタパンに挟んで食べる料理といえば「ケバブサンド」である。日本でも人気のこのケバブサンドだが、実はドイツの首都ベルリンで生まれた料理だということをご存知だろうか?

今、そのべルリンで発明された、回転するチョコを削ぎとってクレープ生地で巻く『チョコケバブ』が、ベルリンのみならず欧米各国でブレイクしつつあるという。今回は、いずれ日本にも上陸するかもしれないと話題のチョコケバブを動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【検証】オッサン2人が原宿で「双子コーデ」に挑んだら激烈に可愛くなってビックリした!

東京・原宿を歩いていると、同じ格好をした女子を良く見かける。オッサンの私(佐藤)は良く知らなかったのだが、これを「双子コーデ」と呼ぶそうだ。仲良しで可愛らしく見える。最近、男子でも双子コーデをするらしい。やっぱり可愛らしく見えるのか?

よくわからないんだけど、オッサン2人でやっても、もしかしたら可愛らしく見えるのかも? ということで私(42歳)と中澤記者(34歳)で挑戦してみたところ……。おお! 何かいい感じになったやんけッ!!

続きを全部読む

【海外の萌え】パリで異彩を放つ日本発のクレープ店『プレンセス クレープ』に行ってみた / パない “萌え萌えパワー” が弾けるピンクな空間

フランス・パリでクレープ店を見つけるのは、渋谷で日サロを探すくらい簡単だ。……つまり、パリのどこに行ってもクレープの売店やカフェ(クレープリー)がある。メチャクチャある。

そんな数多いパリのクレープ店の中で、異次元の可愛さを誇る店があるという。パリ在住のフランス人によれば、「可愛いモノに目がない女性&海外のオタクたちからの熱視線を浴びまくっている」のだとか。噂を聞いた私(筆者)は、実際に行ってみたのでレポートしよう。

続きを全部読む

【期間限定】おそ松さんクレープを発売日に買いに行ってみた結果 → 大行列で整理券が配布される事態に

個性豊かな6つ子の日々を描くギャグアニメ「おそ松くん」。そのリメイクである、主役の6つ子が大人になったアニメ『おそ松さん』は、今期も相変わらず話題を呼んでいる。もはやリメイクの枠を超え、一人歩きを始めていると言っても過言ではないだろう。フチ子化も決定し、グッズ展開もますます勢いに乗るこの作品が打った次の一手はクレープ!

本日2016年1月22日、原宿のキャラクタークレープ専門店「キャラクレ!」がおそ松さんとのコラボクレープを発売した。これはおそ松さんファンとしては見逃せない! カラ松推しであるメグ記者と共に買いに行ってきたぞ。しかし、混むことは想定していたが、クレープを買うために整理券の行列に並ぶことになろうとは……。

続きを全部読む

新橋の謎の店「おっさんクレープ」に潜入してみた / 中に入っている「サクサクした何か」ってなんやーーッ!?

9月のある晴れた日。新橋を歩いていると、高架下で謎の貼り紙を発見した。その紙にはこう書かれていた『2015.9.29 OPEN あの「おっさんクレープ」が新橋初上陸』。おっさんクレープとは何だ? “あの”、“新橋初” ということは他の地域では有名な店なのか? “上陸” ということは、本州以外もしくは海外に本店があるのか? 私の頭は疑問符で一杯になった。

そもそも、“おっさん” と “クレープ” は対極のイメージを持っている。くたびれたおっさんと甘くふわふわしたクレープ。この二つが合わされば、どのような物が出来上がるのか……? ナゾだ、ナゾすぎる! 実際に行ってさらに驚愕、クレープの中には「サクサクした何か」が入ってるらしい。何かってなんやーーーッ!?

続きを全部読む

原宿の『マリオンクレープ』で「甘いの全部トッピングして下さい」と注文したらこうなった

トッピング……。それはノーマルをゴージャスに、普通を特別にしてくれる、魔法の追加システム。これまでサンドイッチの『サブウェイ』で、エビローストビーフを限界までトッピングしてきたが、今回はスイーツ……原宿の『マリオンクレープ』で “限界トッピング” に挑戦してきたぞ!

この企画はロケットニュース24が設置している「リクエストボックス」に送られてきたもの。投稿してくれた “norialice” さん、ありがとうございます! みんなもジャンジャン応募してくれよな!! それはさておき、果たしてどんなクレープが完成したのか? ぜひご覧いただきたい。

続きを全部読む

【京都グルメ】ザクザクのクランチが新食感!「八ッ橋クレープ」OCどす!! 京都駅 本家西尾八ッ橋

八ッ橋といえば、京都を代表する和菓子である。カリカリのノーマルタイプと、モチモチの生タイプがあり、観光土産で購入したことがある人も多いのではないだろうか?

京都駅をふらりと歩いていると、「八ッ橋クレープ」なる看板を発見した! フランス生まれのクレープと、京都名産の八ッ橋が融合……いや、勝負かもしれない! いったいどんな味なんだ!? さっそく食べてきたぞ!!

続きを全部読む

中華風クレープが美味しすぎて中国語で「ハオチィィィィ!」(美味しい)って叫んでしまった件

デートの定番スイーツといえば、街角で売っているクレープだ。生クリームがたっぷりのクレープ、チョコレートとバナナのクレープ、アイスクリームが入ったクレープ、いろんなクレープが存在する。

しかし、クレープ料理はスイーツだけにとどまらない。世界各国にクレープのような料理が存在し、それが主食のようになっている国もあるのだ。お隣の国・中国にもクレープ的な料理があり、多くの人たちが食事やオヤツとして購入している。

続きを全部読む

今回ご紹介するお店は、鎌倉にある『コクリコ』のクレープ(300円~)です。鎌倉駅の近くでいちばん美味しいクレープ屋を現地の人たちに聞いてみてください。きっと、10人中9人が『コクリコ』の店名を出すことでしょう。それほど人気の『コクリコ』のクレープは、薄くてパリパリな生地が特徴。生クリームやフルーツなどを入れないクレープはぺしゃんこですが、それがまた生地の香ばしさと各種ソースの味が混ざり合って美味しいのです。

何よりも驚きなのは、クレープを手に持っていると、空を飛んでいるトンビたちがクレープめがけて突進してくる事です。お客さんたちは食べ歩きをしているわけだし、まさかトンビに襲われるとは思ってもいません。よって、クレープを手に持って優雅に歩いている人間たちはトンビにとっていいカモなわけです。気がついたら手に持っていたクレープがなくなっていた……、なんて人が多数いるとの事。注意したいですね。

続きを全部読む

アジアの中でも特にカンボジアは発展途上国だが、最近は観光地化などが進み治安もやや良くなってきており、旅行者が増えてきているという。しかし、国による道路や街灯などへの設備投資がまだまだ不十分で、国道沿いに街灯がなかったり、舗装がされていなかったりと、やや危険な状態は今までと同じようだ。

そんな状態でも、住民たちはたくましく生きている。国道沿いでクレープの屋台をしているソンタポさん親子は、夜になると国道沿いの歩道に出向き、屋台で商売を始める。しかし、街灯がないので真っ暗闇のなかクレープを焼くことになる。しかしそれでも、光は存在する。

続きを全部読む